今日1つ賢くなります!知って得するおすすめ情報

かしこさのタネ

年賀状

年賀状のビジネス向けの一言:取引先の会社やお客様への添え書き文例

更新日:

年賀状 一言 ビジネス

ビジネス向けの年賀状に一言メッセージを添え書きしたい。

でも、どんなことを書けばいいんだろう?

ちょっと考えますよね。

ビジネスで送る場合はマナーが大切なので、失礼のない言葉が必要です。

ビジネス関係で親密なお客様もいるでしょうが、それは別と考えて年賀状ではしっかり言葉を選びましょう。

その年賀状に一言添え書きするには、「3つのポイント」があります。

この3つのポイントを抑えて書くと、印刷だけの年賀状も一気に心のこもった年賀状へと早変わりするんですね。

今回は、その3つのポイントをベースにして、

「年賀状で一言ビジネスで添え書きするときの文例」

  • 日頃の感謝
  • 取引先の会社に向けて
  • お客様に向けて

というように分けてまとめました。

あなたの年賀状にアクセントを加えるために、ぜひ参考にしてください。

スポンサードリンク

年賀状で一言ビジネスで添え書きする言葉は?

年賀状をビジネス関係で送るとき、印刷だけで送る場合も多いと思います。

受け取る側も、ある程度は付き合いで送ってる事は何となく感じますよね。

ビジネス関連の年賀状なので、関係の継続や円滑に進めるためのツールだと割り切ることも多いです。

ただ、そんなビジネス関連の年賀状にも、一言添え書きがされていると少し差別化もできます。

例えば、ビジネスでの一般的な年賀状では

  • お決まりの定型文
  • 市販の印刷済みの年賀状
  • 「謹賀新年」などの一言くらいしか書いていない。

こういうのをもらうことが多いと思いますが、特別感はありません。

ああ、あの会社からね。

このくらいの印象だと思います。

そんな時にあなたからの一言があれば、取引先の相手を大切にしている姿勢も伝わりやすいですよね。

ただの印刷の年賀状が、一気に心のこもった年賀状へと変わるんです。

例えば、一つ取引先の会社の担当者に送る年賀状の文例を見てみましょう。

 

取引先に送る年賀状

恭賀新年

旧年中は弊社業務に特段のご配慮を賜り誠に有難うございました

本年もなお一層の誠意をもって業務に邁進いたしますので よろしくお願い申し上げます

貴社のさらなるご発展をお祈り申し上げます

空きスペース

平成○○年 元旦

無難に仕上がった年賀状の文面だと思います。

これだけで出しても特に違和感も感じませんよね。

ただ、これに一言が添え書きされていたらどうでしょう。

 

恭賀新年

旧年中は弊社業務に特段のご配慮を賜り誠に有難うございました

本年もなお一層の誠意をもって業務に邁進いたしますので よろしくお願い申し上げます

貴社のさらなるご発展をお祈り申し上げます

昨年は合同プロジェクトの件でご助力を賜りましてありがとうございました また機会がございましたらコラボいたしましょう

平成○○年 元旦

印刷の場合はおそらく型が決まっていると思うので、空いているスペースに書くことになると思います。

そこに添え書きすると、ずいぶんと印象が変わったように思いませんか?

だから印刷だけの場合には、ぜひこの一言メッセージを添え書きすることをオススメします。

ただし、この一言メッセージを添え書きする場合には、3つの注意点があるんですね。

スポンサードリンク

上司への年賀状の一言添え書きの注意点

  1. 手書きで行う
  2. 担当者としての誠意や新年の抱負、力添えのお願い
  3. プライベートは避ける

この3つです。

そんなに難しくはないし、

こんなちょっとのことで・・・。

と思うかもしれませんが、この3つが意外と大切です。

 

