今日1つ賢くなります!知って得するおすすめ情報

かしこさのタネ

時候の挨拶

時候の挨拶7月の上旬・中旬・下旬の書き出しと結びの例文集!

投稿日:

時候の挨拶7月

7月といえば梅雨も明けて、本格的な暑さを迎える季節になります。

そんな時期には海開きや夏休み、七夕や花火大会などイベントも盛りだくさんで、子どもたちには待ち遠しい夏休みがありますよね。

そんな夏は、たくさんの思い出を作るには良い期間ですし、動きやすい季節だと思います。

ただ、その一方で猛暑と呼ばれる連日の暑さや、熱中症や夏バテなど体調を崩しやすい季節で注意をしないといけません。

そんな暑い夏には「暑中見舞い」というお手紙の形もありますよね。

では、相手とのやり取りをするお手紙の中で、その時候の挨拶で7月の上旬・中旬・下旬にどういった言葉が使われるのか?

今回は、その7月の時候の挨拶で使われる書き出しと結びの言葉や季語となる風物詩について。

暑中見舞いのことについても触れながら、7月のお手紙の形についてまとめてみました。

スポンサードリンク

時候の挨拶7月の上旬・中旬・下旬の言葉とは?

7月は文月(ふみつき)とも呼ばれますね。

7月の時候の挨拶には、二十四節気と呼ばれる季節の節目も関係し、それによって上旬、中旬、下旬でも少しずつ使われる言葉にも変化が見られます。

7月に関わる二十四節気では、

夏至・小暑・大暑

という時期を迎えます。

夏至(6月21日頃):6月21日頃~7月7日頃の前日まで

小暑(7月7日頃):7月7日頃~7月23日頃の前日まで

大暑(7月23日頃):7月23日頃~8月7日頃の前日まで

これが時候の挨拶で使う言葉にも関わる場合もあるので、うまく使い分けていければいいんじゃないでしょうか。

その時候の挨拶には

漢語調(小暑の候、盛夏の候など)
和文調(連日の炎暑でございます。いかがお過ごしでしょうか。)

などというような、2つの言い回しの仕方があります。

では、それぞれどのような時候の挨拶があるのか、まずは漢語調の言葉から見ていきましょう。

スポンサードリンク

時候の挨拶7月の上旬、中旬、下旬の漢語調の挨拶

漢語調での7月の時候の挨拶には

時候の挨拶 7月上旬

仲夏の候、七夕の候、小暑の候

時候の挨拶 7月中旬

盛夏の候、猛暑の候、盛暑の候

時候の挨拶 7月下旬

大暑の候、酷暑の候、炎暑の候

*それぞれの時候の言葉に続けて「~の候」「~の折」「~のみぎり」というように続けて表現する。

漢語調の時候の挨拶を使うと、礼儀正しくかしこまった挨拶になります。

 

時候の挨拶の季節感のズレ

時候の挨拶 7月

時候の挨拶に使う言葉は旧暦に基づいているので、今の季節感とは違いを感じるところもあると思います。

例えば「厳寒の候」「酷寒の候」などは主に1月に使います。

本当なら2月が季節的に一番寒い時期なので、2月にも「厳寒の候」とか使えそうですが、二十四節気の「大寒」が1月にあるため2月中旬や下旬では使いません。

そして2月は「立春」があるので暦の上では「春」となります。

だから立春の時期だと、使う時候の挨拶の言葉は「晩冬」「残寒」「向春」と言った言葉を使うんですね。

また、8月は7日頃に「立秋」があるため、夏真っ盛りなのに「残暑」という言葉を使ったりします。

ただ、その年の気候や季節の変化を加えれば、実感できる言葉であるなら別に月をまたいで使ったとしても失礼にはならないと思います。

1月の終わりだったら「晩冬」とも言えますしね。

そのあたりは臨機応変に使ってもらえれば良いんじゃないでしょうか。

その年の気候や季節の変化で、実感できる言葉を自分なりに選んでいってもらって大丈夫だと思います。

スポンサードリンク

時候の挨拶7月の上旬、中旬、下旬の和文調の挨拶

和文調での7月の時候の挨拶での書き出しには

時候の挨拶 7月上旬

七夕飾りが風に揺れ、風情を感じる今日この頃でございます。
ようやく梅雨も明け夏の気配を感じます。お元気でいらっしゃいますか。
海開きが始まるといよいよ夏が来たと実感しますね。そちらはいかがですか。

