今日1つ賢くなります!知って得するおすすめ情報

かしこさのタネ

ハロウィン

ハロウィンのカボチャ料理の作り方!グラタンやコロッケ簡単レシピ

投稿日:

ハロウィン かぼちゃ 料理

ハロウィンでは仮装がスポットライトを浴びていますが、

カボチャ料理を作ってハロウィンを楽しむ。

こういった参加の仕方もありますよね。

でもカボチャ料理でハロウィンに合いそうなメニューって何なんだろう?

そこで今回は、

ハロウィンのカボチャ料理にはどんな食べ物があるのか。

その作り方やレシピについてまとめました。

今回はハロウィンで人気のグラタン、コロッケ、シチュー、サラダ、チーズ焼き、そぼろ煮、カレーと言うメニューをピックアップし、紹介していこうと思います。

スポンサードリンク

ハロウィンのカボチャ料理の作り方レシピ!

日本のハロウィンは何かと仮装がメインになりがちな風潮があります。

でも、ハロウィンに仮装をしなくても楽しめる方法はありますよね。

その中の一つで、

ハロウィンにカボチャ料理を作って楽しもう!

そんな楽しみ方があってもいいですよね。

そこでハロウィンでメインとなるカボチャにスポットライトを当てて、メニューに加えれる料理のレシピを見ていこうと思います。

その前に「ハロウィンってなぜカボチャなの?」と疑問に思う人は、こちらのページで詳しく紹介してるので読んでみて下さい。

 

今回、ハロウィンのカボチャ料理ということで、どんな料理があるのか。

そのレシピや作り方を動画とともにまとめてみたのが

  • グラタン
  • コロッケ
  • シチュー
  • かぼちゃサラダ
  • カボチャのチーズ焼き
  • かぼちゃとひき肉のそぼろ煮
  • カボチャのドライカレー
  • パンプキンライスカレー

これらの料理になります。

では順番に見ていきましょう。

スポンサードリンク

ハロウィンのカボチャ料理:グラタン

坊ちゃんカボチャの丸ごとグラタンの作り方とレシピ

【材料】

坊ちゃんカボチャ:1個
タマネギ:1/4個
ベーコン:1枚
バター:小さじ1

「ホワイトソース」
バター:小さじ1
小麦粉:小さじ1
牛乳:70cc
生クリーム(または牛乳):30cc
塩コショウ:適量
ピザ用チーズ:好きなだけ

坊ちゃんカボチャという、ちょっと小ぶりなカボチャを丸ごと使ったグラタンです。

カボチャをよく洗って濡らしたキッチンペーパーの上から、ラップをして600wで5~6分レンジにかけると、かなり柔らかくなるんですね。

後はグラタンの具をカボチャの中に入れて、オーブンで焦げ目がつくまで焼くと出来上がり!

ハロウィンにはピッタリのカボチャのグラタンですが、見た目も良いし作り方も結構簡単ですね。

 

大きいかぼちゃを丸ごと使いたい時もありますよね。

でも丸ごとはなかなか置いてないかもしれませんが、スーパーとかで店員さんに訊ねると奥に置いてあるようで意外と売ってくれます。

まあ切ったままだと鮮度が落ちるから、普通は丸ごと置いてあってその日に売れる分だけ切るって感じですよね。

 

ハロウィンのカボチャ料理:コロッケ

サクサクほくほく!かぼちゃコロッケの作り方とレシピ

【材料(2人分)】

かぼちゃ:1/4個
牛乳:小さじ1
塩こしょう:少々
小麦粉:適量
溶き卵:適量
パン粉:適量
サラダ油:適量

コチラもレンジでチンしてカボチャを柔らかくし、それを使ってコロッケを作っていきます。

レシピとしてはとてもシンプルなので、ここに玉ねぎやひき肉を炒めたものを入れたりして、晩ご飯のおかず感を出すのもいいですね。

コチラも作り方は簡単なので、色々アレンジもしやすいと思います。

スポンサードリンク

ハロウィンのカボチャ料理:ポットパイ風かぼちゃシチュー

ポットパイ風かぼちゃシチューの作り方とレシピ

【材料(2人分)】

餃子の皮:8枚
かぼちゃ:1/8個
鶏もも肉1:/2枚
玉ねぎ:1/2個
ブロッコリー:1/4個
バター:20g
牛乳:300ml
薄力粉:大さじ2
コンソメの素:小さじ1
塩・胡椒:少々
オリーブオイル:少々
粉チーズ:小さじ2

