今日1つ賢くなります!知って得するおすすめ情報

かしこさのタネ

父の日

父の日の由来や意味は?日本とアメリカ、他の世界で起源など違う?

更新日:

父の日 由来

父の日は毎年6月にありますが、母の日が終わっちゃうとどうしても忘れてしまいますよね。

毎年母の日にはプレゼントしてるけど、父の日には何もしていないという人も多いと思います。

でもやっぱり、お父さんにも感謝の気持ちを伝えてあげたいですよね。

 

そんな父の日っていったいどうして生まれたのか?

 

その父の日の由来や意味について歴史をたどっていくと、最初にそのキッカケが生まれたのはアメリカの父親思いの娘から始まったんです。

母の日の由来とも似ていますが、やっぱり子供からお父さんへの愛情がキッカケだったんですね。

そこで今回は、

父の日の由来や意味とは何なのか。

また日本やアメリカの父の日の共通点や違いと、他の世界の国々の日付などまとめました。

スポンサードリンク

父の日の由来や意味は?

毎年6月の第3日曜日は父の日となっていますが、皆さん覚えてました?

母の日はなんとなく覚えているしプレゼントもよくするけど、父の日はどうしても覚えていなかったり何もしないことが多いですよね。

そんな父の日にはどんな由来があって誕生したのか。

これもなかなか知っている人は少ないと思います。

 

でも父の日発祥にもしっかりとした理由があるんです。

そんな父の日の由来を見ていくには、今からおよそ100年ほど前までさかのぼることになります。

 

父の日と母の日の由来の関係

父の日 日本

まず、父の日より先に母の日ができました。

日本の母の日の元となっているのはアメリカ由来のものなんですが、その母の日は1914年にアメリカの記念日になり祝日となりました。

ただ、母の日がアメリカの記念日となるまでにはいろんな出来事があったんです。

その母の日のキッカケは、1861年~1865年にかけてアメリカの内戦である南北戦争中にアン・ジャービスという女性が起こした

「母の仕事の日」

と呼ばれる

敵味方問わず、負傷した人の介護や衛生状態を改善するための活動

ここから始まったのですね。

この活動を参考に、南北戦争が終わってから1870年に「ジュリア・ウォード・ハウ」という女性が戦争へ夫や子ども送ることに反対し、

「母の日宣言」(Mother's Day Proclamation)

と呼ばれる運動を起こしましたが、広く普及することはなかったと言われています。

 

そして「母の仕事の日」の活動を起こしたアン・ジャービスが亡くなった2年後の「1907年5月12日」に娘のアンナ・ジャービスが、亡き母親を偲び教会での記念会で

白いカーネーションを贈った

とされています。

これがアメリカや日本での母の日の由来なんですね。

 

この行動が徐々に広がりを見せ1908年の5月10日には、この日をみんなで祝ったとされていて、この日が

5月の第2日曜日

という特別な日だったと言われています。

 

それが次第に国にも認められ1914年には正式に「母の日」として、アメリカの記念日となり祝日へと制定されました。

母の日の由来や意味など、もっと詳しく知りたい方は別のページで詳しくまとめています。

参考ページ

母の日の起源や発祥の国とは?由来や意味、日本で定着した歴史は?

 

こちらの記事でより深く母の日の歴史を知ることができるので、ぜひこちらも読んでみてください。

スポンサードリンク

父の日の発祥のキッカケ

実はその間にワシントン州のソノラ・スマート・ドッドという女性が

「母の日」があるなら「父の日」でお父さんにも感謝しよう!

このよう訴えかけて、教会で父親に感謝を捧げる礼拝をしてもらったことがキッカケとなったようです。

これが1909年の話ですね

 

実は、ソノラは16歳の時に母親を亡くし、お父さんが男手ひとつで6人の子を育ててくれたんです。

だから、お父さんを人一倍尊敬していたんですね。

 

そしてソノラのお父さんが6月生まれだったので、教会で父親に感謝をささげる礼拝をおこなったのが

1909年6月19日(日曜日)

この日が6月第3日曜日だったので、これが由来となって今の父の日の日付とつながっているのです。

 

そしてその翌年1910年6月19日に、父の日の最初の祝典が開催されました。

父の日もまずは純粋に「お父さんに感謝したい」という意味から誕生した日だったわけですね。

 

