二十四節気

穀雨とはどんな意味や読み方なのか。

穀雨の読み方は「こくう」と読み、毎年4月20日ごろに訪れる日のことを言います。

という意味を持つ暦です。

昔の人は、この穀雨の時期を田畑の準備を始める目安としてい ...

二十四節気

清明とはどんな意味や読み方なのか。

清明の読み方は「せいめい」と読み、毎年4月5日ごろに訪れる日のことを言います。

という意味を持つ暦です。

この時期はすっかりと春めいた季節となり、入学式で新しいス ...

二十四節気

啓蟄とはどんな意味や読み方なのか。

啓蟄の読み方は「けいちつ」と読み、毎年3月6日ごろに訪れる日のことを言います。

という意味を持つ暦です。

だんだんと春の訪れを実感し、木々の育ちや生き物の姿がみら ...

二十四節気

雨水とはどんな意味や読み方なのか。

雨水の読み方は「うすい」と読み、毎年2月19日ごろに訪れる日のことを言います。

という意味を持つ暦です。

立春も過ぎ本当に少しずつ春を感じる季節ですが、この時期は ...

二十四節気

大寒とはどんな意味や読み方なのか。

大寒の読み方は「だいかん」と読み、毎年1月20日ごろに訪れる日のことを言います。

「一年で一番寒さの厳しいころ」という意味を持つ暦です。

そんな大寒の時期には、寒 ...

二十四節気

小寒とはどんな意味や読み方なのか。

小寒の読み方は「しょうかん」と読み、毎年1月5日ごろに訪れる日のことを言います。

という意味を持つ暦です。

そして、この小寒から「寒の入り」となり、冬の最後の寒さ ...

二十四節気

大雪とはどんな意味や読み方なのか。

大雪の読み方は「大雪(たいせつ)」と読み、毎年12月7日ごろに訪れる日のことを言います。

そしてこの大雪とは「雪が激しく降り始め、冷たい風も吹き始める寒いころ」と言う意味があ ...

二十四節気

小雪とはどんな意味や読み方なのか。

 

小雪の読み方は「しょうせつ」と読み、毎年11月22日ごろに訪れる日のことを言います。

「紅葉も終わりを迎え、山では少し雪が降り始めるころ。」という意 ...

二十四節気

霜降とはどんな意味や読み方なのか。

霜降の読み方は「そうこう」と読み、毎年10月23日ごろに訪れる日のことを言います。

「秋が一段と深まり、朝霜が見られるころ。」という意味を持つ暦です。

だんだん朝 ...

二十四節気

寒露とはどんな意味や読み方なのか。

寒露の読み方は「かんろ」と読み、毎年10月8日ごろに訪れる日のことを言います。

「夏の終わりから初秋にかけて、草木に冷たい露が降り始めるころ。」

という意味を持つ ...

二十四節気

白露とはどんな意味や読み方なのか。

白露の読み方は「はくろ」と読み、毎年9月8日ごろのことを言います。

「大気が冷え込む季節で、草や花の葉に白い露が落ち始める頃」という意味を持つ暦です。

この白露を ...

二十四節気

処暑とはどんな意味や読み方なのか。

処暑の読み方は「しょしょ」と呼び、毎年8月23日ごろのことを言いますが、この処暑とは「暑さがやわらぐ、終わる」と言う意味があります。

8月23日で暑さがやわらいでるなんて、おかしな ...

二十四節気

芒種とはどんな意味や読み方なのか?

芒種は二十四節気のひとつで、ここから夏至までの期間のことを指す場合もあります。

読み方は「芒種(ぼうしゅ)」と言いますね。

芒種とは、稲や麦などの芒(のぎ)のある ...

二十四節気

小満とはどんな意味や読み方なのか。

あまり馴染みのない暦なので、どんな意味が込められているのかわかりにくく感じてしまうかもしれません。

そんな小満の読み方は「しょうまん」と読み、その由来には、

と言 ...

二十四節気

二十四節気と聞いてもいてよくわからないですよね。

でも、

という言葉を聞くと、ほとんどの人が知っていると思います。

そんな二十四節気の読み方は「にじゅうしせっき」と読み、「二十四節気」の意味は、1年 ...

二十四節気

この写真を見て、この食べ物は

「おはぎ」なのか?

それとも

「ぼたもち」なのか?

その区別がつくでしょうか。

 

春分の日には、小豆と餅をあわせたこの食 ...

二十四節気

春分の日2019年はいつなのか?

また、なぜ春分の日は祝日なのか?

ちょっとわからないところもありますよね。

それは、この日がご先祖様の霊を供養する特別な日として、

と呼ばれる宮中祭祀につながっている ...

二十四節気

春分の日は「お彼岸」とも呼ばれ、お墓参りをする風習がありますが、これには仏教の思想が大きくかかわっています。

 

春分の日とは「太陽が真西に沈む日」なので、

という考えから来ているんです。 ...

二十四節気

秋分の日は「お彼岸」とも呼ばれお墓参りの風習がありますが、これには仏教の思想が大きくかかわっています。

その仏教では

と考えられています。

だから秋分の日は太陽が真西に沈む日であるので、ご先祖様がい ...

二十四節気

秋分の日2019年とはいつなのか?

また、秋分の日とはなぜ祝日なのか。

それは、この日がご先祖様の霊を供養する特別な日として、

と呼ばれる宮中祭祀につながっている事に関係しています。

実は秋分 ...