今日1つ賢くなります!知って得するおすすめ情報

かしこさのタネ

お正月

お年玉袋への入れ方は?三つ折りの折り方や複数枚のたたみ方は?

更新日:

お年玉 袋 入れ方

お年玉を用意するときは、お年玉袋にお札を入れて手渡ししますよね。

そんなお年玉の準備で、お札の折り方やポチ袋への入れ方にもいくつか知っておきたいマナーがあります。

もらう側の子供はあまり気にしないかもしれませんが、親御さんの目などもあるので一応知っておいて損はありません。

そこで今回は、

お年玉袋へのお札の入れ方や折り方。

また、複数枚の時の方法についてまとめました。

スポンサードリンク

お年玉の袋への入れ方や折り方は?

お年玉は「ポチ袋」と呼ばれる小さな袋に入れて渡しますよね。

まあ、お金をもらう子供たちからしたら、入れ方や折り方なんてどうでもいいかもしれません。

でも、一応このお年玉袋への入れ方や折り方にも、マナーというものがあります。

子供たちがよくても、それを見た親御さんたちの目もあるので知っておきたい部分ですね。

 

そんなお年玉袋に入れるお札は、一般的には

  1. 1000円札
  2. 5000円札
  3. 1万円札

この3種類になります。(まあ2000円札はないでしょう…。)

 

まずはこのお金の準備からになりますが、基本的には新札で用意しましょう。

というのも、お年玉は新年初めに渡すご祝儀ですよね。

そこで、新しい年をお祝いするものに新札を用意することで、

まっさらな気持ちでスタートする

そんな意味も込められています。

結婚式や出産祝いなど、こういったご祝儀の際にも新札が用意されるのと同じように、お年玉もきれいなものを用意しましょう。

 

それぞれで大きさが違いますが、基本的な折り方や入れ方は同じです。

一般的にお年玉の折り方は三つ折りです。

そして端がキッチリと合わさるように折っていきましょう。

では、それぞれのお年玉でどんな折り方なのか見ていきますね。

 

お年玉の1000円札の折り方

ではまず、お年玉で1番多くつかわれる1000円札から見ていきますね。

このように千円札を正面に置きます。

お年玉入れ方折り方1000円01

 

そして野口英世の顔のフチの部分が来るように、左側から折るようにします。

お年玉入れ方折り方1000円01

 

そして次は、ここを起点に右側を折ります。

お年玉入れ方折り方1000円03

 

これで三つ折りになりました。

 

お年玉袋への1000円札の入れ方

これをお年玉袋に入れるときは、お年玉袋の正面を手前に向けて、このままの状態で入れます。

するとこんな感じですね。

お年玉入れ方折り方1000円04

 

お年玉袋の中はこのような向きになっています。

お年玉入れ方折り方1000円05

スポンサードリンク

お年玉の5000円札の折り方

では次に5000円札の折り方ですが、こちらもこのように正面を向かせておきます。

お年玉入れ方折り方5000円01

 

こちらも左側から折っていき写真のような位置まで折ります。

お年玉入れ方折り方5000円02

 

折る位置は、ちょっと広げて確認すると、下の赤丸を付けた装飾の部分の右端に合わせる感じです。

お年玉入れ方折り方5000円01-1

 

では、もう一度戻しますね。

お年玉入れ方折り方5000円02

 

この状態から先ほどの1000円札と同じように、起点にして右側を折ります。

お年玉入れ方折り方5000円03

これで三つ折りになりました。

 

お年玉袋への5000円札の入れ方

これをお年玉袋に入れるときは、お年玉袋の正面を手前に向けて、このままの状態で入れます。

するとこんな感じですね。

お年玉入れ方折り方5000円04

 

お年玉袋の中はこのような向きになっています。

お年玉入れ方折り方5000円05

 

お年玉の1万円札の折り方

お年玉入れ方折り方1万円01

 

では次に1万円札の折り方ですが、こちらも左側から折っていき写真のような位置まで折ります。

お年玉入れ方折り方1万円02

 

ちょっとわかりにくいので裏面を見ると、

お年玉入れ方折り方1万円03

この位置ですね。

日本銀行の

「GINKO」の「O」の横に折り目を付ければちょうどいい位置になります。

 

さて、ここが確認出来たら向きを戻しますね。

お年玉入れ方折り方1万円02

 

そして次は、ここを起点に右側を折ります。

お年玉入れ方折り方1万円04

これで三つ折りになりました。

 

お年玉袋への1万円札の入れ方

これをお年玉袋に入れるときは、お年玉袋の正面を手前に向けて、このままの状態で入れます。

お年玉入れ方折り方1万円05

するとこんな感じですね。

 

お年玉袋の中はこのような向きになっています。

お年玉入れ方折り方1万円06

 

入れる方向は1000円、5000円、1万円ともに共通ですね。

 

スポンサードリンク

お年玉の折り方は三つ折りが基本?