コチラは餃子の皮を使ったポットパイ風のカボチャのシチューです。

最初は普通の作り方ですが、最後に餃子の皮で包むところが良いアイデアですね。

基本は炒めることが中心なので、わりと簡単にできる作り方じゃないでしょうか。

レシピも通常のシチューと同じような感じでできると思います。

 

ハロウィンのカボチャ料理:ワンボウルシチュー

レンジで作る!ワンボウルシチューの作り方とレシピ

【材料(2人分)】

鶏むね肉:150g
かぼちゃ:1/4個(200g)
玉ねぎ:1/2個
塩こしょう:少々

[ホワイトソース] バター:30g
薄力粉:大さじ2
塩:小さじ1/3
こしょう:少々
コンソメ小さじ:1/2
牛乳:400㏄

ハロウィンの日にカボチャのシチューって作りやすいし人気もあるので、もう一つ面白そうな作り方を。

コチラはボウル1つで作ってしまおうという簡単な作り方です。

こんな簡単にできちゃうんですね。

先ほどのポットパイ風のやつもなんですが、もし坊ちゃんカボチャのような小さなカボチャがあって、それが器にできそうならそちらに入れても面白いかもしれませんね。

スポンサードリンク

ハロウィンのカボチャ料理:まるごとカボチャポタージュ

まるごとカボチャポタージュの作り方とレシピ

【材料】

カボチャ:1個
牛乳:400ml
固形のコンソメ:3個(粉末なら15g)
バター:30g
タマネギ:1個
塩・コショウ:少々
とろけるチーズ:適量
冷凍パイシート:1枚
卵黄:1個分

コチラはカボチャ丸ごと一個を使って、パイ生地を重ねてつくる料理です。

見た目が半端なく美味しそうですよね。

パイ生地がサクサクとして、目と食感で楽しめます。

動画では種ごといってるので、漉し器が必要になるので用意しておきたいですね。

こういったカボチャをまるごと使う料理では、けっこう種がもったいないと感じてしまうので、ついでにカボチャの種を使った料理も紹介しておきますね。

 

ハロウィンのカボチャ料理:かぼちゃの種のおつまみ

特別なことはほとんどないと思います。

オリーブオイルをからめてオーブンで焼くので、カリッとした食感になりますね。

味付けはチリやガーリックパウダーを使っていますが、このへんはお好みで変えてもいいし、なにか別のソースを用意してもいいと思います。

 

ハロウィンのカボチャ料理:かぼちゃサラダ

シンプルなカボチャサラダの作り方とレシピ

【材料(3人分)】

かぼちゃ:1/8個
玉ねぎ:1/4個
塩こしょう:少々
マヨネーズ:大さじ2杯
粒マスタード:小さじ1と1/2杯

レシピとして準備するものは少ないですね。

作り方も簡単で、カボチャをレンジでチンしてそれから他の具材と混ぜていく作り方です。

ポテトサラダみたいな感じでカボチャサラダを作る感覚でしょうか。

シチューなどのメインに加えて、こういったサラダがあるとアクセントになって良いかもしれませんね。

スポンサードリンク

ハロウィンのカボチャ料理:マリネサラダ

ハロウィンカラーのマリネサラダの作り方とレシピ

【材料(4人分)】

「マリネ液」
バルサミコ酢:50ml
砂糖:大さじ1
エキストラバージンオリーブオイル:大さじ1
塩:小さじ1

「食材」
紫キャベツ:小1/2個
かぼちゃ:200g
くるみ:40g
レーズン:40g
オリーブオイル:適量
塩コショウ:適量

カボチャと紫キャベツを使ったサラダです。

多めに作って分けて食べれるので、家族揃ってやパーティ用でもいいですね。

ハロウィンの雰囲気に紫キャベツがマッチして、手軽に作れてサッパリとしたカボチャサラダなのでいいと思います。

 