年賀状の一言は手書き

年賀状 一言 上司 手書き

手書きなのか印刷なのかでは、心のこもり方が違います。

受け取った取引先は、

自社(自分)のために書いてくれた、ただ一つの年賀状

という事がハッキリわかるからです。

この年賀状の一言も印刷だと、どの会社に対しても同じ年賀状を送っていると思われるかもしれません。

だから手書きでメッセージを添え書きするのは、非常に重要なんです。

 

年賀状の一言は誠意や新年の抱負、力添えのお願いを書く

これは、

「仕事に対する熱意」

という事がハッキリとわかるポイントです。

取引先の会社に送る年賀状なので、基本的には仕事上の内容です。

そこで担当者としての誠意や新年の抱負、力添えのお願いする言葉を連ねることで、

「仕事への情熱、やる気」

という事で特別感が違います。

少なくても、受け取った取引先からマイナスになることはないでしょう。

 

年賀状の一言にプライベートは避ける

年賀状 句読点 つけてしまった

これは年賀状の添え書きで失敗しないためのポイントです。

ビジネスの場合は個人間でのものではなく、会社と会社の関係をつなぐものだと思います。

その中でプライベートを入れると、会社との関係の年賀状なのか個人としての年賀状なのかハッキリしません。

例えば、

恭賀新年

旧年中は弊社業務に特段のご配慮を賜り誠に有難うございました

本年もなお一層の誠意をもって業務に邁進いたしますので よろしくお願い申し上げます

貴社のさらなるご発展をお祈り申し上げます

また○○に飲みに行きたいですね。

平成○○年 元旦

これはかなり極端な例として書きましたが、これが会社に送られてきて会社関係者が見たらどうでしょう?

親密なことはわかりますが、会社間でのやり取りではあまり向いているようには思いません。

まあ、個人事業主どうしとか社長どうしとかならいいかもしれませんが、会社と会社の関係では多少のリスクがあると思います。

どうしても趣味やプライベートの話を入れる場合は、ケースバイケースでお願いします。

スポンサードリンク

年賀状の一言で取引先の会社に向けた文例は?

では、年賀状の一言で取引先の会社に向けた添え書きする場合、どんな言葉があるのか。

その参考になる文例を用意しました。

ビジネスで送る場合でもいくつかのケースがあると思いますが、今回は、

  1. 日頃の感謝
  2. 取引先の会社に向けて
  3. お客様に向けて

この3つのパターンで紹介したいと思います。

 

ビジネスの年賀状の一言:日頃の感謝

  • 旧年中はひとかたならぬご愛顧にあずかり誠に有難うございました
  • 昨年は無理なお願いを快くお引き受けくださり感謝申し上げております
  • ご縁をいただき感謝いたします 飛躍の一年になりますことをお祈り申し上げます
  • 昨年は新商品の開発にあたり様々なアドバイスをいただきありがとうございました お陰様で初夏には店頭に並び運びとなりました
  • 旧年中賜りました一方ならぬお引立てに深謝いたします
  • ○○プロジェクトでは大変お世話になりありがとうございました
  • 旧年中は当社製品をご贔屓にして頂き誠にありがとうございます
  • 日頃のお付き合いに心より感謝申し上げます
  • ○○様との仕事は 私にとってとても勉強になりありがたく感じております
  • 旧年中は誠実なご対応をありがとうございました
  • 昨年は○○の件につきご助力を賜りましてありがとうございました

日頃のお付き合いに対する感謝や、仕事の協力関係にあることへの感謝など、年賀状で送る言葉でふさわしいものと思います。

もし具体的な案件でお世話になったことなどあれば、それについて書けるといいですね。

 