父の日制定までの時間

父の日 アメリカ

そんなソノラのこの活動は1909年の話なんですが、アメリカで正式に国の記念日として制定されたのは、1972年までかかります。

ここまで期間が63年もあるのですが、実はすぐにアメリカ全土まで広がっていかなかったようです。

母の日と並び父の日も素晴らしい考えの日ではありますが、アメリカでの正式な記念日になるには時間がかかったようです。

その流れを簡単に年号とともに追っていくと、次のようになっています。

 

父の日制定までの年号の流れ

1909年:ソノラが父の日を嘆願

1910年:父の日の最初の祝典が開催

1916年:父の日の祝典でウッドロー・ウィルソン大統領が演説を行い広く知れ渡る。

1926年:「ナショナルファーザーズ・デイコミッティ」がニューヨークで組織される

1966年:リンドン・ジョンソン大統領が父の日を称賛する大統領告示を発し、6月第3日曜日を父の日に定める。

 

ここでようやく父の日を定めるようになりましたが、まだ正式にアメリカの記念日とはなっていないようですね。

 

1972年:リチャード・ニクソン大統領によって、6月第3日曜日を「父の日」として制定し、国民の休日とする。

 

ここでようやく、父の日はアメリカの正式な記念日となりました。

ですので、アメリカで制定するまでにかなりの時間がかかったのですね。

スポンサードリンク

父の日の日本とアメリカの由来や意味

父の日 意味

アメリカの父の日の由来や、1972年に記念日として制定された流れなどを見てきましたが、日本の父の日の由来はどうだったのでしょうか。

日本で父の日が広まり始めたのは、戦後の1950年ごろからと言われていています。

日本での母の日が定着し始めたのが1949年と言われているので、その頃にようやく父の日という日もあると言われ始めた程度だったんですね。

そして、父の日が日本で広く知れ渡ったのは1980年代と言われています。

 

アメリカでは1972年に正式な記念日となったので、それを後から追うような形で日本でも父の日が定着し始めたようですね。

そんな父の日が日本で広がった理由には、デパートや百貨店が強くかかわっていると言われています。

 

母の日のプレゼントと同じく、父の日でもプレゼントを買ってもらって売り上げを伸ばそうということで浸透していったわけですね。

純粋に「お父さんに感謝しよう!」という意味もあるとは思いますが、こういった経済的な面での思惑はどうしても絡んでくるようです。

このように日本の父の日は、アメリカから来たものがそのまま由来となっているのですね。

 

日本の父の日とアメリカとの違いや花の意味

まず母の日というと真っ先に思い浮かぶのが、

赤いカーネーション

これは母の日の由来の

亡き母に贈った白いカーネーション

ここからきており、この白いカーネーションの意味は、

尊敬・亡き母を偲ぶ

このような意味になっています。

 

白いカーネーションは亡くなったお母さんに渡すお花なので、通常では赤いカーネーションを渡すようになりました。

赤いカーネーションは、

母への愛・愛を信じる

このような意味になっています。

 

その一方で父に日にもシンボルフラワーというのがあるのですが、それが

バラの花

父の日のキッカケともなったドット夫人は、父のお墓の前に白いバラを供えたことからバラの花となったわけです。

 

父の日バラ

1910年に教会で父の日の最初の祝典が行われましたが、この時に贈られたバラの花も、

  • 亡くなった父親には「白いバラ」
  • 存命の父親には「赤いバラ」

このように分けて贈られたとされています。

これは母の日の時と同じような形なんですね。

母の日にカーネーションが贈られた理由や、赤色白色の意味などをもっと詳しく知りたい人はこちらのページも読んでみてください。

参考ページ

母の日がカーネーションなのはなぜ?その由来や色の意味は?白色赤色

 

でも日本で父の日にバラを贈るという風習はありませんでした。

そんな中、1981年に日本メンズファッション協会が

「日本ファーザーズ・デイ委員会」

というものを立ち上げ、さらに

「父の日黄色いリボンキャンペーン」

といったイベントを展開し、父の日には黄色いバラやリボンが巻かれたプレゼントが贈られるようになったんですね。

そして「ベスト・ファーザー イエローリボン賞」といったイベントも開催されるようになりました。

スポンサードリンク

日本の父の日と黄色の意味

父の日ヒマワリ

このような流れがあって、日本では父の日と言えば「黄色のもの」をイメージするような風習が根付いてきています。

どうして黄色のバラの花やリボンなどがイメージされるのかというと、もとはイギリスにあります。

イギリスでの黄色の意味が「身を守る」とされていて、それがアメリカに渡った時には「最愛の人の無事を祈るシンボル」と定着したのです。

特にイエローリボンといったものは、戦争に送られた愛する人の無事を祈るシンボルとなったのですね。

その黄色の意味とかけて、日本の父の日では「ベスト・ファーザー イエローリボン賞」といったようなイベントも生まれました。

父の日には黄色のプレゼントするのもいいかもしれませんね。

 