ハロウィンのカボチャ料理:カボチャのチーズ焼き

重ねてほくほく! かぼちゃとズッキーニのとろ~りチーズ焼きの作り方とレシピ

【材料(2人分)】

かぼちゃ:250g
ズッキーニ:1本
とろけるチーズ:40g
塩こしょう:少々

「そぼろ」
合い挽き肉:150g
玉ねぎ:1/4個
酒:大さじ1/2杯
みりん:大さじ1/2杯
塩:少々

カボチャとズッキーニを使って、チーズでまとめると言ったカボチャのチーズ焼きです。

作り方やレシピも簡単ですし、メインの一品にもなりそうなボリュームもあっていいですよね。

スポンサードリンク

ハロウィンのカボチャ料理:かぼちゃとひき肉のそぼろ煮

かぼちゃとひき肉のそぼろ煮の作り方とレシピ

【材料】

かぼちゃ:300g
ひき肉:100g
醤油:大さじ2杯
酒:大さじ2杯
砂糖:大さじ2杯
みりん:大さじ1杯
しょうがチューブ:3cm
水:200cc
油大さじ:1杯
水溶き片栗粉

カボチャとひき肉のそぼろ煮です。

あんかけでトロトロなのが美味しい料理で定番のカボチャ料理ですね。

レシピも作り方も簡単で時間もそんなにかかりません。

カボチャも最初にレンジにかけておくと、もっと時短になりますね。

ただ完全に和風なので、ハロウィンのメニューにはちょっと合わないかもしれませんね。

でも美味しいのは間違いないので、こういうのがあっても良いかも。

 

ハロウィンのカボチャ料理:カボチャのドライカレー

カボチャのドライカレーの作り方とレシピ

【材料】

カボチャソース:100g
合いびき肉:100g
カボチャ:40g
玉ねぎ:1/4個
ニンニク:1片
カレールゥ:1ブロック(17.5g)
水:50ml
サラダ油:適量
塩:適量
黒胡椒:適量
ナツメグ:適量
ごはん:200g

カボチャのドライカレーの作り方のポイントには、

  • ブイヨンは細かく砕き、溶かしやすくする。
  • 水分はしっかり飛ばす。

ということのようです。

これは味もさることながら、見た目が圧倒的に良いですね。

もし他の形にしたいなら色々アレンジできるし、応用もききやすいと思います。

 

ハロウィンのカボチャ料理:パンプキンライスカレー

ハロウィンパンプキンライスカレーの作り方とレシピ

先ほどはドライカレーでしたが、コチラは普通のカレーで作って盛り付けをアレンジしたタイプのハロウィンカレーです。

最初ご飯を炊く時に、カボチャを入れてたくのがポイントですね。

カレーの中にカボチャを入れてもいいですね。

ご飯の部分にアレンジすることで、ハロウィンの雰囲気が味わえるカレーが楽しめます。

普段作っている家のカレーにちょっとアクセントを加えるだけなので、とても作りやすいんじゃないでしょうか。

盛り付けの時に、焼き海苔でジャックオーランタンの顔を作っていくと、面白い形に出来上がりますね。

型抜きなどで人参やチーズなどを抜いていってトッピングすると、ハロウィンの雰囲気が出ていいですね。

 

あとがき

ハロウィンのカボチャ料理にはどんな食べ物があるのか。

その作り方やレシピについてまとめました。

今回はグラタン、コロッケ、シチュー、サラダ、チーズ焼き、そぼろ煮、カレーというメニューで、できるだけ簡単なご飯のレシピを中心に紹介しましたがいかがでしたか。

ハロウィンに合いそうなカボチャを使った料理の作り方も、こうやってまとめて見ると色々ありますね。

 

今回は晩ごはんのイメージで紹介していきましたが、子供たちと食べる3時のおやつや晩ごはんの後のデザートも欲しいですよね。

続けて、コチラでハロウィンのデザートのレシピなどまとめているので、よかったらこちらも参考にしてください。

 

スポンサードリンク

-ハロウィン
-,

Copyright© かしこさのタネ , 2018 All Rights Reserved.