今日1つ賢くなります!知って得するおすすめ情報

かしこさのタネ

紫外線・日焼け

日焼けのかゆみで寝れない、我慢できない時の対処法は?抑える薬は?

更新日:

日焼け かゆみ 寝れない

日焼けのかゆみが引かなくて寝れないことってありますよね。

実は日焼けは火傷と同じ扱いで、ピリピリするのは肌が火傷してるからなんです。

そんな日焼けのかゆみを抑えるのは、火傷の応急処置と同じく冷やすことが大切で、冷やして炎症を抑え肌を落ち着かせる効果があるんです。

だから最初にしっかり処置しないと、我慢できないかゆみがいつまでも続いたり肌のダメージがなかなか回復しなくなります。

まずは肌を冷やすことが大切ですが、それが落ち着いたら続けてやっていって欲しい肌ケアもたくさんあるんですね。

そこで今回は日焼けのかゆみで寝れない、我慢できないときの対処法。

そしてそれを抑えるジェルやクリームなどまとめました。

 

スポンサードリンク

日焼けのかゆみで寝れない時の対処法は?

日焼けをすると肌がピリピリしてかゆみが出ることがありますよね。

実は日焼けは火傷の状態になっていて、Ⅰ度の熱傷という扱いになっています。

軽いやけどをした時には痛みとかゆみがありますが、それが日焼けにも同じことが起こっていると考えていいでしょう。

だから日焼けのかゆみが夜に出ると寝れないこともあったりします。

まずはそうならないように、日焼けの炎症を抑えるために冷やすことが大切なんですね。

 

日焼けのかゆみは冷やして抑える

日焼け 冷やす 方法

日焼けのかゆみは冷やして炎症の広がりを抑えることで、ピリピリ感も治まっていきます。

だいたい15~30分くらい冷水で冷やしておけば、徐々に治まってくるのではないでしょうか。

もちろん日焼けの程度にもよりますが、寝る前にかゆみがあるなら冷やして痛みを抑えるようにしておきたいですね。

 

日焼け後の肌ケア

日焼け後には肌ケアをして、肌の回復を促してあげるのが大切です。

そのため、まずは冷やして炎症を落ち着かせること

そして肌が落ち着いたら次は肌の保湿です。

日焼けすると肌の水分が失われていくので、乾燥肌のような状態に近づいていきます。

すると肌のクッションが無くなるので刺激に敏感になり、かゆみや痛みを感じやすくなってしまうわけなんですね。

だから肌のかゆみがある場合は、保護の意味でもクリームなどを塗っておくことが大切です。

また、日焼け後の保護にはアロエの成分が入ったジェルやクリームがオススメです。

日焼け後 ケア 用品

アロエの葉肉にはムコ多糖類のアロエマンナン・グルコン酸などムコ多糖類系成分が含まれており、やけどや日焼けによる皮膚の炎症を抑える作用があります。

また免疫効果や保湿効果があるため、日焼けした肌のケアに効果的です。

そしてアロエジンにはシミやソバカスの元であるメラニンの生成を少なくする働きがあり、アロエシンはメラニン色素の沈着予防効果があります。

アロエは日焼けの肌の修復に加えて、メラニンへの作用も働くといったような効能があります。

だから日焼け後のケアにはとても頼りになる植物なんですね。

でも、実際にアロエを切って液を取り出して使う作業は面倒なので、アロエジェルやクリームを使ってケアする方が便利です。

ポイント

そういったアロエを使ったアイテムについて、こちらのページでまとめています。

参考ページ

日焼け後のケアにアロエは効果があるの?おすすめのアロエジェルはコレ!

紫外線対策には日焼け止めとかが注目されますが、この肌のアフターケアも同じくらい大切です。

そんな肌ケアの助けとなるのがアロエなので、ぜひこちらも読んで参考にしてくださいね。

スポンサードリンク

日焼けのかゆみが我慢できない時の対処法は?