ビジネスの年賀状の一言:取引先の会社に向けて

  • 本年も変わらぬご交誼のほど何卒よろしくお願い申し上げます
  • 貴社益々のご発展をお祈り申し上げます
  • 御社のますますのご発展を祈念いたします
  • 御社のご繁栄と皆様のご健勝を心よりお祈り申し上げます
  • 今年もご支援ご指導の程 よろしくお願い申し上げます
  • 貴社益々のご発展と 社員皆々様のご多幸をお祈り申し上げます
  • 本年もお力添えのほどよろしくお願いいたします
  • 今年も○○様のお役にたてますよう 社員一同さらに努力を重ねてまいります
  • 本年もご期待に添えるよう精進いたす所存でおります
  • 年頭にあたり謹んで御繁栄と御多幸をお祈り申し上げます
  • ○○様のお陰で昨年は大変勉強させて頂きました
感謝の言葉とともに、今後のお付き合いや協力をお願いする一言も欲しいですね。

ここで会社としての姿勢などもうかがえると思います。

スポンサードリンク

年賀状の一言でお客様に向けたメッセージは?

会社通しの付き合いでビジネス向けの一言を添え書きすることも多いと思いますが、お客様として相手に年賀状を送る場合もあると思います。

  • 会社からお客様の会社へ
  • 会社から個人のお客様へ

このように形があると思います。

その場合に年賀状にお客様へ向けた一言を書く時、どんな添え書きの一言があるのかその文例をいくつか用意しました。

 

ビジネスの年賀状の一言:お客様に向けて

  • 本年も変わらぬご愛顧のほどなにとぞよろしくお願い申し上げます
  • 今年もお客様のご期待に添える製品をお届けできるよう精進いたします
  • お客様のご来店をお待ちしております
  • 本年もなお一層のお引き立てを賜りますようお願い申し上げます
  • 今年も皆様のお役にたてるよう 一層の努力をもってご厚情にお応えしてまいります
  • 本年も皆様にご満足いただける細やかなサービスに努力してまいりたいと存じます
  • 近くにお越しの際はお気軽にお立ち寄りください
  • スタッフ一同 心よりご来店をお待ちいたしております
  • 今年は更なるサービス向上に努める所存です
  • ご購入頂いた商品の調子は如何でしょうか 何かありましたら遠慮なく御申し付け下さい
  • 本年も社員一同 一丸となってサービスをご提供いたします
  • 本年も変わらぬご引立てのほどよろしくお願い致します
  • 昨年は当店の商品をご購入いただき誠にありがとうございました
  • 新年は○日○時より営業を開始いたします
  • 本年より営業時間が○時~○時に変更になります

基本的には自社の製品やサービスを使ってくれていることへの感謝の言葉が多くなると思います。

そして、今後も引き続いて使ってもらえるようお願いする言葉などですね。

また、使ってもらっている製品の様子をうかがう言葉や、新年の営業についてのことがあってもいいと思います。

ビジネスで送る年賀状の一言は、このような感じでしょうか。

ビジネスの年賀状では、あまり個性を出しすぎるとマイナスに働く場合があります。

あくまで「ビジネスとしての年賀状」なので、失礼のない社交辞令の文面になることは仕方ないかもしれませんね。

 

スポンサードリンク

あとがき

年賀状で一言ビジネスで添え書きするには、何に注意して書けばいいのか。

また、そのメッセージの文例を

  • 日頃の感謝
  • 取引先の会社に向けて
  • お客様に向けて

というように分けてまとめましたがいかがでしたか。

たくさん用意したので、いろいろ参考にしてほしいと思います。

 

また、年賀状に一言添える場合には、ビジネスはもちろん上司や先生などの場合も注意するポイントは同じです。

そんな年賀状の添え書きには、ビジネス以外でどんな一言があるのか。

こちらも同じようにまとめて、別のページで紹介しています。

関連ページ

>>年賀状の一言:上司に添え書きする文例は?
>>年賀状の一言:先生に添え書きする時の文例は?
>>年賀状の一言:親戚に添え書きする時の文例は?
>>年賀状の一言:友人に添え書きする時の文例は?

よかったら参考にしてください。

 

スポンサードリンク

-年賀状
-

Copyright© かしこさのタネ , 2018 All Rights Reserved.