その父の日にはバラを渡すというのが定番なのですが、なかなかお花を渡すという習慣がないと思います。

もしもお花を渡すというのであればバラもいいですが、実は「ヒマワリ」も人気となっているのですね。

ヒマワリは黄色なので、父の日のイメージカラーとも合うことからよく選ばれるようです。

 

そんな父の日のプレゼントでお花を渡してみたいと思う人は、ヒマワリも含めどんなお花がいいのか悩むかもしれません。

その父の日プレゼントのお花で、人気やおすすめのものを別のページでまとめました。

参考ページ

父の日の花といえば何?ひまわりが人気のワケや折り紙の花の作り方

 

父の日のお花のプレゼントと、小さな子供でも作れる手作りの花の折り方なども一緒に紹介しているので、ぜひこちらも参考にしてください。

スポンサードリンク

父の日の他の世界の由来や起源などの様子は?

この日本の父の日の由来はアメリカにありますが、他の世界の国々で父の日はどうなっているのか気になりますよね。

そんな父の日は他の世界の国々でも存在し、独自の由来や意味を持っているようです。

また、日付も日本とアメリカのように6月第3日曜日といったものではなく、8月にあったり12月にあったりなど様々です。

例えば台湾の父の日は8月8日なのですが、これは「パパ」と「八八」の中国語の発音が似ていることに由来しています。

父親節というようですね。

だから日本のように日曜日固定ではなく、日付で固定されています。

台湾ではお父さんを交えて家族全員で食事をしたりしながら過ごすのが、父の日のスタイルとして多いようです。

そんな世界の父の日の日にちはバラバラですが、どのような感じになっているのかまとめてみました。

 

世界の父の日の日にち

2月23日

ロシア

3月19日

ボリビア、イタリア、ポルトガル、スペイン、クロアチアなど

5月第2日曜日

ルーマニア

6月第1日曜日

スイス、リトアニア

6月第2日曜日

オーストリア、ベルギー

6月第3日曜日

日本、中国、アメリカ合衆国、インド、イギリス、カナダ、フランス、トルコ、南アフリカ共和国、シンガポール、メキシコ、オランダ、ギリシャ、アルゼンチン、キューバなど

7月最終日曜日

ドミニカ共和国

9月第1日曜日

オーストラリア、ニュージーランド

11月第2日曜日

フィンランド、ノルウェー、アイスランド、スウェーデン

12月5日

タイ

これらは父の日の一部ですが、何月何日なのかそれぞれの国でだいぶ違いますよね。

スポンサードリンク

あとがき

父の日の由来や意味とは何なのか。

また日本やアメリカの父の日の共通点や違いと、他の世界の国々の日付など見てきましたがいかがでしたか。

父の日の由来の中にも歴史の流れがあって、日本で定着してからそこまで年数もたっていないのですね。

また、世界の父の日も日にちが共通の国もありますが、全体的にみるとだいぶ違いがみられて面白いですね。

 

そんな日本の父の日は少し影が薄く忘れられがちですが、こういった機会がないとなかなかお父さんに感謝の気持ちを伝えることも少ないと思います。

お父さんもみんなのために一生懸命働いてくれていると思うので、毎年忘れている人もたまにはお父さんに感謝の気持ちを伝えてはどうでしょうか。

でも、父の日に何をプレゼントしよう?

というように悩んでしまいますよね。

もし今年の父の日プレゼント選びで迷ったら、こちらの記事も読んでみて下さい。

参考ページ

父の日のプレゼントは何がいい?人気のおすすめプレゼント!

 

父の日のプレゼントで人気のものをいくつかピックアップしてあるので、何かと参考になると思いますよ。

 

スポンサードリンク

-父の日
-

Copyright© かしこさのタネ , 2018 All Rights Reserved.