今日1つ賢くなります!知って得するおすすめ情報

かしこさのタネ

お歳暮・お中元

お歳暮のお礼ってメール返信は失礼?件名や友人への例文は?

投稿日:

お歳暮 お礼 メール 返信

お歳暮が贈られてきたら、必ずそのお礼を相手に伝えるのがマナーです。

そのお礼の手段は、手紙や葉書といった媒体で行うのが一般的ですが、メールを使ってお礼をしたらどうなんだろうって思いますよね?

どう考えても手紙を書くより早いし、切手や封書など準備する手間もありません。

でも、その手間の事だけ考えて、お歳暮のお礼をメールでするのってどうなんだろうって考えちゃいます。

そこで今回は、

お歳暮のお礼にメールの返信では失礼なのか。

また、メールでお礼をする時の件名や文章の書き方を、文例と共に友人や会社の部下、ビジネスでのシーンでまとめました。

スポンサードリンク

お歳暮のお礼ってメール返信は失礼?

お歳暮が届いたら、まずはお礼を述べるのがマナーです。

ただ、お歳暮のお礼にメールで返信するのは失礼に当たるのでしょうか。

メールで伝えられればすぐにお礼が言えますし、お礼状のはがきなどを準備する手間も省けます。

でも、このようなお歳暮のお礼のマナーでは、メールや電話は使いません。

一般的にお礼状のはがきや手紙で感謝の気持ちを伝えます。

メールによるお礼は略式とされ、あまり好ましい形ではありません。

 

ただ、最近では時代の流れとともに、お歳暮のお礼がメールでの返信や電話で伝えることも多くなっています。

特に会社と会社のお歳暮のやり取りなどでは数が非常に多くなるため、お歳暮のお礼状を書くだけでも一苦労になります。

ですので、お歳暮のお礼状はメールでする事も多く、すぐにお礼を送ることができるため便利なのです。

 

一般的な家庭のお歳暮のやり取りの場合も、お礼状は手紙ではなくメールや電話で伝えることも増えています。

例えば、お礼状を書くつもりでも、少し時間がかかりそうなら初めにメールなどでお礼をし、改めてお礼状を書くといった場合もあります。

お歳暮のお礼状のマナーとしては手紙やはがきですが、必ずしも守るルールではないという事は覚えておきたいですね。

何もお礼をしないということよりは遥かにマシです。

ですので、臨機応変に現状や相手に合わせてお礼を伝えられればと思います。

スポンサードリンク

お歳暮のお礼メールの件名や例文は?

お歳暮が届いたら、そのお礼はすぐにしましょう。

遅くとも届いてから3日以内に送るのがマナーです

お歳暮のお礼をメールで送る時、その件名や内容はどのようにして書けばいいのか?

その書き方のポイントは6つあり

  1. 頭語(拝啓など)
  2. 時候の挨拶
  3. お歳暮が届いたことと感謝の気持ち
  4. 贈り物に対する具体的な感想
  5. 相手の健康を気遣う言葉
  6. 結語(敬具など)

これらを抑えて書いていければ、整ったお礼のメールが出来上がるでしょう。

あとはメールの文末に

電話番号
住所
メールアドレス

こういった情報を載せる場合は書き入れましょう。

……………………………………
田中一郎 tel.090-0000-0000
東京都杉並区○○
E-mail:**@**.**
……………………………………

このポイントを抑えてどのようにして書けばいいのか、一般的な一つ文例を用意しました。

 

お歳暮のお礼メールの文例

件名:お歳暮のお品ありがとうございました。

拝啓 師走に入り寒さも厳しくなってまいりましたが、お変わりなくお過ごしのことと存じます。

この度はお心づくしのお品、ありがとうございました。主人が仕事終わりの一杯に頂きましたビールを毎日楽しんでおります。

これから寒さも厳しくなるようでございます。

くれぐれもご自愛下さるとともに、良いお年をお迎えください。

取り急ぎメールにて御礼申し上げます。

敬具

 

お歳暮のお礼はメールで行うときも、ハガキを使うときも内容は同じです。

お歳暮の中身について具体的に書くと、贈った方も内容が伝わりお歳暮を贈ってよかったという気持ちになりやすいと思います。

また、お礼以外のことを書くとお歳暮のお礼状としての内容が薄れてしまうので、あまり余計なことは書かないほうがいいです。

スポンサードリンク

お歳暮のお礼メールの例文:友人・上司・会社

では、お歳暮のお礼メールを送る時、友人や会社の上司、ビジネスの場面での文例など、それぞれのケースで用意してみました。

 

お歳暮のお礼メールの例文:友人

件名:お歳暮ありがとう

拝啓 年末の慌ただしい毎日ですが、お元気でお過ごしのことと存じます。

このたびはお心遣いのお品を頂き、ありがとうございました。

やはり北海道ならではの特産品は質もよく、家族みんなで美味しくいただきました。

これから寒さも本格的になってまいりますので、どうぞご自愛ください。

先ずはお礼かたがたご挨拶まで。

敬具

 

お歳暮のお礼メールの例文:上司から部下へ

件名:お歳暮のお礼

拝啓 師走の候、○○様におかれましては お変わりなくお過ごしのことと存じます。

さて、この度はお心づくしのお歳暮をいただき、ありがとうございました。ご芳志のほど重ねて御礼申し上げます。

皆様お元気で、良い新年をお迎えなされることをお祈りいたします。

まずは、とりあえず御礼まで。

敬具

 

スポンサードリンク

お歳暮のお礼メールの例文:ビジネス

件名:お歳暮ありがたく頂戴いたしました

株式会社○○
△△様

拝啓 初冬の候、ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。

さて、このたびは結構なお品をお贈りいただき、誠に有難く存じます。

弊社は、より一層尽力してまいりますので、今後とも何卒ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

貴社の皆様方の益々のご活躍とご健康をお祈り申し上げます。

取り急ぎ、お歳暮のお礼を申し上げます。

敬具

 

あとがき

お歳暮のお礼にメールの返信では失礼なのか。

また、メールでお礼をする時の件名や文章の書き方を、文例と共に友人や会社の部下、ビジネスでのシーンでまとめましたがいかがでしたか。

お歳暮のお礼の返事には手紙や葉書で伝えるのがマナーですが、状況に応じてメールや電話での返事も多くなっています。

何もお礼をしないくらいなら、絶対にメールや電話ででもお礼をした方がいいので臨機応変に使うようにしましょう。

 

さて、もしお歳暮が届いたら、お返しについて考えますよね。

自分が贈っていないのに相手からお歳暮が届いたらお返しをしないといけないのか?

そんなお歳暮のお返しのマナーについて、こちらのページでまとめています。

 

気になる方はぜひ読んでおいて下さい。

 

スポンサードリンク

-お歳暮・お中元
-,

Copyright© かしこさのタネ , 2018 All Rights Reserved.