今日1つ賢くなります!知って得するおすすめ情報

かしこさのタネ

紫外線・日焼け

飲む日焼け止めの日本製(国産)で人気のサプリは?海外製では?

更新日:

飲む日焼け止め 日本製

最近よく耳にするのが飲む日焼け止め。

飲む日焼け止めはシミやシワの予防、紫外線ダメージの軽減などの効果が期待できます。

そんな飲む日焼け止めって、いったいどんな商品が販売されているのか気になりますよね。

でも日本製(国産)と海外製では主成分が違っていたり、サプリの中にも他の美容成分が含まれていたりなどいろんな違いがあります。

そこで今回は、

飲む日焼け止めで日本製(国産)、海外製で人気のあるサプリはどれなのか。

そのオススメや日本製と海外製の違いについてまとめました。

飲む日焼け止めの日本製(国産)で人気のサプリは?

飲む日焼け止めの日本製(国産)で人気のサプリは、主にニュートロックスサンという成分を中心に作られています。

「ニュートロックスサン」はローズマリーとシトラス果実から抽出された複数のポリフェノールから開発された天然成分のこと。

このポリフェノールによる抗酸化作用によってシミやシワ、メラニン色素の沈着の原因を抑制する目的で使われています。

そんな日本製(国産)の飲む日焼け止めで人気のサプリはどれなのか、オススメのものをピックアップしてみました。

 

日本製で人気の飲む日焼け止め:インナーパラソル



飲む日焼け止めの中でも人気が高いのが「インナーパラソル」

何がいいのかというと、含まれているニュートロックスサンの配合量ですね。

一番大切な成分が1日分250㎎と、他の一般的なサプリと比べておよそ2倍ほど含まれています。

他にも、フルーツセラミド「パインセラ」や、太陽からのダメージから守ってくれる「コプリーノ」をはじめ、たくさんの補助成分が含まれています。

この配合量がとにかく圧倒的なので非常に人気が高く、初めての人にもオススメのサプリです。

 

日本製で人気の飲む日焼け止め:雪肌ドロップ



この雪肌ドロップも日本製でニュートロックスサンがメインの飲む日焼け止めとなっています。

どちらかと言えば、美白やシワなどの予防対策方面に力を入れたサプリという印象で、補助成分の配合がとにかく豪華です。

【含まれる補助成分】

  • カロテノイド:肌色のバランスを整える
  • システイン含有酵母:肌の代謝率に
  • 混合ハーブエキス:天然マルチビタミンとミネラルが豊富
  • コラーゲン:肌のハリに
  • ザクロエキス:自律神経の働きをサポート
  • トマトパウダー:トマトのリコピンやビタミンがシミへ働きかける
  • リンゴンベリー:紫外線に対して強い抵抗力を持つアルブチンが豊富!

他にも植物プラセンタやアミノ酸、ミネラルやビタミンなどが肌をトータルケアしてくれます。

飲む日焼け止めの効果に加えて、肌のケアにも力を入れたい人にオススメのサプリです。

 

日本製で人気の飲む日焼け止め:ホワイトヴェール



こちらもニュートロックスサンをメインの飲む日焼け止めで、人気が高いサプリとなっています。

雑誌やSNSでも掲載が多くてたくさんの方が実感されていますね。

定期コースの回数縛りがなく90日間の返金保証などあり、購入面で安心できる要素が大きいのが魅力です。

こちらも美白や肌ケア面での補助成分がたっぷり含まれているし口コミも多く、発売から長く愛されて使われているサプリなので使いやすいですね。

 

飲む日焼け止めの海外製で人気の商品は?

飲む日焼け止めの海外製で人気のサプリは、主にフェーンブロックという成分を中心に作られています。

「フェーンブロック」はシダ植物の一種で、免疫防御作用や抗酸化作用など紫外線防御効果や皮膚のダメージを軽減すると考えられています。

そんな海外製の飲む日焼け止めは「ヘリオケア」というサプリが人気です。

ヘリオケアのフェーンブロックは2~4時間ほどしか効果が持続しないという事で、飲む量が自然と多くなってしまうため少し不安な面があります、

またフェーンブロックはシダ植物から抽出した成分なので、アレルギー反応を出してしまう可能性もあると言われています。

だから日本製の飲む日焼け止めの方がオススメですね。

海外製飲む日焼け止めを変えたnoUV(ノーブ)

海外製の飲む日焼け止めは「ヘリオケア」を代表するようにフェーンブロックを主成分としていますが、それを日本向けに改良したサプリが

noUV(ノーブ)