ここまでのお年玉袋への入れ方や折り方は基本的な三つ折りです。

お年玉で折るときは三つ折りにしましょう。

 

普段の生活では4つ折りにすることも多いですが、4つ折りにしないのは、

折り目が4つつくので縁起が悪い

とされているからです。

 

また、今回はわかりやすいように折り目をしっかりと付けましたが、実際にはあまりピシッと折り目は付けず、柔らかな感じで折ってください。

 

雰囲気としてはこのくらいの感じです。

お年玉入れ方折り方1000円06

あまり折り目がキツすぎると、せっかく新札を用意したのにキレイなお札にしっかり線が残ってしまいます。

 

こうやってお年玉袋にお金を入れます。

基本的には封は折りますが、封を閉じるかどうかは特別決まりはないようなので、シールなどがついていたら止めるくらいで良いと思います。

わたしも糊付けなどでしっかり閉じることはしません。

 

お年玉の相場はどのくらい?

お年玉袋への入れ方やお札の折り方はわかりましたが、誰にどのくらいお年玉を渡すのか?

そのお年玉の相場も気になりますよね。

お年玉を渡し始める年齢も、赤ちゃんからあげるといった家もあるようです。

そんなお年玉の相場は、だいたいですが

  • 6歳未満:500~1000円
  • 1~3年生:1,000~3,000円
  • 4~6年生:3,000~5,000円
  • 中学生:5,000~10,000円
  • 高校生:5,000~10,000円
  • 大学生:10,000円以上

このような感じになっています。

ただ、この中でもいろいろと細かく分けられたり、渡す年齢や親戚からのお年玉との差などいろいろあります。

そんなお年玉の相場の事情について、別の記事でまとめているのでこちらを参考にいくらにするか考えてみてください。

参考ページ

お年玉の相場は小学生・中学生・高校生でいくら?姪や孫、赤ちゃんは?

 

スポンサードリンク

お年玉の入れ方で複数枚のたたみ方は?

さて、このお年玉も3000円渡すとなったら1000円札が3枚で複数枚になったりしますよね。

お年玉入れ方折り方複数01

そんな複数枚のお年玉の折り方や入れ方はどうなるのでしょうか?

 

これは、3枚あるなら3枚とも重ねて折ります。

一枚一枚じゃないんですね。

お年玉入れ方折り方複数02

 

 

折り方は先ほどのものと一緒ですが、複数枚になると折り目が若干変わってくるので、その辺は調整しながら折るようにしましょう。

一枚の時よりも、ちょっとだけ折る位置を左にズラすぐらいの感覚があればいいと思います。

お年玉入れ方折り方複数03

このような感じですね。

 

こうやって重ねて折り、お年玉袋の中に入れましょう。

お年玉入れ方折り方複数04

 

500円玉などの硬貨の入れ方は?

ちなみに硬貨をお年玉袋に入れるにも向きがあります。

3歳以下くらいの小さな子供にお年玉を上げるときは、500円などの場合もあるので一応知っておいて損はないでしょう。

500円玉硬貨の場合は、表がこちらの桐がある方です。

お年玉入れ方500円01

これを手前にして、ぽち袋を表に向けた状態で入れます。

中に入った時はこんな感じ。

お年玉入れ方500円02

 

500円玉なら入れる機会があるかもしれませんが、さすがに100円玉や50円玉はあまり入れないと思うので割愛します。

一応ですが、100円玉や50円玉などの表面は絵柄・漢数字のあるほうです。

なので、製造年が刻印されているほうが裏側ですね。

だから5円玉だけちょっと違う感じですね。

5円玉の表は「稲穂」があって「五円」と書いてる方が表面です。

 

スポンサードリンク

あとがき

お年玉袋へのお札の入れ方や折り方。

また、基本的な三つ折りと四つ折りを避けたい理由。

複数枚の時の方法についてまとめましたがいかがでしたか。

お年玉を上げるときに、お札の折り方やお年玉袋への入れ方にも一応マナーがあるので覚えておいてくださいね。

 

そのお年玉袋ですが、ここに金額や名前を書いて渡すこともあります。

お年玉袋を用意するときにも、いくつかマナーがあったりするのであわせてこちらも確認しておいてくださいね。

参考ページ

お年玉ポチ袋の書き方やマナーとは?名前や金額など表裏の見本

 

スポンサードリンク

-お正月
-,

Copyright© かしこさのタネ , 2018 All Rights Reserved.