今日1つ賢くなります!知って得するおすすめ情報

かしこさのタネ

紫外線・日焼け

飲む日焼け止めに副作用の危険はないの?成分や妊娠中など安全性は?

更新日:

飲む日焼け止め 副作用

最近特に聞くようになった飲む日焼け止めというサプリ。

サプリを飲んで紫外線から受ける活性酸素の除去や、シミやシワ予防をしていこうといったシロモノです。

そんな飲む日焼け止めで気になるのは副作用の問題。

飲んでから何かおかしなことが起こった!ってなるのはゴメンですよね。

だから飲む日焼け止めは安全なのか、何か注意する点があれば購入前に知っておきたいところです。

そこで今回は、

飲む日焼け止めに副作用の危険はないのか。

またその成分の効果について。

そして妊娠中や子供の服用と飲む量などまとめました。

安全に安心して使っていくために、ぜひ最後まで読んで下さい。

スポンサードリンク

飲む日焼け止めに副作用の危険はないの?

飲む日焼け止めのサプリが少しずつ人気となり広がりを見せていますが、サプリなので体に入れて副作用の心配があるのか気になりますよね。

危険な物だとちょっと敬遠してしまいますが、飲む日焼け止めで大きな副作用の報告はされていません。

飲む日焼け止めはサプリの健康食品で、主成分となっている「フェーンブロック」「ニュートロックスサン」は天然成分から抽出されています。

「ニュートロックスサン」はローズマリーとシトラス果実から抽出された複数のポリフェノールから開発された天然成分のこと。

このポリフェノールによる抗酸化作用によってシミやシワ、メラニン色素の沈着の原因を抑制する目的で使われています。

「フェーンブロック」はシダ植物の一種で、免疫防御作用や抗酸化作用など紫外線防御効果や皮膚のダメージを軽減すると考えられています。

健康食品という扱いなので、医薬品の薬のように大きな副作用はないですがフェーンブロックはシダ植物からのエキスを抽出しているため、アレルギーのある方には注意が必要かもしれません。

飲む日焼け止めの口コミなどを見てみると、副作用として体調の変化が見られたという人もいます。

例えば、

  • おなかの調子が悪くなった。
  • 少し肌にかゆみが出た。

などという声も全くないわけではありませんでした。

命にかかわるような、また障害が残るような副作用の危険の報告はないようですが、体に合わずに不調を訴える可能性は多少あるようです。

スポンサードリンク

飲む日焼け止めの成分や安全性は?

飲む日焼け止めの主成分には、

  1. フェーンブロック
  2. ニュートロックスサン

この二つのどちらかで製造されているサプリが多いです。

その中でもフェーンブロックを主成分とする「ヘリオケア」というサプリは、皮膚科などでも処方されることがあるものなんですね。

飲む日焼け止め 日本製

フェーンブロックはシダ植物から抽出されるエキスで、

Polypodium leucotomos(ポリポディウム リュウコトモス)

という「シダ」からとれるという事でPLエキスと呼ばれます。

シダ植物はアレルギーを誘発しやすいと考えられていて、PLエキスにもまれに皮膚のかゆみなどを引きおこす可能性があるといわれています。

使う前には

観葉植物などが原因でアレルギーを起こしたことがないかどうか。

この点に注意したいですね。

ですので、もう一つのニュートロックスサンを使った飲む日焼け止めを試される方がいいでしょう。

PLエキスは何十年も前からアメリカやヨーロッパでは効能の応用としてアトピー性皮膚炎や白斑の患者も処方されています。

日差しの強い海外では処方薬として用いられていて、安全面でも考えられているため、日本の飲む日焼け止めも副作用の危険性は低いのではないでしょうか。

スポンサードリンク

飲む日焼け止めは子供や妊娠中の人でも飲めるの?

飲む日焼け止めは子供や妊娠中の人でも飲めるのか?

ということですが、小さな子供(4歳以下)の場合は服用をオススメされていません。

まだ発達が十分ではない時期には飲まない方がいいですね。

また、妊娠中の場合ですが控えてください。

体に害を及ぼすような成分は入っていませんが、デリケートな時期のため控えた方が無難です。どうしても飲みたい場合はかかりつけの医師に相談してください。

また高血圧や糖尿病などの持病を持つ場合も控えた方が良いと注意書きされているサプリもあります。

気になる場合はこちらもかかりつけの医師に相談してください。

 

飲む日焼け止めと他のサプリや薬との併用は?

飲む日焼け止めは健康食品なので他のサプリと併用しても問題ありません。

薬を処方されている場合は兼ね合いもあると思うので、かかりつけの医師に相談された方がいいと思います。

 

飲む日焼け止めの飲む量は?

飲む日焼け止めは健康食品のサプリという事で、医薬品ではないので飲む量など用法用量というのはありません。

多めに飲んでも大丈夫ですが、やはり少ない量でも継続して飲み続ける事の方が大事なようですね。

スポンサードリンク

あとがき

飲む日焼け止めに副作用の危険はないのか。

またその成分の効果について。

そして妊娠中や子供の服用と飲む量などまとめましたがいかがでしたか。

飲む日焼け止めは副作用の危険性は低いですが、多少体調の変化が現れるかもしれないので、おかしいと感じたらしようは中止しましょう。

また、薬の併用や持病を持っている方など、心配なことがあればかかりつけの医師に相談した方がいいと思います。

どんなサプリでも必ず安全という事は無いので、無理のない飲み方をしていきましょう。

 

そんな飲む日焼け止めですが、今は本当にたくさんの商品が販売されるようになって、どれがいいのか購入するにも迷いますよね。

そこで飲む日焼け止めの中でも人気で、成分や効果の面でオススメできる商品をこちらのページにまとめました。

参考ページ

飲む日焼け止めで人気のおすすめサプリはこちら

 

飲む日焼け止めの日本製(国産)で人気のサプリにはどんなものがあるのか。

また、海外製のオススメや日本製と海外製の成分や値段の違いなども比較しています。

安心して紫外線対策ができるので、ぜひ飲む日焼け止め選びの参考にしてください。

 

スポンサードリンク

-紫外線・日焼け
-

Copyright© かしこさのタネ , 2018 All Rights Reserved.