節分

豆まきは渡辺と坂田の姓はしないの?名字で掛け声や意味が変わる?

更新日:

豆まき 渡辺

豆まきというと「鬼は外、福は内」の掛け声で、やってくる鬼を退治しようとする行事ですよね。

でも実は、

渡辺さんと坂田さんは鬼を退治する必要がない!だから豆まきしない!

こんなことが言われているんです。

どうして豆まきして鬼を退治しないでもいいの?

 

その背景には平安時代にまでさかのぼって、渡辺さんと鬼との戦いが関係していました。

そこで今回は、

豆まきは渡辺と坂田の姓はしなくていいのはどうしてなのか。

また、豆まきの掛け声名字で変化したり、地域によって違ったりするのはどうしてなのか。

こんな豆まきの裏事情についてまとめたので、ぜひ最後までご覧ください。

 

スポンサードリンク

 

豆まきは渡辺さんはしなくてもいい?

節分の日には豆まきを行う行事がありますよね。

豆まきというのは、

「鬼は外、福は内」

この掛け声とともに、

悪いものを追い出して、良いものを家の中に入れる。 悪いものを追い出して、良いものを家の中に入れる。

という厄払いの意味を持っています。

 

こんな厄払いの意味を持つ豆まきをしなくてもいい

と言われる家があって、それが

「渡辺さん」

なんですね。

 

渡辺という姓を持つ家が、どうして豆まきをしなくてもいいのか?

それには過去の「渡辺」「鬼」との激しい争いにありました。

 

豆まき不要?渡辺綱と鬼の関係

豆まき 節分

名前が渡辺さんの人は、豆まきをしなくてもいいというのは、実は平安時代の出来事が由来していると言われています。

それは平安時代に、京都の大江山と呼ばれる場所に拠点を構えた酒呑童子(しゅてんどうじ)と呼ばれる鬼(妖怪)がいました。

この酒呑童子は仲間の茨木童子(いばらきどうじ)をはじめとする鬼集団を引き連れて京都に現れ、女性を誘拐したり殺したりなど悪行を重ねていたのですね。

そんな鬼をやっつけるために、源頼光は「渡辺綱(わたなべのつな)」を中心とする討伐隊を結成したんです。

そうしてこの討伐隊は、酒呑童子の成敗に成功したのですね。

 

ただ、その時に仲間の茨木童子は逃げ延びたようです。

そして後日、酒呑童子の敵討ちに茨木童子が襲い掛かったのですが、そのときに返り討ちに合い、渡辺綱に腕を切り落とされてしまいました。

このようないきさつがあって、鬼は渡辺綱を恐れたようなのです。

 

これには様々な説がありますが、大筋ではだいたいこのようなお話となっています。

だから、渡辺という姓がつく家には鬼が恐れて近寄らないので、豆まきはしないでも大丈夫ということなんです。

地域によっては「渡辺」以外にも

「渡部」「渡邊」

といった別の感じの渡辺でも豆まきしないところもあるようですね。

 

豆まきは坂田さんもしなくてもいい?

さて、渡辺さんが豆まきをしないで良いというのは、鬼の腕を切り落としてしまうほどの達人で、鬼が恐れてしまったからなんですね。

そして、この渡辺さんと同じく坂田さんも豆まきをしなくていいと言われています。

これにはどんな話があるのでしょうか?

 

実は先ほどの渡辺綱がいた討伐隊のメンバーが

  1. 渡辺綱
  2. 坂田金時
  3. 碓井貞光
  4. 卜部季武

この4人で結成された「頼光四天王」なんですね。

その中にいる「坂田金時」は、なんとあの金太郎なんです。

 

豆まき 坂田

マサカリ担いだ金太郎のあの人です。

坂田金時の幼名を金太郎と言っていたのですね。

 

金太郎は童話にもあるように幼いときに熊を投げ飛ばしています。

また、その怪力を源頼光に見込まれて「坂田金時」との名前を与えられて、渡辺綱と肩をならべる頼光四天王の一人にまでなりました。

 

そんな坂田金時にも鬼は恐れていたため、坂田の姓がつく家には鬼はやってこないようなんですね。

でもまあ、渡辺さんでも坂田さんでも豆まきしたい人いますよね。

いくら名前が渡辺だからってね。

子供の頃だったら、そう言い聞かされてもやりたいってなるでしょうね。

 

スポンサードリンク

 

豆まきは名字によって掛け声や意味が変わる?

さて、渡辺さんや坂田さんの豆まき事情についてまとめましたが、実は他にも豆まきについてちょっと変わった事情を持っている名字の人がいます。

それは、名字に「鬼」がつく人

例えば、

  • 鬼塚さん
  • 九鬼さん
  • 鬼頭さん

 

このように「鬼」が名前につく人の家では、

鬼を追い出すと縁起が悪い!

と言われているんです。

だから、豆まきの時には、「鬼は外、福は内」ではなく

「福は内、鬼は内」or「福は内、鬼も内」

このような掛け声をする家が多いそうですね。

ですので、名字によっては鬼に対して肝要に迎え入れる家もあるんです。

 

地域別の豆まきの掛け声

こんなふうに鬼に対して優しいのは「家」単位だけではなく、神社や寺でも鬼を受け入れている場所があります。

その中でも有名なのが、

千葉県の成田山新勝寺の節分会

 

成田山新勝寺の節分会での豆まきの掛け声は「福は内」だけなんですね。

「鬼は外」とは言いません。

 

【成田山新勝寺節分会の豆まき】

これは御本尊である不動明王の前では、その大慈悲心によって鬼も心を入れ替えてしまうからだと言われています。

 

ここには節分になると、有名なお相撲さんや芸能人のかたが豆まきに来られていますね。

 

実は、こういった「豆まきの掛け声」が全然違う地域が他にもあるんです。

この掛け声が

「福は内」だけとか
「福は内、鬼は内」や
「福は内、鬼も内」だったり
「福は内、鬼は内、悪魔外」

などといった掛け声に代わる地域があります。

 

どこの地域がこんな豆まきの掛け声になるのか、豆まきの由来や意味とともにまとめた記事がこちらにあります。

参考ページ

豆まきの由来や意味は?節分との関係と鬼は外、福は内の掛け声の意味

その豆まきの様子も動画で確認できるので、ぜひご覧になってください。

 

スポンサードリンク

 

あとがき

豆まきは渡辺と坂田の姓はしなくていいのはどうしてなのか。

また、豆まきの掛け声が名字で変化したり、地域によって違ったりするのはどうしてなのか。

こんな豆まきの裏事情についてまとめましたがいかがでしたか。

 

実は結構いろんな形があるんですね。

まさか豆まきしなくても、鬼が寄ってこないなんて思いもしませんでした。

 

そんな豆まき事情ですが、実は他にも地域によっていろいろ違うことがあります。

それはなんと豆自体の事なんですね。

私は関西生まれなので、豆まきの豆って大豆かと思っていましたが、落花生を使う地域もあるようなんです。

そんな豆まきの「豆」について別の記事で詳しくまとめました。

参考ページ

豆まきの豆の種類は大豆?落花生の地域は北海道や東北?犬への危険性

こちらも地域によっての特色があって面白いので、ぜひ読んでみてください。

 

スポンサードリンク

-節分
-

Copyright© かしこさのタネ , 2018 All Rights Reserved.