今日1つ賢くなります!知って得するおすすめ情報

かしこさのタネ

紫外線・日焼け

セルフタンニングとはどんな仕組み?やり方や副作用の危険性は?

更新日:

セルフタンニングとは

日焼けして肌を黒くしたいんだけど、紫外線に当たりすぎたらシミが…。

日焼けしたいけど昼間焼く時間がないんだよな~。

っていうように、日焼けをして健康的な小麦肌を手に入れたい人も結構いると思うんですよね。

でも、やっぱり紫外線の影響が気になってそのままにしてる人も多いと思うんです。

そんな人にオススメなのがセルフタンニングという方法で、紫外線に当たらずに小麦肌を手に入れることができる方法なんですね。

でも、それっていったいどういう事なの?何かヤバいことあるんじゃないの?

と、心配な部分もあると思うんです。

そこで今回は、

セルフタンニングとはどんな仕組みなのか。

そのやり方や副作用の危険性なども含めてまとめました。

不安な部分をクリアにするために、一緒にセルフタンニングについてみていきましょう。

スポンサードリンク

セルフタンニングとは何なの?

色白でちょっと貧弱な感じだから、日焼けして少しでも黒くしたいと思う人も多いですよね。

そんな時にセルフタンニングという方法があります。

セルフ:自分で
タンニング:日焼けする

つまり自分で日焼けしたように黒くすることなんですが、それを簡単にできるローションなどが販売されているんですね。

例えば、セルフタンニングローションの中でも特に人気が高くておススメなのがこの「小麦肌」です。

まるで日焼け止めのようなのですが、ジェルを塗るだけでまるで日焼けをしたような小麦色になっていきます。

思いっきりおおざっぱな言い方をすれば「肌の塗装」です。

何でこんなセルフタンニングという方法ができて、そしてまた人気なのかというと、メリットがかなりあるからなんです。

そのメリットで一番だと言えるのが、

日焼けしなくても黒くなる

つまり、紫外線に当たらなくても小麦色の肌が手に入るという事なんですね。

セルフタンニングのメリット

日焼けするまで紫外線に当たるという事は、肌へのダメージも残ります。

となると、シミやシワなどもできる危険もありますよね。

また、日焼けしたら赤くなるだけで黒くならない人もいて

肌を黒くしたいのに日焼けすると赤くなるだけで痛いだけ!

といった悩みの人もいますよね。

日焼けするような時間が太陽の出ている時間に取れない人でも、自分の家で夜にもできるというメリットもあります。

肌へのダメージが大きくて日焼けへの抵抗があった人や、黒くしたくてもうまく日焼けできない人に人気なのがセルフタンニングというわけです。

スポンサードリンク

セルフタンニングのメリットは?

  • ジェルやローションを塗るだけで肌を黒くできる。
  • 紫外線に当たらないのでメラニン生成がなく、シミやシワの原因を作らない。日焼けしにくい人も簡単にできる。
  • 肌表面の角質層を染めるだけなので元の肌色に戻りやすい。
  • 夜でもできる。

とにかく最大のメリットは紫外線に当たらずに黒くできる事でしょう。

肌への紫外線ダメージを無くして黒くできるのは画期的だと思います。

 

セルフタンニングのデメリットは?

  • 背中など見えないところは一人で塗りにくい。
  • 塗りムラができる場合がある。
  • 理想の色にならない可能性がある。
  • 匂いが気になる場合がある。
  • 服に色がつく場合がある。
  • すぐ元に戻るので塗り直しが必要だったりメンドクサイ

メリットも多いですが、考えられるデメリットも多いです。

肌へのダメージは少ないというメリットがありますが、そのぶん手入れなどに時間がかかるという面でわずらわしさがあるかもしれません。

将来シミやシワになるのが嫌なので、多少面倒でも肌を黒くするためならセルフタンニングするといった人にオススメです。

スポンサードリンク

セルフタンニングの仕組みとやり方は?

