今日1つ賢くなります!知って得するおすすめ情報

かしこさのタネ

なぜ蚊に刺されるとかゆいの?かゆみの原因や続く時間やぶり返すワケ

更新日:

蚊 かゆい なぜ

蚊に刺されるとなぜかゆみが発生するのか。

朝起きて腕や足がかゆい時ってよくありますよね。

そんな朝から憂鬱になってしまう蚊のかゆみって、いったい原因は何なんでしょう。

 

また蚊に刺されて非常に強いかゆみが襲ってきたり、いつまでも長い時間続くかゆみがあったりします。

どうして同じ蚊のかゆみでこんなに違うのか?

そこで今回は「蚊のかゆみ」について触れていこうと思います。

なぜ蚊に刺されるとかゆいのか。

そのかゆみ原因や強さの違い。

そして蚊のかゆみが続く時間はどのくらいなのか、かゆみがぶり返す理由などまとめたので、ぜひ最後までご覧ください。

スポンサードリンク

なぜ蚊に刺されるとかゆいの?

なぜ蚊に刺されるとかゆい

なぜ蚊に刺されるとかゆいのか。

その原因は、蚊が血を吸う時に血液が固まらない成分を含んだ唾液を注入しているからです。

そして刺したことを私たちに気づかせないため、局所麻酔の作用がある成分を注入しているからなんですね。

蚊に刺されても気づかず、そして蚊に刺された後にかゆいと気づくわけですが、実はこれはアレルギー反応の一種だと考えられています。

それは「即時型アレルギー」「遅延型アレルギー」という形でかゆみの感じ方も変わるようなんです。

 

即時型アレルギー

蚊 かゆみ 時間

蚊が刺した時に蚊から送られる唾液を異物と感じ取って、その防御反応でヒスタミンを言う物質が作られます。

蚊に刺されて腫れる原因は、この反応で血管が広がり血漿成分が出たりするためです。

そしてヒスタミンがかゆみ神経を刺激し、かゆみを感じることにつながっていきます。

 

この即時型アレルギーという名前の通り、このかゆみはすぐに表れます。

蚊に刺されてから気づいたらかゆみが感じられるのは、この即時型アレルギーの反応のためなんですね。

花粉症とかでも目のかゆみとかが激しくなりますが、これもアレルギー反応で花粉から身を守るための防衛反応としてヒスタミンが出ています。

花粉症の薬でも「抗ヒスタミン成分配合」とかよく聞きますよね。

蚊のかゆみも原因としては同じような感じです。

 

遅延型アレルギー

蚊 かゆみ 強い蚊のかゆみがいつまでも続くことがあります。

これは遅延型アレルギー反応で、刺された場所に白血球などの「炎症細胞」が集まり「炎症物質」が出ます。

その炎症物質が血管を拡げるので蚊に刺された場所が赤く腫れ、そしてかゆみ神経を刺激するためいつまでもかゆみが続くんです。

蚊に刺されたかゆみが長引いたりぶり返すのは、この遅延型アレルギーが原因だと考えられます。

スポンサードリンク

蚊のかゆみの原因やかゆみが強い種類は?

なぜ蚊に刺されると痒くなるのか、その原因は蚊の唾液に反応してヒスタミンなどの物質が出たり、血管が広がったり炎症を起こしたりすることで痒くなるわけです。

ただ、かゆみも蚊の種類によって強さが違う時ってありますよね。

いつまでたってもかゆみが収まらないというか、すごく強いかゆみが襲ってくることがあります。

蚊の種類も大きく分けると、イエカとヤブカにわかれますが、どちらかというとヤブカの方がかゆみが強くないでしょうか。

ヤブカの血の吸い方ってかなり激しいですよね。

蚊 かゆみ 原因

一度血を吸うと、手を振っているのに離れず最後まで血を吸おうとします。

コチラが動いていてもお構いなしで襲ってくるのでかなり厄介ですよね。

 

イエカの場合はよく物陰とかに逃げようとします。

蚊 かゆみ 時間

蚊に刺された時のかゆみの強さも、人によって感じ方も違ったりするようです。

年齢を重ねると蚊に刺されることも多くなるので、先ほどのアレルギー反応でも即時型で終わる場合も多く、かゆみも長く続かなくなります。

でも、乳幼児など小さなころは遅延型アレルギー反応でかゆみも長く続くことが多いようですね。

自分が子供の頃はそんなに長く続いていたのか覚えていないですが、やはり長くかゆみが続くとかゆみが強いと感じてしまうでしょうね。

 

蚊に刺された箇所でもかゆみの強さが違う

蚊に刺された場所でもかゆみの強さが違うと感じることはないですか。

特に手の指部分とか刺されると、本当にかゆくてたまりません。

手の指のように神経が敏感なところでは、かゆみも強く表れる傾向があるんじゃないでしょうか。

まあどこを刺されてもかゆいのは変わりないですけどね。

スポンサードリンク

蚊のかゆみが続く時間はどのくらい?

