今日1つ賢くなります!知って得するおすすめ情報

かしこさのタネ

父の日

父の日の花といえば何?ひまわりが人気のワケや折り紙の花の作り方

更新日:

父の日ヒマワリ

父の日にはプレゼントを贈ろうとされる方も多いと思いますが、

父の日に花をプレゼントする。

というのは、あまりイメージにないかもしれません。

男性は花をもらっても女性ほど喜んでくれない感じがしますよね。

 

ただ「父の日を覚えて感謝の気持ちをくれるだけでもうれしい」といった意見が多いので、お花のプレゼントも喜ばれると思います。

でも、父の日って何の花を渡せばいいんだろ?

こんな悩みが出てきますが、実は父の日にも定番の花があるんですね。

 

そこで今回は、

父の日の花といえば何なのか。

また、父の日に人気の花がヒマワリのワケや、父の日のプレゼントにもできる折り紙の花の作り方

そしてそのアレンジなどまとめました。

スポンサードリンク

父の日の花といえば何?

父の日のプレゼントというとお父さんなので仕事の時に使うようなネクタイやポロシャツ、ベルトなどがすぐ思い浮かびます。

他には食べ物や飲み物で、お酒が好きなお父さんなら日本酒やビール、ワインなどがありますね。

食べ物はそのおつまみでもいいし、お菓子などもいいですし外食に誘うという手もあります。

でも、あまり思い浮かばないですが、お花というプレゼントもあります。

 

母の日にはカーネーションという絶対的な定番のお花がありますが、父の日には何か花というのはないのでしょうか?

 

あまり父の日にお花を渡そうと思う人は少ないかもしれませんが、実は父の日にも定番の花があり、それは

バラの花

でも、父の日の花が何でバラなのか不思議に思うかもしれません。

実はここには父の日ができた由来をさかのぼっていくと、何でバラの花が出てくるのかがわかってきます。

ちょっと父の日の由来について簡単に触れていきますね。

 

父の日の由来とバラの花

父の日 いつアメリカでは、まず父の日より先に母の日ができました。

その母の日は1914年にアメリカの記念日になり祝日となりました。

そうした中で、ワシントン州のソノラ・スマート・ドッドという女性が

「母の日」があるなら「父の日」でお父さんにも感謝しよう!

このよう訴えかけて、教会で父親に感謝を捧げる礼拝をしてもらったことがキッカケとなったようです。

 

そのとき父のお墓の前に白いバラを供えたことから、父の日にはバラの花を渡すとなったわけです。

 

1910年に教会で父の日の最初の祝典が行われましたが、この時に贈られたバラの花も、

  • 亡くなった父親には「白いバラ」
  • 存命の父親には「赤いバラ」

このように分けて贈られたとされています。

これは母の日の時と同じような形なんですね。

 

母の日にカーネーションが贈られた理由や、赤色白色の意味などをもっと詳しく知りたい人はこちらのページも読んでみてください。

参考ページ

母の日がカーネーションなのはなぜ?その由来や色の意味は?白色赤色

 

父の日の由来や日付については、こちらも別の記事でもっと詳しくまとめています。

参考ページ

父の日の由来や意味は?日本とアメリカ、他の世界で起源など違う?

 

こちらの記事でより深く父の日の歴史を知ることができるので、ぜひこちらも読んでみてください。

簡単にですがこういう父の日の由来もあって、バラの花を手渡すといった習慣もあるのです。

スポンサードリンク

父の日の花にひまわりが人気?

でも日本で父の日にバラを贈るという風習はありませんでした。

なかなか父の日にお花を渡すというのも何だか合わない、と感じる人も多いと思います。

やはり男性はお花をもらって喜んでくれるというのは少ないと思いますし、

お父さんがもらって嬉しい物

というアンケートも多くとられていますが、その中にもなかなか入ってきません。

どちらかというと、手紙やメッセージの感謝の言葉や食べもの関係、趣味のものをもらう方が嬉しいと感じるお父さんの方が多いです。

そんな父の日父の日にもらって嬉しいものや、欲しい物ランキングを別のページでまとめています。

参考ページ

父の日の予算や相場は?もらって嬉しいものと欲しいものランキング

 

プレゼントに悩んだらこちらもどうぞ。

父の日 もらって嬉しいもの

そんな中、1981年に日本メンズファッション協会が

「日本ファーザーズ・デイ委員会」

というものを立ち上げ、さらに

「父の日黄色いリボンキャンペーン」

といったイベントを展開し、父の日には黄色いバラやリボンが巻かれたプレゼントが贈られるようになったんですね。

そして「ベスト・ファーザー イエローリボン賞」といったイベントも開催されるようになりました。

 

そこで注目されたのが、この黄色という色です。

黄色で思い浮かぶ花といえば、真っ先に出るのはヒマワリではないでしょうか

そこで父の日としてヒマワリの花が人気となったわけです。

でも、どうして黄色なのかというと、そこには深いワケがありました。

 

日本の父の日と黄色の意味

母の日 やめたいこのような流れがあって、日本では父の日と言えば「黄色のもの」をイメージするような風習が少しずつ根付いてきています。

どうしてお父さんと黄色のバラやヒマワリ、リボンなどがイメージされるのかというと、その元はイギリスにあります。

イギリスでの黄色の意味が「身を守る」とされていて、それがアメリカに渡った時には「最愛の人の無事を祈るシンボル」と定着したのです。

特にイエローリボンといったものは、戦争に送られた愛する人の無事を祈るシンボルとなったのですね。

 

その黄色の意味とかけて、日本の父の日では「ベスト・ファーザー イエローリボン賞」といったようなイベントも生まれました。

そういった黄色のイメージが強いヒマワリは、父の日の花の贈り物としても人気が出てきていて、ヒマワリの花言葉にも

「崇拝」「憧れ」「敬慕」

まさに父の日にピッタリの意味を持つお花なんですね。

 

父の日にヒマワリの花以外に何がある?