早くから目を付け、今では薬局や百貨店でも普通に購入ができる手軽さが便利です。

そんなnoUV(ノーブ)はPLエキスを主成分とし、ヘリオケアと同じシダ植物から抽出したエキスで作られています。

日本向けに作られたというのは、単に主成分だけではなく美肌のための補助成分を加えたところが大きいのではないでしょうか。

noUV(ノーブ)には

ルテイン
リコピン
ビタミンC
ビタミンD
ビタミンE
クロセチン

こういった成分が加わり、紫外線が発生させる活性酸素の除去を促し、メラニン色素の定着を防ぐことでシミやソバカスなどの予防に役立ちます。

またビタミンCはコラーゲンの生成を促すので、シワの予防にも役立つといった成分がふんだんに盛り込まれたわけですね。

PLエキスの抗酸化作用に加えて、補助成分でも紫外線対策をしていこうというサプリへと変化したのです。

そんな人気のnoUV(ノーブ)がさらにパワーアップして販売されているのが、

【noUV Care White(ノーブケアホワイト)】


先ほどのnoUV(ノーブ)に、さらに新成分の7種類の補助成分が加わり、

コラーゲンやプラセンタ、ヒアルロン酸やセラミドなど。

肌の潤いやハリなどサポートしてくれる美容成分が満載となってリニューアルされました。

これは薬局では見かけないので、この新製品を手に取って試してみたいと思う方も多いはずです。

しかもネットの定期購入なら30%OFFで購入ができるのでかなりお得なんですね。

もともとある抗酸化作用に、美容成分をさらに加えた新しいnoUV(ノーブ)

ぜひこの機会にnoUV Care White(ノーブケアホワイト)を試してはどうでしょうか。

公式ページ

>>ノーブケアホワイトの詳細はコチラ

 

飲む日焼け止めの日本製と海外製の違い

飲む日焼け止めには日本製と海外製で主に

  1. ニュートロックスサン
  2. フェーンブロック

この二つの主成分で大きく分けられます。

どう違うのか、どちらがいいのかという事なんですが、オススメとしては日本製のサプリを使ってもらう方がオススメです。

その違いで一番最初に見ておきたいのは安全性ではないでしょうか。

先ほどもヘリオケアのところで少し触れたように、安全性はニュートロックスサンの方があるでしょう。

副作用の心配面では2つともあまり事例としては表れていないようですが、フェーンブロックはアレルギーを引き起こす可能性のあるシダ植物から抽出されています。

また使用方法としても、日光を浴びる30分前に1カプセル。

長時間日光を浴びる場合は4時間後に1カプセルを追加というように、使用面でもいくつか注意点があるようですね。

 

日本製の飲む日焼け止めの補助成分

飲む 日焼け止め

飲む日焼け止めの成分にはフェーンブロックとニュートロックスサンの二つの成分が中心となっていますが、日本製はニュートロックスサンが中心となっていますね。

どちらも効果としては似たようなものだと言われていますが、日本製のものはこのニュートロックスサンに加えて、

ヒアルロン酸やプラセンタ、ポリフェノール類やビタミン類

こういった補助成分が多く配合されているので、このあたりも飲む日焼け止めの効果のサポートができているんじゃないかと思います。

美白のためのサプリというのもありますが、それと引けを取らない豊富な種類の抗酸化成分などが含まれているのは日本製の強みでしょう。

 

日本製と海外製の飲む日焼け止めの値段

後は気になるサプリの値段で、商品によっても違いますが価格面で劇的な差があるわけではなくほとんど同じくらいといっていいでしょう。

また日本製の飲む日焼け止めの方が、定期コースや返金保証など充実しているサービスも多く安心面も違います。

やはり購入しやすいように合いやすいサービスが提供されていますね。

あとがき

飲む日焼け止めの日本製(国産)で人気のサプリにはどんなものがあるのか。

また、海外製のオススメや日本製と海外製の成分や値段の違いなど比べてみましたがどうでしたか。

普段使いやすいのは日本向けに調整された日本製の飲む日焼け止めの方が、使い勝手や安心面では大きいですね。

どちらも紫外線対策の面では同じくらいだとは思いますが、補助成分が非常に豊富に含まれている日本製の方が、シミやシワ、美白のための購入目的に合っているんじゃないかと思います。

 

この飲む日焼け止めですが、なぜ焼けないような仕組みなのか。

サプリを飲むことでどうなるのか知っておきたい方は、別のページで詳しくまとめてます。

参考ページ

飲む日焼け止めでなぜ焼けない仕組みなの?メリットやデメリットは?

 

仕組みや原理とメリットデメリットについて見ていくことができるので、ぜひこちらも読んでみてください。

-紫外線・日焼け
-,

Copyright© かしこさのタネ , 2018 All Rights Reserved.