今日1つ賢くなります!知って得するおすすめ情報

かしこさのタネ

母の日

母の日の日にちは何月何日?アメリカや他の海外でも世界共通?祝日

投稿日:

母の日 日にち

母の日は何月何日なのか。

何となく覚えている人も多いと思いますが、実は母の日は固定の日にちではなく毎年変わります。

だからしっかりと、「今年は何日」と覚えている人は少ないでしょう。

そんな日本の母の日ですが、アメリカや他の海外では世界共通の日にちとなっているのか。

こちらも知っておくと、海外の母の日事情が知れるので興味深いです。

 

そこで今回は、

母の日の日にちは何月何日なのか。

また、日本やアメリカの母の日に日にちやその由来。

そして海外でも母の日は世界共通なのか、その母の日事情についてまとめました。

 

スポンサードリンク

 

母の日の日にちは何月何日?

お母さんに日頃の感謝の気持ちを伝える絶好の機会に、母の日という特別な日がありますよね。

この母の日では赤いカーネーションを手渡したり、お菓子や手作りメッセージを渡したりなど、いろんなプレゼントを考えたリスつことだと思います。

そんな母の日の日にちですが、2018年は何月何日だか覚えていますか?

 

母の日というのは毎年

5月第2日曜日

という日にちになっています。

ですので、何月何日というように日付固定ではなく、曜日で固定されている記念日なんですね。

 

その母の日は2018年だと

5月13日(日)

この日にちになります。

カレンダーで確認すると、このようになっています。

母の日2018年

ちなみに2017年は5月14日の日曜日でしたので、毎年日にちはズレていくわけなんですね。

 

そして2018年からの母の日は次のようになります。

西暦 日付
2018年 5月13日(日)
2019年 5月12日(日)
2020年 5月10日(日)
2021年 5月9日(日)
2022年 5月8日(日)
2023年 5月14日(日)
2024年 5月12日(日)
2025年 5月11日(日)
2026年 5月10日(日)

何月何日という固定の日ではなく、このように毎年母の日の日にちが変わっているのがわかりますね。

 

もともとの母の日の日にち

日本で母の日が生まれた由来には、1913年に青山学院の女性宣教師の働きかけで母の日礼拝が行われたことが大きな出来事だと言われています。

そしてそれをキッカケに1915年ごろには、教会などを中心に徐々に広まっていったようです。

ただ当時の母の日の日付は5月第2日曜日ではなく、皇后さまの誕生日であった「3月6日が母の日」でした。

ですので、今の母の日の日にちとは大きく違いますよね。

 

それが5月第2日曜日となったのは、戦争が大きく関係していたと考えられています。

母の日はアメリカとも関係が強く、その影響を強く受けているのですが、いったいアメリカの母の日はどのようなものなのか。

そんなアメリカの母の日について触れていきたいと思います。

 

母の日の日にちはアメリカは何日なの?

母の日 意味

この母の日ですが、実は日本だけではなくアメリカにも母の日はあります。

そのアメリカでの母の日の日にちは何月何日かというと

5月第2日曜日

実は日本の母の日と同じなんですね。

というのも、日本の母の日はアメリカの母の日をモデルにしています。

ですので、もともとはアメリカの母の日の日にちが日本にも浸透したというわけです。

 

アメリカの母の日の日にちと由来

アメリカで母の日が生まれたキッカケは、南北戦争が終わった1870年「ジュリア・ウォード・ハウ」という女性が戦争へ夫や子ども送ることに反対し、

「母の日宣言」(Mother's Day Proclamation)

と呼ばれる運動を起こしたことが、大きな波紋を呼んだと言われています。

しかし、この運動は広く普及することはなかったと言われています。

 

この運動は南北戦争中にアン・ジャービスが起こした

「母の仕事の日」

と呼ばれる

敵味方問わず、負傷した人の介護や衛生状態を改善するための活動

これを参考に起こした運動だと言われています。

 

そのアン・ジャービスが亡くなった2年後の「1907年5月12日」に娘のアンナ・ジャービスが、亡き母親を偲び教会での記念会で

白いカーネーションを贈った

とされています。

これがアメリカでの母の日の起源と言われています。

 

この行動が徐々に広がりを見せ1908年の5月10日には、この日をみんなで祝ったとされていて、この日が

5月の第2日曜日

このような特別な日だったと言われています。

そこからアメリカでは母の日は5月の第2日曜日というように定着していったようですね。

そして1914年「母の日」はアメリカの記念日となり、祝日となっています。

 

