今日1つ賢くなります!知って得するおすすめ情報

かしこさのタネ

インフルエンザ

インフルエンザワクチンの時期はいつからいつまで?有効期間や間隔は?

更新日:

インフルエンザワクチンいつから

インフルエンザワクチンの時期はいつからいつまでなのか。

予防接種を受けようと思う人は気になりますよね。

そのインフルエンザワクチン接種の時期は10月ごろから始まりますが、12月ごろになると予約いっぱいで受けれないような病院も出てきます。

なので、いつ頃だと遅いのか知っておきたいですね。

そして、1回ワクチン接種をしたらその有効期間はどのくらいなのか。

心配なことも多いです。

今回は2回目を打つ間隔や効果の持続期間など、気になるインフルエンザワクチン時期についてまとめました。

スポンサードリンク

インフルエンザワクチン時期はいつからいつまで?

インフルエンザワクチンの時期はいつからいつまでなのか?

あまり早く受けすぎても効果が続くのかわからないし、遅いとインフルエンザに先にかかってしまいそうで怖いと感じますよね。

そのインフルエンザワクチンの受付自体は病院によっても違いますが、

10月上旬~中旬あたり

だいたいこの時期と思います。

ただ、予約は9月中に行われる病院があったりするので、直接問い合わせをするのが良いですね。

そして、インフルエンザ予防接種がいつまで行われているのか?

というと、

12~1月の間

だいたい、このくらいの時期まで行われているようですね。

ただしワクチンの数に限りがあるので、その時の状況次第になります。

 

日本でインフルエンザが流行する時期

インフルエンザいつまでうつる01

インフルエンザワクチンは、当然ですが流行しそうな時期に合わせて打たないと意味がありません。

日本でのインフルエンザは、だいたい例年12月~3月頃に流行します。

冬の乾燥した環境を好むので、特に1月~2月に流行のピークを迎えます。

この時期は受験生にとってはとてもデリケートな時期で、インフルエンザにかかったりすると勉強もテスト本番も危うくなりますよね。

インフルエンザワクチンの効果は、

  • 予防接種を受けておよそ2週間後から効果を発揮しやすい。
  • インフルエンザワクチンの効果は、およそ4~5か月程度。

このように考えられています。

ワクチンの効果は、接種して一ヶ月後くらいが一番免疫力が高まるようです。

だから、ピークをどの時期に持っていきたいかで受ける時期を考えると良いわけです。

 

インフルエンザの予防接種はいつまで?

インフルエンザ予防接種の開始は10月頃ですが、いつまで行われているのかは病院によって異なるようです。

それはワクチンの数に限りがあるからです。

予約で一杯になると、12月にはもう受けれないこともあるようですし、逆に1月でも大丈夫な病院もあります。

だから、いつまでも予防接種は行われているわけではありません。

受けるなら早めに予約しておきましょう。
スポンサードリンク

インフルエンザワクチンの有効期間は?

インフルエンザ予防接種17

さて、しっかりと予防接種を受けた人が次に気になるのは、

インフルエンザワクチンの有効期間はどのくらいなのか?

ということだと思います。

せっかく接種しても早く効果が切れたら意味ないと感じてしまいますよね。

このインフルエンザワクチンの効果は、およそ4~5ヶ月続くと言われています。

ただし、これにも個人差があって3~6ヶ月というように言われるときもあるし様々なようです。

 

また、2回接種した場合で有効期間が長くなる可能性もあります

何にせよ3ヶ月くらいは効果の期間が続くと考えておいていいでしょう。

また、効果の期間が過ぎてもすぐ消えるわけではないので、インフルエンザシーズンの間はもってくれそうです。

 

ワクチンの有効期間と接種時期

さて、このインフルエンザワクチンの有効期間ですが、仮に4~5ヶ月続いたとします。

インフルエンザの流行時期はその年によっても違いますが、だいたい11月ごろから徐々に耳にするようになり、3月ごろになると徐々に収束します。

その中で特に1月~2月に流行のピークを迎えます。

どの時期に合わせるかにもよりますが、ワクチンの効果は4~5ヶ月くらい持続することを考えたら、

11月~12月上旬

このくらいに予防接種を受けるのが理想的じゃないかと思います。

これは1つの例ですが、受ける時期の参考にしてみてください。

そんなインフルエンザワクチンの接種自体は、10月ごろからすでに始まっているところが多いです。

スポンサードリンク

インフルエンザワクチンの2回目の間隔は?

