今日1つ賢くなります!知って得するおすすめ情報

かしこさのタネ

二十四節気

大寒の意味や読み方とは?2019年はいつでどんな季節なの?

更新日:

大寒 意味

大寒とはどんな意味や読み方なのか。

 

大寒の読み方は「だいかん」と読み、毎年1月20日ごろに訪れる日のことを言います。

「一年で一番寒さの厳しいころ」という意味を持つ暦です。

そんな大寒の時期には、寒気を利用した食物(酒や味噌など)を仕込む時期にもあたり「寒仕込み」などと呼ばれますね。

この時期の水はとても澄んでいて、上質だと言われているのです。

 

そこで今回は、その大寒について

大寒とはどんな意味か?
大寒2019年はいつなのか?

この時期や期間、どんな季節なのかその様子を見ていきたいと思います。

スポンサードリンク

大寒の意味や読み方とは?

大寒の読み方は「だいかん」と読み、毎年1月20日ごろに訪れる日です。

暦を見る上で『二十四節気』と呼ばれる、「1年を24つに区切って季節を分けた考え方」があり、その中で大寒は最後の「24番目」にあたります。

それはこちらの「二十四節気の一覧」の図を見てもらうと、その流れがわかります。

大寒 意味

冬至を過ぎ、立冬と立春の間にあるので暦の上では冬の時期になります。

大寒の意味とは

一年で一番寒さの厳しい頃

をいいます。

その大寒は、暦便覧には

冷ゆることの至りて甚だしきときなれば也

このように記されていて、「冷え込みが最も激しく、寒さが最も厳しい頃」という意味があるのですね。

 

【京都二十四節気 大寒】

*暦便覧とは、江戸時代に「著者 太玄斎」によって記された暦の解説書のこと

スポンサードリンク

大寒2019年はいつなの?

大寒は毎年1月20日頃になりますが、それは年によって若干変わります。

2019年の大寒は

2019年1月20日(日)

大寒はいつかと聞かれると、今の流れとしては当分の間1月20日で進んでいきそうです。

2016年にいちど1月21日となっていますね。

大寒の日
2015年1月20日
2016年1月21日
2017年1月20日
2018年1月20日
2019年1月20日
2020年1月20日
2021年1月20日
2022年1月20日
2023年1月20日
2024年1月20日

2019年以降も1月20日になるようですね。

 

大寒が期間を表す場合

大寒 期間2019年の大寒は1月20日というように説明をしましたが、

場合によって、

大寒(1月20日頃)~立春(2月4日頃)の前日までの期間 大寒(1月20日頃)~立春(2月4日頃)の前日までの期間

この約2週間の期間のことを『大寒』という場合もあります。

立春は春の始まりを意味し、暦の上ではとても大切な日となっています。

 

スポンサードリンク

大寒とはどんな季節なの?

大寒の意味

一年で一番寒さの厳しい頃 一年で一番寒さの厳しい頃

という季節です。

そんな大寒は読み方からすでに寒そうですが、この時期は

「寒中水泳」「寒稽古」

など、寒さの中であえて行うことで精神を鍛えるといった行事がたくさん行われますよね。

また、大寒の一つ前の小寒から節分までの約1ヶ月を「寒の内」といい、厳しい寒さが続く時期となっています。

この寒の内が「寒中見舞い」を出す時期となっているのですね。

 

大寒と寒中見舞い

夏の暑中見舞いのように、冬にも寒中見舞いがあります。

この寒中見舞いは「寒の内」の時期に送られるもので、

小寒(1月5日頃)~立春(2月4日頃)の前日まで

この期間に送るお便りで大寒はこの間に入っています。

この時期を過ぎると「余寒見舞い」となります。

夏の「残暑見舞い」のような感じですね。

 

この寒中見舞いは結構便利で、

  • 喪中で年賀状が来た場合の返事
  • 年賀状の返事が遅れてしまった時
  • 何らかの理由で年賀状が出せなかった人へ

この年賀状の対応などで、寒中見舞いとして出すことでうまく乗り切れることができます。

 

大寒の食べ物とたまご

この大寒の時期は空気が冷たく、雑菌の繁殖しにくい時期となっています。

だから、この時期の水は「寒の水」ともよばれ、お酒や味噌を仕込む水としてとても適しているとされているのですね。

そんな時期に仕込まれた味噌は「寒仕込みの味噌」などと呼ばれ重宝されてきました。

 

また、この時期に鶏が生む卵は「大寒の卵」と呼ばれていました。

大寒の食べ物

というのも、昔は冬場の寒さで卵を産むことは少なかったようです。

だから、そんな厳しい時に産む卵は、栄養価が高く貴重だとして好まれていたのです。

その大寒の卵を食べることで、金運や健康運が上がるとして縁起のいいものとされていたのですね。

 

大寒と七十二候

二十四節気をさらに約5日おきに分けて、気象の動きや動植物の変化を表したものを「七十二候(しちじゅうにこう)」と言います。

今では見なくなったものも多いですが、この七十二候によって大寒はどんな季節として迎えているのかがイメージしやすくなってきます。

初候(1月20日頃)

款冬華(ふきのはなさく)

雪の下から蕗の花が咲き始める頃を言います。

次候(1月25日頃)

水沢腹堅(さわみずこおりつめる)

沢の水が凍り、厚く張りつめる頃を言います。

末候(1月30日頃)

鶏始乳(にわとりはじめてとやにつく)

鶏が鳥屋に入って卵を産み始める頃を言います。

 

スポンサードリンク

あとがき

大寒とはどんな意味や読み方なのか。

また、2019年の大寒はいつなのか、この時期や期間、そして季節はどんな様子なのかとともに見てきましたがいかがでしたか。

 

大寒は二十四節気の最後にあたる暦です。

この大寒が終われば次はいよいよ立春となり、暦の上では春になります。

こうやって一年が過ぎ、季節は繰り返されていくのですね。

二十四節気で大寒の次は「立春」となっています。

二十四節気の中でも、立春は特に大切な暦なので、ぜひ続けてこちらもご覧になって下さい。

 

スポンサードリンク

-二十四節気
-

Copyright© かしこさのタネ , 2018 All Rights Reserved.