時候の挨拶 7月中旬

梅雨明け早々に、うだるような暑さが続いておりますがそちらはいかがですか。
本格的な夏を迎え、ますますご健勝のこととお喜び申し上げます。
蝉の鳴き声が連日の暑さを倍増させるような、厳しい暑さが続いております。

時候の挨拶 7月下旬

猛暑日が続いておりますが、熱中症は大丈夫ですか。
寝苦しい夜が続いておりますが、お変わりございませんか。
連日の炎暑でございます。皆様お健やかにお過ごしでいらっしゃいますか。

 

その年によっても気候の違いなどはあると思うし、相手の地域によっても自分が住んでいるところと違う部分もあると思います。

例えば、北海道と沖縄の気候が全く違うように、どの地域にも送る文章が同じというのはありえません。

その年によって暖冬や冷夏の年もありますし、空梅雨なのに「長雨でうっとおしい日が続きますが~」などはおかしい文になりますよね。

日々のニュースや地域の情報などもチェックしながら考え、文章を選んでいけばいいと思います。

 

時候の挨拶7月の上旬~中旬にかけて

時候の挨拶 7月 上旬

また二十四節気に加えて「七十二候」と呼ばれる、気象の動きや動植物の変化を表したものも参考にできます。

時候の挨拶の7月の上旬~中旬にあたる小暑の時期には

初候(7月7日頃)

温風至(あつかぜいたる)

熱い風が吹き始める頃を言います。

次候(7月12日頃)

蓮始開(はすはじめてひらく)

蓮の花が咲き始める頃を言います。

末候(7月17日頃)

鷹乃学習(たかすなわちがくしゅうす)

鷹の子が飛ぶことを覚え、巣立ちをが近づく頃を言います。

 

時候の挨拶7月の中旬~下旬にかけて

時候の挨拶 7月 下旬

そして、時候の挨拶の7月の中旬~下旬にあたる大暑の時期の七十二候には、

初候(7月23日頃)

桐始結花(きりはじめてはなをむすぶ)

桐の花が実を結び始める頃を言います。

次候(7月28日頃)

土潤溽暑(つちうるおうてむしあつし)

土がじっとりとして蒸し暑くなる頃を言います。

末候(8月2日頃)

大雨時行(たいうときどきふる)

ときどき大雨が降る頃を言います。

 

こういった言い回しは「和文長の時候の挨拶」の言い回しの際に使いやすいと思います。

機会があれば、ぜひ取り入れて自分だけの文章を作ってみてくださいね。

スポンサードリンク

時候の挨拶7月の書き出しの例文とは?

手紙の構成としては、漢語調も和文調も

時候の挨拶 → 安否の言葉

というようにつながっていきます。

例えば、

【漢語調】

大暑の候、皆様にはお健やかにお過ごしのことと存じます。

【和文調】

本格的な夏を迎え、ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。

などというような感じですね。

 

基本はこういった形を頭に置きながら、アレンジも加えたりして7月の時候の挨拶の書き出し文として使っていってもらえればと思います。

そこに、先ほどの二十四節気の時期なども考えながら、文章を作成していって下さい。

では、時候の挨拶で7月の上旬・中旬・下旬と参考になる書き出しの例文をまとめました。

 

時候の挨拶7月上旬の書き出し例文

  • 梅雨も明け夏本番ですね。皆様いかががお過ごしでしょうか。
  • 七夕の候、お元気でお過ごしのことと存じます。
  • 梅雨明け早々にうだるような猛暑が続きますが、お元気ですか。
  • 小暑の候、ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。
  • 七夕の飾り付けを見ると、子供の頃を思い出しますね。皆様お変わりございませんか。

