今日1つ賢くなります!知って得するおすすめ情報

かしこさのタネ

暖房

電気毛布は洗濯機で洗えるの?洗い方やダニ対策は?

更新日:

電気毛布洗い方

電気毛布を洗濯してキレイにしたい!

でも、

電気毛布って洗濯できるの?

ちょっと悩みますよね。

でも実は、電気毛布の多くは洗濯することができます。

ただ、電気毛布の洗濯方法は、

普通の服を洗う洗濯では故障の可能性も出てきます。

 

そこで今回は、

  • 電気毛布の洗濯はどのようにすればいいのか。
  • 洗濯機や手洗いの方法、注意するポイントは何なのか。

そして気になるダニ対策も含め、電気毛布を長く快適に使うための洗い方とケア方法についてまとめました。

注意するところさえ押さえれば意外と簡単に洗濯はできるので、ぜひ最後までご覧になって下さい。

スポンサードリンク

電気毛布は洗濯機で洗える?

電気毛布のシーズンが始まったり終わったりしたとき、

汚れたから洗いたいなあ。でも電気毛布って洗っていいの?

こんな疑問もありますよね。

実は、この電気毛布は洗うことができるものも多く、私が持っているものも洗えます。

電気毛布08

まずはあなたが持っている電気毛布の説明書やタグを見て、洗うことができるのかチェックしましょう。

こういう表示があると思います。

ただし、洗濯物表示が平成28年の12月から変わっているので、それ以前のものとは違いがあるので注意しましょう。

 

洗う方法は基本は表示に従って行いますが、手洗いでもいいし洗濯機を使っても洗えるものが多いです。

電気毛布を洗濯機で洗う際にはいくつかの条件がありますが、その場合は説明書にすべて載っていると思うので確認してみましょう。

 

電気毛布の洗濯機での洗い方

電気毛布洗濯電気毛布を洗濯機で洗う場合には、いくつかの条件があります。

まず、洗濯機を使う場合は、

毛布洗いが可能な洗濯機で「毛布洗いコース」を選ぶ。

手持ちの洗濯機に毛布洗いコースがない場合は、説明書に従って手洗いの方がよさそうですね。

この毛布洗いコースを選びますが、洗濯機に入れて洗う前にいくつか準備があるので見ていきましょう。

 

洗濯機に張る水

洗濯機で洗う場合には30℃以下のぬるま湯を入れて、中性洗剤を溶かします。(*入浴剤が入ったぬるま湯は使わない。)

お風呂の残り湯やぬるま湯が用意できない時は、水を張ってその上からポットのお湯などを入れて温度を調節すると簡単だと思います。

 

電気毛布の折りたたみ方

電気毛布を洗濯機に入れる時にぐちゃぐちゃだと本体が傷むので、本体プラグが当たらないように本体の内側になるように折りたたみましょう。

当然コントローラー部分は取り外してくださいね。

スポンサードリンク

電気毛布を洗濯ネットに入れる

電気毛布は洗濯ネットに入れて形が崩れないようにしましょう。

ネットのファスナーや紐もキッチリと締めて、本体が出ないようにしてくださいね。

 

電気毛布の洗濯のすすぎ

洗濯が終わったら、すすぎには「柔軟仕上げ剤」を使い洗剤が残らないよう十分にすすぎます。

柔軟仕上げ剤は柔らかさを与えるものですね。

シャンプーとリンスに例えると、洗濯用洗剤はシャンプーで柔軟仕上げ剤はリンス

こんな感じでしょうか。

電気毛布を日向で干していると、たまにカピカピになって縮んでしまうこともあるので、仕上がりを柔らかくふんわりさせるためですね。

*使わなくても洗うだけなら大丈夫です。

すすぎが終わったら、念のため電源プラグ部分に洗剤がついていないか確認してください。

 

電気毛布の洗濯の脱水と乾燥

すすぎが終わったら、本体のプラグが洗濯層に当たらないかキッチリ確認して、ネットに入った状態で1分ほど脱水します。

脱水が終わったら、風通しのいい日陰に干して自然乾燥をさせましょう。

*夏のような日差しの強い日向で乾燥させると、縮むこともあるので注意しましょう。

 

電気毛布の洗濯後の確認

乾燥したら電気毛布のしわを伸ばして、本体内部のヒーターによじれがないか手のひらで確認してください。

もし、よじれがある場合は修理が必要になります。

電気毛布の洗濯機での洗い方はこのような感じですね。

では、手洗いしたい時はどうすればいいのか、続けて見ていきましょう。

スポンサードリンク

電気毛布の手洗い方は?

