今日1つ賢くなります!知って得するおすすめ情報

かしこさのタネ

紫外線・日焼け

日焼けパックのおすすめは?ヒリヒリ痛いときしても大丈夫?

投稿日:

日焼け パック おすすめ

家に帰ったら肌がヒリヒリ。

うっかり日焼けしたこともあると思います。

その日焼け後にパックを使ってスキンケアもできるんですが、日焼け後のデリケートな時はパックはちょっと待って!

日焼け後の敏感な状態にはパックの前にもして欲しいことがあるし、パックをするにも「しっかりダメージ回復できる成分」があるか確かめて使ってほしいんです。

ポイントを抑えてケアすることで、より安心してシミ、シワ予防ができるんですね。

そこで今回は、

日焼けパックのオススメはどんな商品があるのか。

またヒリヒリして痛いときや赤みがある時のパック使用の注意点。

そして日焼け後にパックする前にしておきたいケアなど、スキンケアに関してまとめましたので、ぜひ最後まで読んでみてください。

スポンサードリンク

日焼けパックのおすすめは?

日焼け後のケアでは、紫外線から受けたダメージから回復させていきたいですよね。

日焼け後は肌が乾燥したり、紫外線によってコラーゲンなどの保水成分が破壊されたりしてダメージを受けてます。

放っておくとシワの原因になったり、メラニン色素の定着でシミの原因にもなったりします。

そこで日焼け後のケアに、保湿や美白成分が配合されているパックをすることもオススメです。

じゃあ、日焼け後ってどんなパックを使えばいいのでしょう?

注目したいポイントは

  • 保湿成分
  • ビタミンC
  • 低刺激

乾燥した肌に保湿が必要なので、ヒアルロン酸などが配合されてるとGood!

また日焼け後は敏感肌を扱うように低刺激なものがいいですね。

ビタミンC

そしてビタミンCは紫外線によってダメージを受けたコラーゲンの合成やメラニン色素の抑制(チロシナーゼ活性酵素を阻害)などから、シミやそばかすなど予防する働きがあります。

ですので日焼け後のケアにはピッタリですね。

そういったポイントを兼ね備えているパックをピックアップしてみました。

 

NEWフェイスマスク ルルルンプレシャスWHITE

ルルルンプレシャスWHITEは保湿成分にヒアルロン酸を含み、保湿面では嬉しいですね。

またしっかりとビタミンC誘導体も配合されているので、日焼け後のスキンケアにもピッタリです。

Amazonの口コミの中でも敏感肌でも使えたという声もあって、日焼け後のデリケートな肌にも使いやすいと思います。

このシリーズはいろんなタイプがありますが、このプレシャスWHITEが一番日焼け後のパックに良さそうですね。

 

透明白肌 ホワイトマスクN

「うっかり日焼けに集中ケア」

といったキャッチフレーズが目を引く「透明白肌 ホワイトマスクN」というパックです。

豆乳発酵液を使ったパックで、美白成分のトラネキサム酸がメラニン色素の生成を抑えてシミ予防に期待できます。

ヒアルロン酸や植物プラセンタなどが配合されているので、保湿面でも期待できるパックですね。

価格的にも手ごろで手に取りやすい商品だと思います。

 

KOSE クリアターンエッセンスマスク

高濃度ビタミンCが配合されたパックで、メラニンの生成をおさえてシミやソバカスの予防や潤い肌に効果が期待できます。

この商品もコスパが高くて非常に使いやすいですね。

口コミ数も非常に多く、発売からも長く愛されている商品なので安心して使えるパックの一つですね。

 

日焼けでヒリヒリ痛いときもパックしていいの?

日焼け後のオススメパックを紹介しましたが、

肌がヒリヒリして痛いけどパックしていいのかな?

ここって結構重要で、ヒリヒリしたり赤みが残っていたらパックは控えてください。

日焼け後でまだ炎症が残っているので、まずは冷やしてそのヒリヒリを抑えましょう。

一般的には赤みやヒリヒリは8~24時間後がピークで、そこから徐々に治まっていきます。

冷水やタオルに巻いた保冷材などを使って、しっかり落ち着いてからにしてください。

日焼け後の冷やし方についてはコチラで。

参考ページ

【冷えピタはダメ!?】日焼けした肌を冷やす正しい方法を今すぐチェック!

 

日焼け後はパックの使用時間に気を付けて!

