今日1つ賢くなります!知って得するおすすめ情報

かしこさのタネ

インフルエンザ

インフルエンザ症状が軽い、微熱の場合がある?辛くない時こそ注意!

更新日:

インフルエンザ予防接種18

インフルエンザにかかっても症状が軽い場合があったり、微熱ですむ場合があります。

インフルエンザと言えば高熱をはじめ辛い症状をイメージしますが、実はあまり症状が出ないケースもあります。

その原因として主に3つあり、

  1. インフルエンザb型にかかった。
  2. インフルエンザ予防接種を受けていた。
  3. 不顕性感染だった。

こういうことが考えられますが、それぞれどういう事なのか?

また「症状が辛くない時こそ注意したい点」など、インフルエンザ症状が軽いケースについてまとめました。

家庭内でできる予防なども含めまとめたので、ぜひ最後までご覧ください。

 

スポンサードリンク

 

インフルエンザの症状が軽い場合があるの?

冬場には気を付けないといけないインフルエンザ。

インフルエンザの症状と言えば、40℃近くになることもある高熱をはじめ、

頭痛
吐き気・嘔吐
喉の痛み・咳
鼻水・クシャミ
関節痛・筋肉痛
腹痛・下痢
悪寒・寒気
倦怠感

こういった辛い症状が出てしまいます。

 

また、筋肉痛や関節痛など風邪にはあまりない症状も特徴的ですが、実は

「インフルエンザの症状が軽い場合」

というのがマレにあります。

その原因として考えられることは主に3つあり、

  1. インフルエンザb型にかかった。
  2. インフルエンザ予防接種を受けていた。
  3. 不顕性感染だった。

こういう理由で症状が軽い、もしくは症状自体がほとんど出ないといった場合があるのです。

では、それぞれどういう事なのか順番に見ていきましょう。

 

1.インフルエンザb型にかかった。

インフルエンザには

「a型・b型・c型」

この3つの型があり、それぞれ症状に違いがあります。

 

私たちがイメージするのは主にa型のインフルエンザで、その特徴は先ほど見てもらった、高熱(38℃以上)や咳、関節痛・筋肉痛などの症状です。

私もa型で39℃以上の高熱が出て、筋肉痛や関節痛で身動きが取れないくらい辛い思いをしました。

 

でもインフルエンザのb型の場合、微熱(37℃ほど)の場合があり、まれに36℃台の平熱の場合もあります。

また、下痢や腹痛などの「消化器官系」の症状が出やすく、風邪と間違えてしまうくらい症状が軽い場合もあるんですね。

だから、インフルエンザだと気づきにくいケースがあるのが特徴です。

ただし、もちろんa型のように高熱が出る場合もあるので、やはり注意は必要です。

 

2.インフルエンザ予防接種を受けていた。

インフルエンザ予防接種11

知ってる人も多いと思いますが、インフルエンザ予防接種を受けることで、

重症化を予防する。

これが予防接種の効果で期待されていることの1つにあります。

このことは厚生労働省の発表にも書いてあるんですね。

インフルエンザウイルスの感染は、ワクチンで完全に抑える働きはありませんが、インフルエンザ発症を抑える効果が一定程度認められています。

発症後、多くの方は1週間程度で回復しますが、肺炎や脳症等の重い合併症が現れ重症化する可能性がある人もいます。

ワクチンの最も大きな効果は、この重症化を予防する効果です

※平成11年度 厚生労働科学研究費補助金 新興・再興感染症研究事業「インフルエンザワクチンの効果に関する研究(主任研究者:神谷齊(国立療養所三重病院))」の報告では、

65歳以上の老人福祉施設・病院に入所の高齢者については

34~55%の発病を阻止し、82%の死亡を阻止する効果があった

とされています。

以上のように、インフルエンザワクチンを接種すれば絶対にかからないというものではありませんが、ある程度の発病を阻止する効果があり、また、たとえかかっても症状が重くなることを阻止する効果があります。

ただし、この効果も100%ではないことに御留意ください。

出典:厚生労働省インフルエンザQ&Aより、一部改変し抜粋

http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou01/qa.html

 

インフルエンザの予防接種でできた免疫のおかげで、もしかかっても微熱など軽い症状にしてくれるケースもあるようですね。

予防接種をしてもインフルエンザにかかる可能性はあるので、予防接種の効果についてはしっかり理解しておきましょう。

参考ページ

インフルエンザ予防接種したのにかかるの?