 

時候の挨拶7月中旬の書き出し例文

  • 梅雨明け後の急な暑さに、体もついていくのがやっとの毎日です。皆様いかがお過ごしでしょうか。
  • 盛夏の候、皆様にはご健勝のこととお喜び申し上げます。
  • 本格的な夏を迎え、ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。
  • 猛暑の候、お変わりなくお過ごしのことと存じます。
  • 今年の暑さは格別ですね。ご家族の皆様はお健やかにお過ごしでいらっしゃいますか。

 

時候の挨拶7月下旬の書き出し例文

  • 風鈴の音が夏の風情を感じさせてくれる季節です。皆様お元気ですか。
  • 大暑の候、皆様いかがお過ごしでしょうか。
  • ビールの美味しい季節となりました。この暑さに負けていませんか。
  • 酷暑の候、皆様お健やかにお過ごしでいらっしゃいますか。
  • 大暑と言われる通りの暑さですね。お変わりなくお過ごしのことと存じます。

あらたまった相手に出す時は、時候の挨拶でも丁寧な言葉を使いたいです。

ただ、親しい相手に送る場合は、身の回りのことや行事のことも言葉に選んで、親近感のある楽しい感じのお手紙にされてもいいと思います。

このような書き出しから始め、最後に結びの言葉で締めます。

では次に、その7月の時候の挨拶の結びについて見ていきましょう。

スポンサードリンク

時候の挨拶7月の結びの例文

7月の時候の挨拶の結びの言葉についてです。

こちらでも先ほどの二十四節気や七十二候の内容を使ってもうまく作ることができますし、その季節に合わせた言葉選びで手紙を締める事ができます。

例えば、

【7月上旬】
今年は例年にない暑さになるようですので、お体気をつけて。

【7月中旬】
厳しい暑さが続いております。くれぐれもご自愛くださいませ。

【7月下旬】
猛暑の折、どうかお身体をおいといください。

これも結びの例文の一つですし、その年の気候や地域によっても中旬と下旬で言葉のチョイスが変わったりすることもありますが、大まかにはこのような感じだと捉えてもらえればいいと思います。

では、その時候の挨拶で7月の上旬・中旬・下旬と参考になる結びの例文をまとめました。

 

時候の挨拶7月上旬の結び例文

  • 夏は始まったばかりですので、楽しい夏を満喫しましょう!
  • 夏バテになどならないように、お気をつけ下さい。
  • これから本格的な暑さを迎えます。お互いがんばってこの夏を乗り越えましょう。
  • 今年も地元の花火大会があるので、ご都合が合えばぜひ、いらして下さい。
  • ご家族の皆様には、お元気で夏を過ごされますようお祈りいたします。

 

時候の挨拶7月中旬の結び例文

  • 夏の夜はつい寝不足になりがちです。体調を崩されませんようお気をつけください。
  • 食欲もなくなるほどの暑さですが、ご自愛専一にお過ごしください。
  • 夏休みにはお子様も連れて、ぜひこちらに遊びに来てください。
  • 夏風邪などお召しになられませんよう、くれぐれもご自愛ください。
  • 暑い日が続きますが、体調管理には気をつけてお過ごしください。

 

時候の挨拶7月下旬の結び例文

  • 酷暑のみぎり、体調には十分ご留意下さい。
  • 連日暑い日が続きますが、お元気で実りある夏休みを過ごされますように。
  • 土用の丑の日にうなぎなどを食べて、厳しい夏を乗り切りたいものですね。
  • 暑さ厳しき折から、くれぐれも健康にはご留意ください。
  • 今年は異常な暑さです。熱中症には十分お気をつけ下さい。