電気毛布手洗い

電気毛布の手洗いは、タライや浴槽など広い場所に30℃以下のぬるま湯を入れて中性洗剤を溶かします。(*入浴剤が入ったぬるま湯はダメ。)

そして洗いやすいよう折りたたみ、電気毛布をぬるま湯につけ押し洗いします。

両手を使ってタライや浴槽の底に押し付ける感じで、ゆるめたり少し持ち上げたりを繰り返して洗いましょう。

 

電気毛布の手洗いのすすぎから乾燥まで

電気毛布乾燥

洗濯が終わったら、すすぎには「柔軟仕上げ剤」を使って数回揉んだ後、洗剤が残らないよう水ですすぎます。

すすぎが終わったら、念のため電源プラグ部分に洗剤がついていないか確認してください。

 

脱水は浴槽のふちなどにかけて水を切りましょう。(*このとき絞ったりすると本体内部のヒーターがよじれるので、絶対にやめましょう。)

脱水には結構時間がかかると思うので、ここの部分だけでも洗濯機で脱水をかけるという方法もあります。

乾燥や最終チェックは洗濯機の時と同じ。

電気毛布を洗うときは、手洗いも洗濯機の場合でも、製品に糸くずや繊維が付いたり色移りする可能性もあるので、他のものと一緒に洗濯しない方がいい場合もあります。

説明書にも書かれていると思うので、一度確認してくださいね。

スポンサードリンク

電気毛布のダニ対策は?

電気毛布ダニ対策

電気毛布を使っていると気になるのはダニの存在ですよね。

でも、冬場だとダニはほとんど活動できません。

ダニが活発に活動するのは6~8月などの高温で湿度の高い時期です。

具体的な温度と湿度で言うと、

温度20~30℃
湿度60%~80%

 

冬場にこんな温度や湿度はないですが、部屋の中となると話は別です。

暖房をして加湿器で乾燥対策している方も多いと思いますが、実はこんな環境はダニにとって喜ばれます。

この兼ね合いが難しいですよね。

だから、暖房をつけても良いですがあまり高温にはせず、湿度も50~60%くらいで留めるのがいいと思います。

 

電気毛布の使用前の掃除機

電気毛布掃除電気毛布を使う前に、まずは掃除機をかけてダニを吸いとりましょう。

そうすることでダニ本体とその死骸、また、ダニが出したフンなどを吸い取ることができます。

フンなどもアレルギーの原因になるので、掃除機で吸い取りましょう。

 

電気毛布のダニ対策のための使い方

電気毛布ダニダニが生きていられない環境の一つに、高温というのがあります。

ダニは

50℃以上の温度が20分以上続くと死滅する」

と考えられています。

だから、電気毛布の強運転だとおよそ52℃の温度が出るので、20分以上使い続けるだけでも効果が期待できると思います。(*私が使っている電気毛布の場合です。)

 

ただし、ダニの卵は「62℃の熱に2時間以上さらさないと死滅しない」と考えられています。

これはちょっと厳しいですね。(アイロンは内部を傷つけてしまう可能性があるので絶対ダメです。)

電気毛布によっては「ダニ退治モード」があったりしますね。

 

ダニ対策で使えるグッズ

電気毛布でダニ対策をしたい場合は、いくつかあるグッズの中でもダニ対策スプレーが一番簡単だと思います。

他にも寝具やソファ、ぬいぐるみ、また畳やカーペットにも使えるので一つあると便利ですよ。

スポンサードリンク

あとがき

電気毛布は洗濯機で洗えるのか。

また、その洗い方やダニ対策など、電気毛布のお手入れについてまとめましたがいかがでしたか。

 

電気毛布は洗えないと思ってしまいがちですが、実は洗えるタイプが非常に多かったりしてビックリですよね。

今回の洗濯の流れは、私が持っている電気毛布を参考に紹介しているので、細かい部分で洗い方が違う場合もあります。

そこはキチンとあなたの使っている電気毛布の説明書を見て確認してください。

 

そして電気毛布を洗うときには、本体のヒーター部分がねじれていたりすると修理になってしまいます。

そういった故障のリスクもあることは理解しておきましょう。

もし、

  • 故障させてしまいそう。
  • もっと手軽にキレイにしたい。

といった場合は、ファブリーズなどの除菌ができる消臭剤などで、軽めのメンテナンスをしてあげるのが良いんではないでしょうか。

あなたの生活スタイルもあると思うので、持っている電気毛布に合わせた洗い方やケアをして、長く快適に使えるようにしてあげて下さい。

電気毛布は、実は使い方次第で体に不調が現れることがあります。

あなたは、知らず知らずのうちに「間違った使い方」をしていないでしょうか。

そんな電気毛布で快適に安全に過ごすために、こちらの記事であなたの電気毛布の使い方が大丈夫かチェックしましょう!

参考ページ

電気毛布の体に悪い使い方とは?低温やけどや火事は?

 

スポンサードリンク

-暖房
-,

Copyright© かしこさのタネ , 2018 All Rights Reserved.