今日1つ賢くなります!知って得するおすすめ情報

かしこさのタネ

紫外線・日焼け

家で日焼けする方法とは?自宅のベランダやそれ以外の場所は?

投稿日:

家で日焼けする方法

外に出る時間もあまりないし、家で日焼けする方法ってないかな?

そんなふうに考える人もいますよね。

自宅だと庭やベランダでの日焼けが思いつきますが、そういった場所がない場合も含めどうしたらいいんでしょう。

そこで今回は、

家で日焼けする方法はどうすればいいのか。

自宅のベランダや場所と時間を考えた日焼けの仕方などまとめました。

紫外線の反射を活用した日焼けなど、少し使えそうな方法も載せてるので参考にしてください。

スポンサードリンク

家で日焼けする方法とは?

今年の夏は日焼けをしたいと考えている人も多いと思います。

特に男性で色白だと貧弱に見えて嫌だと感じる人は多いようですね。

でも日焼けするにも海に行くような時間もないし、何とか家で日焼けする方法ってないのかな?

自宅でもできる日焼け方法にはいくつかありますが、やっぱり環境もあるので自分ができそうな方法を選んでください。

一番いいのは

庭など自由に日焼けできるスペースがある

こういった場所があると楽です。

ベランダでもいいですが、スペースが限られるので広い場所があるといいですね。

また家の中で日焼けするには、窓際で太陽が入るところ。

窓際でも十分紫外線は降り注いでいます。

 

家で日焼けするときに気を付けたい点

家で日焼けする場合でも、日中の炎天下で何時間も日焼けしようとするのは危険です。

日焼けというのは火傷の一種でⅠ度の熱傷で「日光皮膚炎」とも呼ばれています。

だから急激に紫外線を浴びて焼こうとしたら、肌が真っ赤になって火傷しひどい時は水ぶくれができたりします。

そうなると日焼けどころではないし、回復するまでにかなりの時間がかかります。

だから家で日焼けするにしても段階的に少しずつ焼いていき、肌へのダメージを抑えながら焼くわけですね。

日焼けは長くても一日2~3時間程度にして、2~3日は肌の回復のために間隔をあけた方がいいと思います。

焼く場所とか時間とか肌質もあるので調整は任せますが、無理のないような間隔で日焼けするようにしてください。

 

自宅で日焼けするにはベランダがいい?

自宅で日焼けするときはベランダという方法もありますが、なかなかスペースをとれない人も多いんじゃないでしょうか。

でも、焼く場所がベランダくらいしかないし…、という人も多いと思うので、ここで

紫外線の反射を利用した日焼け

という事で、ちょっと試してもらいたい方法があります。

実は紫外線というのは反射します。

一番わかりやすいのは雪山で、

新雪だとなんと80%もの紫外線を反射させることもあるというんです。

他にもアスファルトや砂浜などでも反射は起こっているといいますが、その全体図があるのでこちらを見てください。

紫外線の反射と透過01

参照:環境省「紫外線環境保健マニュアル」<図1-14 紫外線の反射と透過>

https://www.env.go.jp/chemi/matsigaisen2015/full.pdf

 

これは環境省の紫外線マニュアルに載せられている図なんですが、これを見るとかなり来てますよね。

よく雪山でスキーをすると顔だけ黒く日焼けしますよね。

あれは太陽からの直接光と雪山からの反射、そして標高の高さと遮蔽物の少なさから、冬なのにあれだけ日焼けします。

これを家のベランダで焼くときにも応用するわけです。

そこで便利なのが「サンシェード」

普通は車の中に太陽光が入ってこないように反射るるためのものですが、これを利用しベランダで紫外線を反射させます。

ベランダで日焼けしようとすると陰になる部分も多くなるので、それをカバーするために使う感じですね。

もちろん窓から入ってくる太陽の光にも使えます。

日差しの角度や時間も考えながら使う必要がありますが、何もせずにそのまま焼くよりは浴びる紫外線量も多くなると思います。

スポンサードリンク

家で日焼けしたい時の場所や時間

家で日焼けしたいときは、場所や時間を考える必要がありますよね。

家で焼くときも効率よく焼きたいのならやっぱり紫外線量の多い時間帯の10~14時ごろが良いのですが、最初からその時間で日焼けすると人によってはかなりキツイ紫外線になります。

最初は段階的に焼いていくために、自分の肌の様子を見ながら朝や夕方の方がいいかもしれません。

また家で焼きたいと思っていても、庭もベランダもないし窓から太陽も入ってくる場所がない時はかなり難しいです。

日焼けも太陽に当たらないとなかなか難しいので、家にそういう場所がない場合は、公園やコンビニなどに歩いて向かう。

もしくは犬の散歩やランニングなどをよそおって日焼けをするのがいいでしょう。

ただ、こういった方法ですら難しい場合には

セルフタンニング

という方法もあります。

これは日光に当たらずタンニングローションを使って、日焼けしたように肌を黒くする方法です。

セルフタンニングについて知りたい方は、こちらのページを参考にしてください。

あとがき

家で日焼けする方法はどうすればいいのか。

自宅のベランダや場所と時間を考えた日焼けの仕方などまとめましたが、家ではやはり太陽の当たる場所が必要です。

マンションなどでどうしても難しい場合もあるので、みんなができるとは限りません。

やはり外に出て日焼けするのがいいですが、くれぐれも長時間粘って肌を傷めるような日焼けのしかたはやめてくださいね。

そんな日焼けの助けになるのが「サンオイル」

でも最近どこに売ってるか見たことありますか?

ちょっとその様子について別のページでまとめました。

 

今年は焼いてみようかなと思う人は、ぜひサンオイルを用意してしっかり準備してください。

スポンサードリンク

-紫外線・日焼け
-

Copyright© かしこさのタネ , 2018 All Rights Reserved.