蚊のかゆみが続く時間はいつまでなのか。

いつまで我慢すればいいのか気になる人も多いと思いますが、これも先ほどのアレルギー反応の現れ方が大きくかかわっているようです。

 

先ほど少し触れたように、蚊に刺された回数が多いと反応が鈍くなるということがあります。

これは減感作(げんかんさ)とも呼ばれ、花粉症の治療などで「舌下免疫(減感作)療法」と言う治療法もあったりします。

これはアレルギー物質の花粉にたくさん触れる事で、体を慣れさせ治療するといった方法です。

同じように蚊に刺される回数が多くなると、慣れてきてアレルギー反応も鈍っていくという事ですね。

 

蚊 かゆみ 強い

それとかゆみがどう関係するのかというと、「即時型アレルギー」と「遅延型アレルギー」の現れ方が変わってきます。

乳幼児期は「遅延型アレルギー反応」が多く起こり、乳幼児~青年期にかけて、即時型と遅延型の両方が現れることが多くなるようです。

そして青年期~壮年期では「即時型アレルギー反応」だけが起こる傾向が高くなるようです。

 

年齢を重ねて行くと徐々に免疫反応も衰えていき、蚊のかゆみにも反応が鈍くなっていきます。

  • 即時型アレルギーの場合は、かゆみが続く時間は刺されてから数分から数時間で消えるのが一般的です。
  • 遅延型アレルギーの場合は、蚊に刺されて数時間後にかゆみや腫れが出て、数日~1週間ほどで治っていきます。

だから小さい子供の方が長い時間かゆみが続くことが多くなるんですね。

とはいえ、この蚊のかゆみが続く時間や反応の現れ方は個人差があるようです。

*あくまで一般的な蚊のかゆみの続く時間や反応、というくらいでとどめてください。

 

蚊のかゆみはすぐにやってこない!

蚊に刺されても、その瞬間からかゆみを感じるわけではないですよね。

だいたいは蚊が血を吸い終わって飛び去り、しばらく時間が経った後に気づくことが多いと思います。

蚊の唾液成分の中には局所麻酔の成分が含まれているので、血を吸われている間はかゆみを感じません。

そしてその麻酔成分の効果が切れた後に、だんだんとかゆみを感じるようになってくるんです。

本当にうまいことできてますよね。

 

スポンサードリンク

蚊アレルギーって何?

ここまでの蚊のかゆみの原因とはまた違う、蚊アレルギー(蚊刺過敏症)と呼ばれるケースがあります。

こちらも激しいかゆみに襲われるのは同じですが、EBウイルスというものに感染した人のごく一部に起こる疾患です。

あまり起こらないアレルギー反応で、刺された箇所が異常に腫れたあと発熱なども起こる症状です。

かゆみや腫れ、リンパ節の腫れや発熱など全身症状が現れ、蚊に刺されて腫れたところがカサブタになったりするため、普通に刺された後の様子とはかなり違います。

もし蚊のかゆみ以外に普通とは違う症状が出たら、必ず診察を受けて医師に相談してください。

 

あとがき

なぜかに刺されるとかゆいのか。

そのかゆみ原因や強さの違い。

そして蚊のかゆみが続く時間はどのくらいなのかをまとめましたがいかがでしたか。

蚊に刺されるとアレルギー反応を起こしてかゆみを起こしていたんですね。

 

そんな蚊のかゆみも長く続いたら嫌だし、一刻も早く抑えたいですよね。

その蚊のかゆみを早く抑えるための対策について別のページでまとめてます。

 

蚊のかゆみを抑えるのにバツ印をつけたりしますが、あれって本当に効果あるのか?

など、いろんなかゆみの抑え方をまとめたので、こちらもぜひ読んでみてくださいね。

スポンサードリンク

-
-

Copyright© かしこさのタネ , 2018 All Rights Reserved.