日本の母の日の日にちへの影響

先ほど少し触れたように、日本でも皇后さまの誕生日であった「3月6日の母の日」という日がありました。

しかし、実はこの日はそこまで普及はしていなかったと言われています。

そうしているうちに日本でも戦争状態となり、母の日の存在が薄れていったわけですね。

 

そして終戦後の1949年にアメリカの母の日の影響を受けて、日本でも5月の第2日曜日が母の日というように広まりをみせました。

そしてそれが、今も続いている母の日へとつながっているわけなんですね。

 

スポンサードリンク

 

母の日の日にちは海外でも世界共通?

ここまでの話で、日本やアメリカでは5月第2日曜日が母の日となっているわけですが、これは他の海外も含め世界共通の話なのか?

というと実はそうではありません。

今回の母の日の日にちなどはアメリカの話であって、他の海外の世界ではまた母の日の事情が違うようです。

他の世界では母の日の起源にいくつかの説があります。

 

一般的には、古代ローマで神々の母リーアに感謝するための春祭りが行われていたのが起源という説があります。

また、17世紀のイギリスの復活祭(イースター)の40日前の日曜日を「マザーズ・サンデー」として、出稼ぎ労働者と母親が過ごせる日として定めたこの日を母の日とする説があります。

これらを見ると、はるか昔に母の日のような日が存在していたのかもしれません。

実際にイギリスの母の日はイースターを中心として母の日が決まるため、説としての信ぴょう性は高いですよね。

 

ですので、母の日という存在は世界でも共通していますが、その成り立ちや日にちなどは世界共通ではないんですね。

ただ、日本やアメリカと同じように、5月第2日曜日が母の日となっている国もあります。
5月第2日曜日

日本、アメリカ、オーストリア、カナダ、香港、台湾、オーストラリア、ドイツ、イタリア、南アフリカ共和国、シンガポール、フィリピン、ベルギー、ブラジル、中国、マレーシアなど

他にもいくつかの海外の国がありますが、5月第2日曜日が母の日となっている国は多いですね。

そんな世界の母の日はいつなのか、少し触れてみましょう。

 

海外の母の日の日にち

2月第2日曜日

ノルウェー

Lent期間中の4回目の日曜日

イギリス・アイルランド

イギリスではイースターがあり、そのイースターは毎年日にちが変わるため、母の日も毎年変わるようです。

イギリスではイースターが始まる前の40日間(日曜日を除いてカウントする)を、Lent(レント)と呼んでいて、その期間中の4回目の日曜日が母の日なんだそうです。

3月21日

エジプト・サウジアラビア・アラブ首長国連邦など

5月8日

アルバニア・韓国

5月第1日曜日

ハンガリー・ポルトガル・スペインなど

5月最後の日曜日

フランス・スウェーデン・チュニジアなど

8月12日

タイ(タイ・シリキット国王妃の誕生日)

10月第3日曜日

アルゼンチン

11月16日

北朝鮮

12月22日

インドネシア

 

これらは母の日の一部ですが、何月何日なのかそれぞれの国でだいぶ違いますよね。

 

スポンサードリンク

 

あとがき

母の日の日にちは何月何日なのか。

また、日本やアメリカの母の日に日にちやその由来。

そして海外でも母の日は世界共通なのか、その母の日事情についてまとめましたがいかがでしたか。

 

母の日は毎年日にちが変わりますが、5月前半にあると覚えているだけでも準備がやりやすいと思います。

日頃の感謝の気持ちを伝えるいい機会なので、ぜひ思い出に残るような日にしてあげたいですね。

 

そんな母の日にはプレゼントが欠かせないと思います。

でも、今年は何をプレゼントしよう?

毎年頭を悩ませてはいませんか。

定番のカーネーションやお花がありますが、他にも食べ物や家電、手作りのお菓子やメッセージカードなど色々あります。

もし今年の母の日プレゼント選びで迷っているなら、こちらの記事も読んでみて下さい。

参考ページ

母の日のプレゼントは何がいい?人気のおすすめプレゼント!

 

母の日のプレゼントで人気のものをいくつかピックアップしてあるので、何かと参考になると思いますよ。

 

スポンサードリンク

-母の日
-

Copyright© かしこさのタネ , 2018 All Rights Reserved.