吉日・凶日

六曜には「先勝」「友引」「先負」「仏滅」「大安」「赤口」と呼ばれる6つの暦注があります。

今回は、この六曜とはどんな意味や読み方なのか

また六曜の順番の変化や各暦注の順位付け。

結婚式や入籍、お葬式 ...

吉日・凶日

入籍や結婚式、引越しなどのときには縁起のいい日を選びたいですよね。

その代表的な吉日は「大安」がパッと浮かぶと思います。

でも、実は大安以外にも縁起のいい日は結構あって、知らないうちにその日を迎えているかもしれ ...

吉日・凶日

六曜には「先勝」「友引」「先負」「仏滅」「大安」「赤口」と呼ばれる6つの暦注があります。

大安と同じく広く知られている「仏滅」ですが、ほとんどの方がご存知のように縁起の悪い一日として、あまり大きな行動を起こす日ではありませ ...

吉日・凶日

六曜には「先勝」「友引」「先負」「仏滅」「大安」「赤口」と呼ばれる6つの暦注があります。

大安や仏滅に比べるとあまり知られていない「赤口」ですが、基本的に縁起の悪い一日として、あまり大きな行動を起こす日ではありません。

吉日・凶日

六曜には「先勝」「友引」「先負」「仏滅」「大安」「赤口」と呼ばれる6つの暦注があります。

大安や仏滅に比べるとあまり知られていない「先負」ですが、あまり積極的に行動するよりも、冷静に落ち着いて行動したほうがいい一日となって ...

吉日・凶日

六曜には「先勝」「友引」「先負」「仏滅」「大安」「赤口」と呼ばれる6つの暦注があります。

大安や仏滅に比べるとあまり知られていない「先勝」ですが、実はわりと縁起の良い日として行動しやすい一日です。

でも、それに ...

吉日・凶日

六曜には「先勝」「友引」「先負」「仏滅」「大安」「赤口」と呼ばれる6つの暦注があります。

大安や仏滅が有名ですが、実は友引も広く知られることとなり、あるお祝い事では人気となっています。

そこで今回は、

吉日・凶日

六曜には「先勝」「友引」「先負」「仏滅」「大安」「赤口」と呼ばれる6つの暦注があります。

この中でも大安は有名で結婚や引っ越しに選ばれる人も多いですよね。

しかし大安について本当の意味や、大安よりも良い日がある ...

吉日・凶日

なにか人生の中で大切なことを決める時。

例えば結婚や引っ越し、開業などの日には縁起のいい日を選びたいですよね。

でも、縁起の悪いと呼ばれる日もあって、特に不成就日は避けられる傾向にあります。

でも、どんな ...

吉日・凶日

宝くじとか買う時、巳の日と言った日を聞いたりしませんか。

巳の日は大安などのように、縁起の良い日としてピックアップされることが多い日なんですね。

でも、どんな日か気になりませんか?

 

そこ ...

吉日・凶日

宝くじとか買う時、寅の日と言った日を聞いたりしませんか。

寅の日は大安などのように、縁起の良い日としてピックアップされることが多い日なんですね。

でも、どんな日か気になりませんか?

 

そこ ...

吉日・凶日

宝くじとか買う時、天赦日と言った日を聞いたりしませんか。

天赦日は大安などのように、縁起の良い日としてピックアップされることが多い日なんですね。

でも、どんな日か気になりませんか?

 

そこ ...

吉日・凶日

宝くじとか買う時、一粒万倍日と言った日を聞いたりしませんか。

一粒万倍日は大安などのように、縁起の良い日としてピックアップされることが多い日なんですね。

でも、どんな日か気になりませんか?

 

二十四節気

穀雨とはどんな意味や読み方なのか。

穀雨の読み方は「こくう」と読み、毎年4月20日ごろに訪れる日のことを言います。

という意味を持つ暦です。

昔の人は、この穀雨の時期を田畑の準備を始める目安としてい ...

二十四節気

清明とはどんな意味や読み方なのか。

清明の読み方は「せいめい」と読み、毎年4月5日ごろに訪れる日のことを言います。

という意味を持つ暦です。

この時期はすっかりと春めいた季節となり、入学式で新しいス ...

二十四節気

啓蟄とはどんな意味や読み方なのか。

啓蟄の読み方は「けいちつ」と読み、毎年3月6日ごろに訪れる日のことを言います。

という意味を持つ暦です。

だんだんと春の訪れを実感し、木々の育ちや生き物の姿がみら ...

二十四節気

雨水とはどんな意味や読み方なのか。

雨水の読み方は「うすい」と読み、毎年2月19日ごろに訪れる日のことを言います。

という意味を持つ暦です。

立春も過ぎ本当に少しずつ春を感じる季節ですが、この時期は ...

二十四節気

大寒とはどんな意味や読み方なのか。

大寒の読み方は「だいかん」と読み、毎年1月20日ごろに訪れる日のことを言います。

「一年で一番寒さの厳しいころ」という意味を持つ暦です。

そんな大寒の時期には、寒 ...

二十四節気

小寒とはどんな意味や読み方なのか。

小寒の読み方は「しょうかん」と読み、毎年1月5日ごろに訪れる日のことを言います。

という意味を持つ暦です。

そして、この小寒から「寒の入り」となり、冬の最後の寒さ ...

二十四節気

大雪とはどんな意味や読み方なのか。

大雪の読み方は「大雪(たいせつ)」と読み、毎年12月7日ごろに訪れる日のことを言います。

そしてこの大雪とは「雪が激しく降り始め、冷たい風も吹き始める寒いころ」と言う意味があ ...