 

3.不顕性感染だった。

インフルエンザ01

そして、インフルエンザには「不顕性感染」という場合もあります。

不顕性感染というのは、

  • インフルエンザに感染しているのに症状が出ない。
  • 症状が軽い場合がある。

というケースです。

この不顕性感染の可能性は、感染した人の20%~40%ほどの確率があるようです。

この場合だと発症しないので、インフルエンザと気づきにくいですね。

ということで、

  1. インフルエンザb型にかかった。
  2. インフルエンザ予防接種を受けていた。
  3. 不顕性感染だった。

主に、この3つの理由でインフルエンザにかかったのに症状が軽い、出ないで済んだということがあるのですね。

 

インフルエンザの症状で微熱の時は?

インフルエンザ頭痛02

インフルエンザの症状で微熱の場合があります。

これも症状が軽い時に微熱だけですむ場合もありますが、このときは少し注意が必要になります。

というのも、インフルエンザの熱がぶり返すケースがあるからなんです。

 

その理由としてよく言われるのが、

風邪薬や解熱剤を安易に使ってしまった場合です。

 

薬を飲んだ時は熱が下がり楽になるのですが、根本的にインフルエンザウイルスが減少しているわけではないため、薬の効果が切れるとまた熱がぶり返すパターンです。

こうなると症状も長引き、逆にしんどい思いをしてしまいます。

 

発熱があるのは体の免疫機能が働いている証拠で、一般的に

体温が1℃上がるだけで、体の免疫能力は5~6倍になる。

このように言われています。

だから感染力や増殖力の強いインフルエンザウイルスに対して、解熱剤など使って安易に熱を下げると免疫能力が下がってしまいます。

攻撃力が弱いからなかなか倒せないんですね

 

インフルエンザで解熱剤を使ったらダメというわけではなく、体温が高くなってしんどい場合に使うようにすることが一般的です。

私もインフルエンザにかかって解熱剤をもらうとき、通常は使わずに熱が上がってしんどい時に使うようにと医師に言われました。

インフルエンザで熱が出ない時に気を付けたいことをこちらの記事でまとめてるので、また読んでみてください。

参考ページ

インフルエンザで熱が出ない事はある?

 

インフルエンザb型の熱のぶり返し

インフルエンザ04

先ほども話に出ましたが、インフルエンザb型の場合は微熱や熱が出ないといったケースがあります。

a型だとしんどくて動くけないことも多いですが、b型で微熱だと少し無理して仕事をしてしまいますよね。

また、平熱の場合もあったりするので、子供は学校に行かせてしまうかもしれません。

そうやって安静にせず動いてしまうと、「ぶり返し」や「長期化」する事も多いようです。

そして子供にその傾向が高く、熱が上がったり下がったりすることを「二峰性発熱(にほうせいはつねつ)」と呼んでいます。

子供に多い二峰性発熱や解熱後の発熱の危険性について、こちらにまとめました。

参考ページ

インフルエンザ解熱後すぐ発熱する?再び感染はあるの?

 

インフルエンザの熱のぶり返しの予防

熱のぶり返しは大人でも起こる可能性がありますが、しっかり意識して予防できることも多いようです。

  • 予防接種を受ける
  • 解熱剤を安易に飲まない
  • 抗インフルエンザ薬を使う
  • 熱がおさまってもしばらく安静にする(2日ほど)
  • 栄養をとり水分補給する。

こうやって、体をいたわった行動をとるように心がければ、ぶり返しの熱も起こりにくくなるようですね。

また、ぶり返しの熱がずっと続いたり高熱になる場合は、医師の診断を受けて適切な処置をしてもらいましょう。

 

スポンサードリンク

 

インフルエンザ症状が辛くない時の注意点

インフルエンザでも症状が辛くない時は、ラッキーと思ってしまうかもしれません。

というよりも、症状が辛くないとそもそもインフルエンザだと気づかないかもしれません。

でも実は、そういう時にこそ注意が必要なんです。

 

自分がインフルエンザにかかっているのに自覚がないと、

周りに感染させる危険性がある。

ということです。

特に注意したいのが家族への感染ですね。

 

家の中では、家族がウイルスに触れやすい状況を作ってしまいます。

もし家族に高齢者の人や小さな子供、赤ちゃんがいたりしたら感染しやすいので危険ですよね。

 

じゃあ、インフルエンザの症状が辛くなく自覚がないとき、どうやって家族を守ればいいのでしょうか?