日焼け後にパックをするのはダメージ回復のために良いのですが、あまり長時間の使用は止めておきましょう。

日焼け後の肌は熱を持っていることに加えて水分量も少なくなっています。

だから普段よりもパックが乾くのが早くなると思います。

普段でも長時間パックをしてると乾いてきますが、それがいつもより早くなると思うので、少し早めに切り上げるくらいにしておきましょう。

スポンサードリンク

日焼け後パックの前にしたいケアは?

日焼け後のパックの前にしておきたいケアは、まずさっきも話したように

冷やしてヒリヒリや赤みを抑える

これが大切ですね。

そして肌の回復のためにアロエの成分が入ったジェルやクリームがオススメです。

アロエの葉肉にはムコ多糖類のアロエマンナン・グルコン酸などムコ多糖類系成分が含まれており、やけどや日焼けによる皮膚の炎症を抑える作用があります。

また免疫効果や保湿効果があるため、日焼けした肌の回復に効果的です。

そしてアロエジンにはシミやソバカスの元であるメラニンの生成を少なくする働きがあり、アロエシンはメラニン色素の沈着予防効果があります。

アロエは日焼けの肌の修復に加えて、メラニンへの作用も働くといったような効能があります。

だから日焼け回復にはとても頼りになる植物なんですね。

でも、実際にアロエを切って液を取り出して使う作業は面倒なので、アロエジェルやクリームを使ってケアする方が便利です。

ポイント

そういったアロエを使ったアイテムについて、こちらのページでまとめています。

参考ページ

日焼け回復にアロエは効果があるの?おすすめのアロエジェルはコレ!

 

日焼け後は食べ物や飲み物で栄養と水分補給を

日焼け後は肌の水分や保水成分が失われた状態なので、まずは水分補給が必要ですね。

熱中症対策の意味もあるし、家に帰ったら必ず水分補給しましょう。

また、紫外線から受けたダメージを回復するためには、抗酸化作用のある栄養素を中心に取っていくと、肌ケアにもつながるので良いと思います。

その栄養素で注目なのが、

ビタミンA(β-カロテン)
ビタミンC
ビタミンE
リコピン

メラニン色素の生成に関することや、抗酸化作用に関する部分で心強い栄養素たちです。

この具体的な栄養素の働きや食べ物については、別のページで特集しています。

参考ページ

日焼け後にいい食べ物や飲み物は?予防やケアにトマトが最適なワケを見る!

食べ物についていろいろわかって結構面白いと思うので、ぜひ読んでみてください。

 

日焼け後のパックはケアの最後で

日焼け後のパックはスキンケアの最後の段階で行うくらいでいいと思います。

日焼け後の赤みのピークは8~24時間後くらいなので、2~3日たった後でするくらいでいいんじゃないでしょうか。

日焼けの度合いにもよりますが、慌ててパックをしても刺激になるだけなので、敏感肌を扱うようにケアしていくくらいがちょうどいいと思います。

スポンサードリンク

あとがき

日焼けパックのオススメはどんな商品があるのか。

またヒリヒリして痛いときや赤みがある時のパック使用の注意点。

そして日焼け後にパックする前にしておきたいケアなど、スキンケアに関してまとめましたがいかがでしたか。

日焼け後のパックはシミやソバカス、シワなどの予防にも非常に有効だと思いますが、使いどころはしっかりと覚えておきたいですね。

日焼け後のスキンケアをしっかりできるかどうかで、将来の肌状態にかかわってくるので後悔しないためにもしっかり日焼け後のケアはしておきましょうね。

 

そこで、日焼け自体しないようにしっかり対策することも大切です。

その日焼け対策グッズで真っ先に思い浮かぶのは「日焼け止め」ですよね。

ただ、日焼け止めといっても、

  • 長時間の外で活動したい。
  • 海水浴やスポーツで使える水に強い日焼け止めは?
  • 体の内側から紫外線対策する「飲む日焼け止め」
  • 背中や頭皮って日焼け止め塗りにくいんだけど…。
  • 外出先で塗りなおすのに便利な日焼け止めってないの?
  • 化粧の上から日焼け止めしたい
  • 子供や敏感肌に優しい日焼け止めは?

いろんな使い方や目的があります。

そのタイプやシーンによって使いわけられる日焼け止めを、こちらのページで特集しました。

 

こういう時に使いたい。こんな日焼け止めってあったんだ!

そんな発見もできると思うので、ぜひ日焼け止め購入の参考にしてください。

スポンサードリンク

-紫外線・日焼け
-,

Copyright© かしこさのタネ , 2018 All Rights Reserved.