インフルエンザワクチンは2回目を打つことで、効果がより高まると考えられています。

これを

ブースター効果(免疫増幅効果)

と呼んでいますが、13歳未満は免疫力が弱いため、ブースター効果を得られるよう2回接種が推奨されています。

日本臨床内科医会の河合直樹らの調査によると、0~15歳の子供に現れた発症予防効果は

1回接種:68%
2回接種:85%

このような結果が得られたようです。

他の調査では、2回目の接種で発症予防効果が90%以上得られたというような報告もあるようです。

 

一方で、16~64歳を対象にした場合、インフルエンザの発症予防効果が、

1回接種:55%
2回接種:82%

このような結果が得られたようです。

だから、2回接種することでインフルエンザの発症を予防する効果を高めることができるわけですね。

特に受験生のように、

1~2月は絶対かかりたくない! 1~2月は絶対かかりたくない!

こんな人は2回接種がオススメです。

 

するとここで、

インフルエンザワクチンを2回目受ける間隔って何日くらい?

こんな心配が出てきます。

 

実は、2回予防接種を受ける場合は、ある程度の間隔をあけないといけません。

それは、予防接種を受けてから体が抗体を作るまで時間がかかるからです。

 

ワクチンの効果は、接種後2週間ほどすると徐々に現れると言われており、本来の効果を期待できるのは4週間ほど先だと言われています。

 

体内で一度作られた免疫機能がもう一度抗原に接触することで、免疫機能が高まることがブースター効果なんですね。

 

だから、しっかりと抗体ができてから2回目を打つ方がいいので、

間隔は4週間あけた方が確実

このように言われています。

もし10月上旬に受けたら、4週間あけ11月上旬に2回目を打つのが理想です。

では、そのインフルエンザワクチン接種の間隔とピークに合わせた接種時期というのを、受験生を例に少しシミュレーションしてみましょう。

スポンサードリンク

受験生のインフルエンザワクチン接種の間隔

受験生の場合、絶対インフルエンザにはかかりたくないですよね。

そこで、2回インフルエンザ予防接種を受けることで安心感が高まります。

受験生にとって最も大切な時期は1~2月

この約2ヶ月ほどの間は、しっかりと免疫効果を高めておきたいですよね。

そこでワクチンの効果を逆算していくと、オススメの間隔が見えてきます。

 

1回目のインフルエンザワクチン接種時期

1回目のインフルエンザワクチン接種は、10月中旬~11月上旬あたり。

この時期に受けると12月前には1回目の免疫効果が期待できます。

受付が始まるのは10月ごろなので、すぐに打つくらいでも良いと思います。

 

2回目のインフルエンザワクチン接種時期

2回目は4週間の間隔を置いた11月中旬~12月上旬あたり。

このあたりだと、1月上旬にはしっかりとしたブースター効果が期待できます。

ここで12月下旬になってしまうと、ブースター効果が発揮されるのが1月下旬になってしまいます。

受験は何も試験本番だけではなく、その前の勉強時間も大切なので、受験前にかかることは避けたいですよね。

その辺りの事情も考えると、この間隔がベストだと思います。

 

あとがき

インフルエンザワクチンの時期はいつからいつまでなのか。

また、その有効期間や2回目を打つ時の間隔など、タイミングについても触れていきましたがいかがでしたか。

流行する時期やあなたが打てるタイミングを見計らって、受ける時期を選んでくださいね。

そんなインフルエンザワクチンですが、もう一つ気になるのはそのお値段じゃないでしょうか。

病院での値段の違いのワケや助成金など、お金のことに触れてるので続けて読んでみて下さい。

参考ページ

インフルエンザワクチンの値段は?病院による違いと助成金

 

スポンサードリンク

-インフルエンザ
-,

Copyright© かしこさのタネ , 2018 All Rights Reserved.