日焼けのかゆみが我慢できない時の対処法ですが、やはり肌が敏感になっていることが大きいと思います。

まずは冷やして様子を見たり、ある程度落ち着いたらジェルなどを使うのがいいでしょう。

ただ、それでも長い期間治まらない場合は病院受診することも考えた方がいいかもしれません。

というのも、日焼けによって赤い斑点、ぶつぶつなどが出来ていたりすると、それは紫外線アレルギーによる可能性もあるからです。

それは単なる日焼けではなくて、別の問題がかかわってきます。

我慢できないくらいのかゆみは、そういった日焼けとは別の可能性も考えておきましょう。

 

日焼けのかゆみが続く期間は?

日焼け かゆみ 原因

日焼けのかゆみが続く期間ですが、日焼けの赤みが出るのは24時間後をピークとしてそこから徐々に引いていきます。

その中でかゆみも出てくるのですが、だいたい2~3日くらいは考えておいた方がいいかもしれません。

肌がまだしっかりと回復しきれていないので、乾燥肌のような状態になっている肌の保湿をしてあげましょう。

それには先ほど紹介したアロエやクリーム。

また体の水分も少なくなっているので、必ず水分補給は行う事。

そして体の中からできる肌ケアもあります。

例えばビタミンやリコピンなどの栄養素で、しっかりと肌のターンオーバーを促し日焼け後のダメージを回復させるんですね。

そんな栄養素を摂るための食べ物や飲み物について、こちらのページでまとめました。

参考ページ

日焼け後にいい食べ物や飲み物は?予防やケアにトマトが最適なワケ

 

日焼け前に食べたいものなども一緒にまとめていて興味深い話もあるので、ぜひこちらもご覧になってください。

 

スポンサードリンク

 

日焼けのかゆみを抑える市販薬やクリームは?

日焼けのかゆみを抑える薬は病院に行って診察してもらい、処方してもらうのが一番です。

かゆみの度合いによって抗ヒスタミン薬、消炎鎮痛剤などが処方されると思います。

また、その症状によってはステロイド系の薬も処方されることがあります。

こうやって診察してもらって処方してもらうのが一番安心ですね。

 

他にも、保護の役目として使われるのはワセリン

火傷の処置の時にも使われるので、ワセリンがあると便利な場面がいくつかあります。

あと、炎症が落ち着いてきたときには、ジェルやクリームなどで保湿しながら肌の回復をしていくのがいいと思います。

そんなクリームやジェルのオススメを別のページでまとめてます。

参考ページ

日焼け後のケア用品でおすすめのクリームや乳液、ローションは?

 

こちらもよかったら参考にしてください。

 

スポンサードリンク

 

あとがき

日焼けのかゆみで寝れない、我慢できないときの対処法。

そしてそれを抑えるジェルやクリームなどまとめました。

日焼けは火傷と同じなので、しっかりと肌のアフターケアをしてあげないといけません。

放っておくとかゆみも出ますし、シミやシワなど後になって取りにくくなる肌トラブルも発生します。

最初のうちに対処することで色素沈着など防げる場合があるので、日焼けしたら早めの対処をしてくださいね。

 

また、外に出るときはしっかりと紫外線対策が必要ですが、そんな日焼け対策というと真っ先に思い浮かぶのは「日焼け止め」ではないでしょうか。

紫外線から身を守るためにも、長時間の野外活動で日焼け止めは必須です。

日焼け止めにもさまざまなタイプがあって、日焼け止めをしっかりと選んでいけば、夏のキツイ紫外線から効率よくしっかりと守ることができます。

そんな日焼け止めのオススメをこちらのページでまとめてます。

参考ページ

顔や体用の日焼け止めで人気やおすすめは?市販のプチプラ商品は?

 

あなたに合った日焼け止めが見つかると思うので、こちらもぜひ参考にしてください!

スポンサードリンク

-紫外線・日焼け
-,

Copyright© かしこさのタネ , 2018 All Rights Reserved.