さて、父の日にお花をプレゼントするのであれば、このヒマワリや黄色のバラといった花が人気となっています。

やはり父の日は黄色のお花でまとめていくと良い感じがしますね。

でも、それ以外にも父の日で人気になっているお花もあるので、その花言葉とともにいくつかピックアップしたいと思います。

 

父の日の花:バラ

父の日バラ

愛する人に贈るイメージの強いバラですが、母の日にも人気でよく選ばれています。

父の日では黄色のバラを贈ることが多くなると思います。

バラ全般の花言葉

「愛」「美」

黄色いバラ

「友情」「平和」「愛の告白」

 

父の日の花:ヒマワリ

父の日ヒマワリ

ヒマワリは親しみやすいお花なので父の日にも選びやすいと思います。

ヒマワリというとヒマワリ畑にいっぱい!といったイメージがありますね。、

和名の「向日葵(ヒマワリ)」は、花が太陽の方向を追うように動くということからつけられたようです。

ヒマワリの花言葉

「崇拝」「憧れ」「敬慕」

 

父の日の花:ガーベラ

父の日ガーベラ

派手ではないけれど親しみのあるお花のガーベラ。

ガーベラは母の日にも人気で、フラワーアレンジメントにもよく使われています。

黄色のガーベラも「親しみやすい」「優しさ、暖かさ」などの花言葉があるので、父の日にも合うと思います。

オレンジ色もいいですね。

ガーベラ全般の花言葉

「希望」「常に前進」「元気」「美しい」

黄色のガーベラの花言葉

「究極美」「親しみやすい」「優しさ、暖かさ」「日光」

オレンジ色のガーベラの花言葉

「我慢強さ」「あなたは私の輝く太陽」「忍耐」

 

父の日の花:ユリ

父の日ユリ

存在感があってしっかりとしたユリの花は、一輪あるだけでも目立ちます。

香りが好きな人には合うと思います。

そんなユリには「純粋」「無垢」の花言葉の意味があります。

黄色のユリの花言葉

「陽気」「偽り」

 

父の日の花:チューリップ

父の日チューリップ

ふんわりと優しい雰囲気のチューリップのお花ですね。

こちらの花も親しみがありますし存在感もありますね。

チューリップ全般の花言葉は「思いやり」にもなっていて、父の日にピッタリです。

チューリップ全般の花言葉

「思いやり」

黄色のチューリップの花言葉

「望みのない恋」「名声」「明るさ」

 

もし父の日にお花を贈るのならこういった花が人気ですので、ぜひ参考にしてください。

いろいろ合わせて、お花屋さんでアレンジしてもらうのもいいと思います。

スポンサードリンク

父の日の花の折り紙の作り方

父の日にお花を贈るプレゼントもいいですが、小さな子供たちだったら

自分たちでお花を折り紙で作る

といったこともできます。

 

お父さんがもらって嬉しいもの

その中にも、こういった「手作りの贈り物」という声もたくさんあって、

  • 感謝の手紙やメッセージ
  • 父の日の絵
  • 肩たたき券

などは単純に感謝の気持ちを感じることができるので、嬉しい贈り物となりそうですね。

そこで折り紙を使った花の折り方にもいろいろ作り方があると思います。

 

そんな、

「父の日の花の折り紙の作り方」

といったものを、いくつかピックアップしてみました。

 

父の日の花の折り紙の作り方:バラ

すごくきれいに出来上がるバラの花です。

小さな子供でもできるとありますが、細かい部分はちょっとしんどいかもしれないのでお母さんが手伝ってあげれるとうまくいくと思います。

 

父の日の花の折り紙の作り方:ひまわり

花びらに黄色い紙を4枚と、中心に茶色の紙1枚で折っていきます

中心の茶色の部分はメッセージが書けるようにあけられています。

4枚の花弁を重ね合わせた力作ですね。

 

父の日の花の折り紙の作り方:チューリップ

このチューリップの花の折り方が一番簡単かもしれませんね。

これだと小さな子供でも作りやすいと思います。

いっぱい作るとにぎやかに見えるので、たくさん作ってみてもいいと思います。

 

父の日の花の折り紙の作り方:ポップアップカード

もしよかったら、こういった折り紙で作ったお花を

ポップアップカード

という形にしてみましょう。

父の日に贈る ポップアップカードの作り方

用意した紙を重ねて、一方に切れ込みと折り目を入れるだけで簡単にできますね。

ここに折り紙で作ったバラやヒマワリ、チューリップの花をフラワーアレジメントして貼り付けていくんです。

そして動画にもあるように、ちょっとメッセージを書き込めば完璧ですね!

スポンサードリンク

あとがき

父の日の花といえば何なのか。

また、父の日に人気の花がヒマワリのワケや、父の日のプレゼントにもできる折り紙の花の作り方。

そしてそのアレンジなどまとめましたがいかがでしたか。

父の日に花というのは大きいイメージはないですが、黄色をメインとした花を渡すというプレゼントも選択肢に入れておくといいと思います。

 

そんな父の日で、もし

今年は何のプレゼントしてあげようかな?

と考えているなら、こちらの記事も読んでみて下さい。

 

花以外で父の日のプレゼントで人気のものをいくつかピックアップしてあるので、何かと参考になると思います。

 

スポンサードリンク

-父の日
-

Copyright© かしこさのタネ , 2018 All Rights Reserved.