今日1つ賢くなります!知って得するおすすめ情報

かしこさのタネ

二十四節気

霜降の意味や読み方とは?2018年はいつでどんな季節なの?

更新日:

霜降01

霜降とはどんな意味や読み方なのか。

 

霜降の読み方は「そうこう」と読み、毎年10月23日ごろに訪れる日のことを言います。

「秋が一段と深まり、朝霜が見られるころ。」という意味を持つ暦です。

だんだん朝晩が冷え込み、うっすらと霜が降りるような季節を連想させてくれます。

 

今回はその霜降について

霜降とはどんな意味か?
霜降2018年はいつなのか?

この時期や期間、どんな季節なのかその様子を見ていきたいと思います。

スポンサードリンク

寒露の意味や読み方とは?

霜降の読み方は「霜降(そうこう)」と読み、毎年10月23日ごろに訪れる日です。

霜降(しもふり)と読んでしまいそうですが、読み方は「そうこう」となるのでお間違いなく

 

暦を見る上で『二十四節気』と呼ばれる、「1年を24つに区切って季節を分けた考え方」があり、その中で霜降は「18番目」にあたります。

それはこちらの「二十四節気の一覧」の図を見てもらうと、その流れがわかります。

二十四節気の一覧01

寒露の次にあたり、立秋と立冬の間なので暦の上では秋の時期になります。

霜降の意味とは

秋が一段と深まり、朝霜が見られるころ。

をいいます。

 

その霜降は、暦便覧には

つゆが陰気に結ばれて、霜となりて降るゆへ也

このように記されていて、「露が寒い(冷たい)空気でによって凍り、霜となって降りる」という意味があるのですね。

 

【京都二十四節気 霜降】

*暦便覧とは、江戸時代に「著者 太玄斎」によって記された暦の解説書のこと

 

スポンサードリンク

霜降2018年はいつなの?

霜降は毎年10月23日ごろですが、それは年によって若干変わります。

2018年の霜降は

2018年10月23日(火)

霜降はいつかと聞かれると10月23日が多いですが、24日の年もあります。

霜降の日
2015年 10月24日
2016年 10月23日
2017年 10月23日
2018年 10月23日
2019年 10月24日
2020年 10月23日
2021年 10月23日
2022年 10月23日
2023年 10月24日
2024年 10月23日

霜降は2018年は10月23日ですが、2019年は10月24日になっていますね。

 

霜降が期間を表す場合

カレンダー012018年の霜降は10月23日というように説明をしましたが、

場合によって、

霜降(10月23日頃)~立冬(11月7日頃)の前日までの期間 霜降(10月23日頃)~立冬(11月7日頃)の前日までの期間

この約2週間の期間のことを『霜降』という場合もあります。

立冬になると暦の上では冬になります。

もうそろそろ秋も終わり、冬の準備へと移っていく期間でもありますね。

スポンサードリンク

霜降とはどんな季節なの?

霜降の意味は

秋が一段と深まり、朝霜が見られるころ

という季節です。

そんな霜降の時期には、霜が降るという読み方からも朝晩の冷え込みがしだいに増してくる季節で、うっすらと霜が降りる様子が見られることから名づけられています。

霜とは、地表や空気中の温度が0℃以下になると現れます。

「霜が降りる」という言い方は、空から降ってくるわけではなくて、空気中の水蒸気が付着する現象のことを言います。

昔は、朝に外を見たとき庭や田畑が霜で真っ白に覆われていたため、雨や雪のように空から降ってくると思われていました。

だから霜は「降る」と言うのですね。

 

地面にうっすらと氷の膜が覆うときがありますが、あれが霜ですね。

霜降02

そんな霜は、農作物に大きな被害をもたらしてしまうこともあります。

 

霜降と紅葉と時代祭

11月も近づく季節は、木々の葉が紅葉を見せるころでもあり、秋の楽しみの一つでもありますよね。

葉が赤色に変わることを「紅葉」と呼び、銀杏のように黄色に変わることは「黄葉」と呼びます。

褐色に変わるのを「褐葉(かつよう)」と呼びますが、区別がつきにくいものもあるので、これらをまとめて「紅葉」と呼んでいますね。

秋分の日01

その紅葉を楽しみながら、京都では10月22日に「時代祭」と呼ばれる行事があります。

これは、葵祭、祇園祭とともに京都三大祭の一つとされています。

各時代においての大名や武士、またその時代をイメージする行列の催しは、日本の歴史を感じさせてくれます。

2016時代祭

 

霜降と七十二候

二十四節気をさらに約5日おきに分けて、気象の動きや動植物の変化を表したものを「七十二候(しちじゅうにこう)」と言います。

今では見なくなったものも多いですが、この七十二候によって霜降はどんな季節として迎えているのかがイメージしやすくなってきます。

初候(10月23日頃)

霜始降花(しもはじめてふる)

草花に霜が降り始める頃を言います。

次候(10月28日頃)

霎時施(こさめときどきふる)

ときどき通り雨のような小雨が降る頃を言います。

末候(11月2日頃)

楓蔦黄(もみじつたきばむ)

楓(かえで)や蔦の葉が色づく頃を言います。

 

スポンサードリンク

あとがき

霜降とはどんな意味や読み方なのか。

また、2018年の霜降はいつなのか、この時期や期間、そして季節はどんな様子なのかとともに見てきましたがいかがでしたか。

 

二十四節気で霜降の次は「立冬」となっています。

日本の季節の中で立冬はとても重要な暦となっていますので、ぜひこちらの記事もご覧になって下さい。

 

スポンサードリンク

-二十四節気
-

Copyright© かしこさのタネ , 2018 All Rights Reserved.