そこで次に、

「家の中でできるインフルエンザの予防法」 「家の中でできるインフルエンザの予防法」

これについて見ていきましょう。

 

家の中でできるインフルエンザ予防

インフルエンザ10

家の中でできるインフルエンザ予防は

マスク
手洗い
うがい
食べ物・飲み物
加湿
換気

こういったことで予防ができます。

 

ただ、家の中でマスクするというのはなかなか難しいかもしれないので、ある程度換気してウイルスを部屋に滞留させないということも必要です。

手洗いやうがいは、外から帰ったら必ずしておきましょう。

これだけでもウイルス数が減らせます

うがいはインフルエンザの予防効果はないと言われてますが、風邪対策やのどを潤す意味でやっておいて損はありません。

 

インフルエンザと食べ物・飲み物について

インフルエンザ13

食べ物や飲み物でもインフルエンザ予防に役立つものがたくさんあります。

例えば、ヨーグルト、梅干し、ショウガなどの食べ物に含まれる成分がインフルエンザ予防につながると言われています。

この時期に注目しておきたい食べ物などこちらの記事にまとめたので、ぜひ参考にしてください。

参考ページ

インフルエンザを早く治すのにいい食べ物は?予防の食事は?

 

インフルエンザと加湿について

インフルエンザウイルスには「活動条件」というのがあります。

冬場に猛威を振るうのは、

冬場の寒い、乾燥した環境

これが最も活動しやすい環境だからこんなに流行するんですね。

 

だから家の中では「ウイルスが活動できない状況」を作ってやることで予防になります。

そのために便利なのが「加湿器」で、湿度を簡単にコントロールできる便利な家電です。

 

インフルエンザ12

そして、このインフルエンザウイルスが活動しにくい環境が、

『気温20℃付近、湿度50%以上』

この条件だと、ほとんどインフルエンザウイルスは活動できないという研究結果も出ています。

ただし湿度を上げすぎると、今度は結露やダニの繁殖の温床になるので50~60%くらいでとどめるのが理想です。

ただインフルエンザの症状が軽い、辛くないような時は、一般的なインフルエンザ時よりウイルス数が少ないと考えられるので、感染力は弱くなる傾向があるようです。

 

また、インフルエンザの感染期間や感染経路についても見ておくと予防に役立つと思います。

参考ページ

インフルエンザの感染力の強さは?感染期間や感染経路は?

 

普段からの予防をしっかりとしておけば、家族に感染させることも少なくなると思うので、この時期は特に意識して生活を送ることが大切ですね。

 

スポンサードリンク

 

あとがき

インフルエンザの症状が軽い、微熱で済んでいるのはどうしてなのか。

また、症状が辛くない時に注意したい点や家庭での予防法などまとめましたがいかがでしたか。

症状が軽いと無理をしてしまいがちですが、悪化する可能性や家族にうつしてしまう危険性もあります。

調子の悪い時は無理せず、仕事や学校が終わったら家で体を休めることも大切ですね。

また、この時期はインフルエンザの他にも風邪やノロウイルス、ロタウイルスといった病気も蔓延するので十分注意してくださいね。

インフルエンザにかかっていいことはないので、予防の意識をしっかり持ちましょう。

具体的な予防について、こちらの記事で詳しくまとめています。

参考ページ

インフルエンザの予防方法には何がある?食べ物やグッズ対策

 

予防には手洗いや食べ物をはじめ、グッズや予防接種など様々あるのでぜひ一度ご覧になって下さい。

何か一つでも新たな発見があるかもしれませんよ。

 

あなたは、そんなインフルエンザに毎年のようにかかって苦しい思いをしていませんか?

インフルエンザや風邪などにかかりやすい原因は、ウイルスに対する抵抗力、つまり「免疫力の低下」が大きく関わっていると考えられています。

  • 普段から色々体に良いと思うことをしているけど風邪をひきやすい。
  • 仕事上、風邪をひいたりしたら迷惑がかかる。
  • 毎年のようにインフルエンザにかかってしまう。
  • 家族のみんなが体調を崩しやすい。
  • 体を大切にしたいけど忙しくて時間がない。

こんな悩みに対して、

「時間をかけずに楽にできて、しかも実感しやすい方法」

というのがあればやってみたいですよね。

私も見つけて驚いたこの方法ですが、この機会に皆さんと共有したいと思いますので是非一度こちらをご覧になってください。

関連ページ

>>風邪やインフルエンザ予防に期待できるL-137乳酸菌サプリとは?

 

 

スポンサードリンク

-インフルエンザ
-,

Copyright© かしこさのタネ , 2018 All Rights Reserved.