今日1つ賢くなります!知って得するおすすめ情報

かしこさのタネ

紫外線・日焼け

日焼けで寒気や頭痛が出ることってある?原因や熱中症との関係は?

投稿日:

日焼け 寒気

いっぱい日焼けして家に帰ってきたら、もうグッタリ…。

夏の暑い日差しの下で動いてるとそんなこともありますよね。

家に帰ってゆっくりしてると、なにか寒気や頭痛がしてきたり吐き気があったりすることも。

ちょっと調子悪いなあ

と、ちょっと心配になってしまうことがあります。

また日焼けして熱が出たりすることも!

では、どうして日焼けして寒気や頭痛があらわれるのか。

また寒気や頭痛の原因や熱中症との関係、その後の対処法などまとめました。

スポンサードリンク

日焼けで寒気や頭痛が出ることってあるの?

日焼けも長時間にわたって紫外線を浴びていると、非常に肌が真っ赤になってヒリヒリした痛みがでたりします。

実は日焼けは火傷と同じ扱いをされていて、Ⅰ度の熱傷となっています。

日焼けは「日光皮膚炎」という名前もついていて、実は火傷なんです。

そんな日焼けもひどい場合には熱が出る可能性があると考えられています。

体が火照ったように熱くなって行くのですが、これが重度の日焼けとなると、

水ぶくれ、寒気、脱力、発熱

といったような症状が起こる可能性も指摘されています。

日焼けした後って、なんか力が抜けてぐったりしてしまったり体が熱くなったりしまうよね。

そんな日焼けしたときは、もう早く寝てしまいたくなるように疲れてしまいます。

でも、この日焼けの火照りや炎症を抑えるために、家に帰ったらしっかりと冷やす事が必要なんですね。

またひどい日焼けの症状が現れるほど野外で活動していたという事は、熱中症の可能性が十分考えられるんです。

 

日焼けと熱中症の関係

熱中症 日焼け

この寒気や頭痛は、すぐに症状として出る場合もあれば、数時間たって家に帰ってからのこともあります。

熱が出るのも急激に日焼けすることによって、体の体温調節機能がうまく働かなくなってしまったことも大きいようです。

そして、この日焼けとよくかかわりがあるのが熱中症です。

実は熱中症で発熱するという事はかなりあります。

熱中症の症状といえば「めまいやふらつき」といったことが頭に浮かびますが、、もっとひどくなると「頭痛や吐き気」さらには「意識を失う」といった重い症状まであります。

その熱中症の症状の中で「熱が出る」こともよく挙がってきます。

実は熱中症の症状には「発熱」があり、ひどくなると40℃を超える高熱(熱射病)まで重症化する可能性もあります。

私も熱中症にかかったことがありますが、その症状は「頭痛、軽い吐き気と下痢」というものでした。

発熱に関しては37℃弱だったので、そこまで体温は上がっていなかったですけどね。

とは言え、平熱に比べると高くなっているので体の中に熱がこもっていたことがわかりますね。

特に夏場は、寒気や頭痛も熱中症による体の不調から来ることが多いんですね。

夏場の日焼けによる体の不調は、熱中症を疑うことをはじめにした方がいいかもしれません。

 

日焼けで寒気や吐き気はかなり重症?

日焼けは火傷に分類されるという話でしたが、火傷でも広範囲にわたるとまれに寒気が起こるようです。

また、熱中症でも発熱や寒気、頭痛といった症状が出る場合があります。

熱中症は「体に熱がこもっている状態」ですが、それなのに寒気がするというのはかなり症状も進んでいると思います。

環境省の熱中症マニュアルでは、その熱中症の度合いを分かりやすく表にまとめてくれています。

熱中症分類

環境省:熱中症健康保険マニュアル参照
http://www.wbgt.env.go.jp/pdf/envman/full.pdf

 

Ⅱ度の「頭痛・吐き気・嘔吐・倦怠感・虚脱感」となってくるとけっこう危険な状態だと感じます。

このⅡ度の症状は『病院への搬送を必要とする中等症』と言われるほどなので、寒気や頭痛、吐き気がするなら迷わず病院受診しましょう。

スポンサードリンク

日焼けと寒気や頭痛の対処は?

発熱があった時は、日焼けでも熱中症でも初期対応は同じで、

  • 体を冷やす
  • 水分補給する
  • 日陰で休む

とにかくこれが大切。

火照った体を冷やして、とにかく体温を下げるようにしないといけません。

 

2.熱中症になったら体を冷やす

熱中症は体に熱がこもった状態なのでその熱を放出するためには、体を冷やすことが大切です。

そこで、まずは衣服を緩めて通気性をよくしましょう。

 

うちわや扇風機とかで風を起こすとなお良いと思うので、涼しい空気をからだ全体で感じれるように風を通してくださいね。

場合によっては素肌に水をかけたり、冷やしたタオルを当てたりすることも有効です。

体を冷やすには濡らしたタオルや氷嚢などを首回りや脇下、足の付根に当てて冷やすことが効果的です。

熱中症冷却このようにすると血流が多い所を効果的に冷やすことができるので、覚えておきたいポイントですね。

また、しっかりと水分補給して、失った水分を取り戻しましょう。

この時汗と一緒に塩分も出ていってるので、スポーツドリンクのような塩分を含んだ飲み物が最適です。

そしてとにかく休憩すること。

発熱のある状態で無理して外で活動する意味なんてありません。

こまめに日陰に入って休憩するなりしないと、ひどければ何日も続くことになります。

私も熱中症にかかったことがありますが、その時は「頭痛、軽い吐き気と下痢」といった症状がありました。

ですので、私の時は「中等症のⅡ度」でした。

日焼け後に発熱や寒気、頭痛や吐き気などがある場合は、熱中症の危険も合わせて処置していきましょう。

この熱中症の発熱についてはこちらのページでまとめてます。

参考ページ

熱中症で熱が出る?体温が下がらず続くワケと解熱剤の対処法は?

 

飲んでも意味のない解熱剤のことなどもあるので、ぜひこちらも参考にしてください。

また、これはヤバい!と思ったら迷わず救急車を呼ぶなどしてください。

スポンサードリンク

あとがき

日焼けで寒気や頭痛が出ることはあるのか。

また寒気や頭痛の原因や熱中症との関係。

そしてそのあとの対処法などまとめましたがいかがでしたか。

日焼け後の寒気や頭痛は熱中症と絡んでいることが多いです。

日焼けで皮膚の表面が火傷状態になっていて、それが熱を持って体が熱いと感じることもありますが、外で活動していたというのが大きな原因でしょう。

やっぱり汗もかくし日に当たってるだけでも疲れます。

野外では、こまめな休憩や水分補給を忘れずに体をいたわりながら活動してくださいね。

スポンサードリンク

-紫外線・日焼け
-,

Copyright© かしこさのタネ , 2018 All Rights Reserved.