こちらも書き出し分と同様に、あらたまった相手には、時候の挨拶でも丁寧な言葉を使いたいです。

親しい相手に送る場合は、少し砕けた表現でいいのかもしれません。

また、無難な時候の挨拶の結びの例文もあるので、そういった文章は上旬・中旬・下旬で時期が多少ずれても違和感はないと思います。

相手に届く時期がわからない時や地域の状況がわからない時は、そういった言葉が便利なので使って下さい。

スポンサードリンク

7月の時候の挨拶に入れる季語

7月の時候の挨拶の書き出しと結びに入れる言葉には、この時期の「風物詩」「気候」「自然」などを取り入れて春夏秋冬の季節感を出します。

これから順番にいくつか紹介していきますが、文章づくりの参考にして下さい。

では、まずは7月の風物詩について紹介しますね。

 

時候の挨拶に7月の風物詩を入れる

時候の挨拶 7月 中旬

時候の挨拶の中に7月の季語になる風物詩を入れて、具体的な話を手紙に書くこともできます。

そんな7月の風物詩ですが、例えばどのようなものがあるかピックアップしてみました。

【風物詩】

海開き、山開き、七夕、七夕飾り、織姫彦星、夏休み、夏祭り、海水浴、浴衣、花火、花火大会、土用の丑の日、お中元、暑中見舞い、浴衣、風鈴、うちわ、蚊取り線香、ビール、かき氷、すいか、そうめん、うなぎ、熱中症、夏バテ、祇園祭、天神祭

【気候】

梅雨明け、入道雲、夕立、落雷、盛夏、酷暑、熱帯夜

【自然】

せみ、金魚、カブトムシ、蚊、ひまわり、朝顔、夕顔、カンナ、睡蓮、月見草

これらの行事や自然の植物、気候などを手紙の文章に入れると季節感もでます。

機会があれば使っていき文章を作っていきましょう。

 

7月の時候の挨拶と暑中見舞い

時候の挨拶 7月 書き出し

7月は暑中見舞いがあるので、そちらで出される方もかなり多いと思います。

暑中見舞いの場合は、そこまで時候の挨拶を気にしながら書くということもないですし、

「暑中お見舞い申し上げます」

といった決まった書き出しの文言もあるし出しやすいですよね。

暑中見舞いを出す時期は、小暑を迎えてからとなっています。

一般的に小暑(または大暑)~立秋までの期間を「暑中」と呼んでいます。

  • 小暑(7月7日ごろ)
  • 大暑(7月23日ごろ)
  • 立秋(8月7日ごろ)

ですので、小暑~立秋までの約1ヶ月間が暑中となり、暑中見舞いを出す時期になっているんですね。

その暑中見舞いについて友人や親戚、仕事の上司などに送る文例をコチラでまとめています。

 

暑中見舞いのマナーや書き方など載せてますので、ぜひご覧になって下さい。

 

7月7日は七夕

時候の挨拶 7月 結び

7月7日は七夕ですが、七夕っていつ、どこから始まったのか?

その起源や伝説など、七夕には興味深い出来事や風習がたくさんあるんですね。

そんな七夕の由来や意味について、コチラのページでまとめています。

 

  • どうして7月7日なのか?
  • なぜ「七夕(たなばた)」と呼ばれるのか?
  • なぜ、笹に飾りをしたり短冊にお願い事を書くのか?

などなど、いろいろわかるようにまとめたので、ぜひ一度読んでみて下さい。

 

あとがき

時候の挨拶で7月の上旬・中旬・下旬でのそれぞれの言葉について。

そして7月の時候の挨拶の書き出しと結びの言葉や季語となる風物詩。

また、暑中見舞いの手紙についても触れてまとめましたがいかがでしたか。

漢語調では礼儀正しい感じになるし、和文調の時候の挨拶ではやわらかい言い回しにも礼儀正しい挨拶にも出来るので便利です。

うまく風物詩や七十二候などの季語の言葉も織り交ぜながら、7月の時候の挨拶の参考にしてください。

その他の月の時候の挨拶についても別ページでまとめてあるので、こちらもぜひ参考にしてくださいね。

 

スポンサードリンク

-時候の挨拶
-,

Copyright© かしこさのタネ , 2018 All Rights Reserved.