さて、そんなセルフタンニングですが、いったいどんな仕組みで肌を黒くしていくんでしょう。

ただジェルを塗っていくだけとかだったら、お風呂に入ったら全部流れちゃうんじゃないの?

そんなふうに感じてしまいますが、その仕組みというのは、

タンニングジェルに含まれたジヒドロキシアセトン(DHA)という成分が、肌の角質部分のタンパク質と反応を起こします。

これによって小麦色の肌になるわけです。

だから色もずっと残っているわけではなくて、角質がはがれ落ちると元の肌の色に戻ります。

この期間がおよそ1~2週間くらいと言われていて、そこまで長い間黒くなっているわけではありません。

普通に日焼けすると数か月黒くなったままですが、セルフタンニングでは戻したいときは日焼けのようにずっと残るわけではないんですね。

 

セルフタンニングのやり方って?

セルフタンニング 仕組みセルフタンニングのやり方の大きな流れは、

  • タンニングジェルを塗る
  • 数時間待って乾かす

だからセルフタンニングのやり方といってもそんなに難しいことはありません。

こちらもすごくおおざっぱな言い方をすると「白髪染めみたいなイメージ」と考えればわかりやすいでしょうか。

細かいところでうまく使うコツとかありますが、上手なやり方については別のページでまとめてるので、やってみようかなと思う人は参考にしてください。

 

スポンサードリンク

セルフタンニングに副作用の危険性はないの?

セルフタンニングのジェルを塗って肌を黒くするという事なんですが、やっぱり心配になるのは副作用などの危険性ですよね。

肌が荒れたり何か問題が発生したりするんじゃないの?

って不安になりますよね。

このセルフタンニングに含まれる成分のジヒドロキシアセトン(DHA)という成分が、肌の角質部分のタンパク質と反応を起こして黒くする。

という事なんですが、ジヒドロキシアセトンって何なのか?

ちょっと調べてみました。

ジヒドロキシアセトンって何?

この成分は主に、サトウキビやサトウダイコンから精製することのできる天然成分です。

セルフタンニングローションは商品に独特の甘い香りがあるんですが、それはこの成分からきているようなんですね。

このDHAは『アメリカ食品医薬品局』から化粧品用の成分として認可されていて、天然成分なので無毒です。

メーカーからの説明でもこういった事が書かれていて、成分自体で何か副作用が起こるという危険性はないようです。

 

セルフタンニングの口コミであった副作用

成分的には副作用の危険は無いようですが、実際に使った人の口コミを見ると、少数意見で「かゆみがあった」という声もありました。

ただ、ほとんどそういう意見は見られなかったので、これを副作用というかどうかは難しいですよね。

どんな商品でも肌に合わないというのは少なからずありますし、パッチテストをして確認するのも必要です。

白髪染めとかでも肌に合うかどうかパッチテストで確認しますし、セルフタンニングでもそういう最低限の確認は必要だと思います。

だから副作用の危険というほど重大な被害を受けている人は見られないので、そこは安心できると思います。

 

あとがき

セルフタンニングとはどんな仕組みなのか。

そのやり方や副作用の危険性なども含めてまとめましたがいかがでしたか。

セルフタンニングのメリットは、なんといっても紫外線の影響を受けずに肌を黒くすることができる事です。

小麦色に日焼けをするにはかなり紫外線を浴びる必要がありますが、大量に浴びてしまうとシミやシワ、細胞の破壊などいろんな心配がありますよね。

その不安がある人には、セルフタンニングは肌を黒くする一つの選択肢として知っておくと幅が広がります。

もし興味があって、どんな商品が人気でオススメなのか見ておきたい人はこちらのページを参考にしてください。

参考ページ

セルフタンニングのおすすめローションは?口コミでも人気の商品は?

 

スポンサードリンク

-紫外線・日焼け
-

Copyright© かしこさのタネ , 2018 All Rights Reserved.