今日1つ賢くなります!知って得するおすすめ情報

かしこさのタネ

残暑見舞い

残暑見舞いの例文・文例「友人・先生・上司・ビジネス」で宛てる文面

更新日:

残暑見舞い02

残暑見舞いの例文・文例について紹介していこうと思いますが、その書き方には5つのポイントがあります。

それが、

  1. 残暑見舞いの挨拶
  2. 時候の挨拶、相手の安否
  3. 自分の近況報告
  4. 相手の健康や無事を祈る言葉
  5. 後付(日付、差出人名など)

この5つです。

今回の残暑見舞いの例文でも「友人・親戚・先生・上司・ビジネス」について作りましたが、基本的には誰に宛てる場合でもこの形は崩れません。

だから、この基本の形を守りながらそれぞれに言葉を入れていくと、自然と良い残暑見舞いが出来上がってくると思います。

そこで今回は、この5つのポイントを踏まえて残暑見舞いの例文・文例

「友人・親戚・先生・上司・ビジネス」

このそれぞれに宛てる場合で作ってみました。

ぜひ、今年の残暑見舞いの参考にしてもらえればと思います。

スポンサードリンク

残暑見舞いの例文・文例「友人宛」

残暑見舞いが送られてくると、なんとなくうれしいですよね。

友人は今いったいどうしているんだろう?

こんなふうに思っていた人から送られてくると、久しぶりだったらまた会いたくなったりしませんか。

 

毎年送られてくるような残暑見舞いでも、1年で状況は変わったり、新しい事にチャレンジしたりなど、伝えたいことは色々ありますよね。

そんな残暑見舞いを書いてみようと思っても、

どうやって書くの?
何を書いたらいいの?
マナーとかあるの?

特に初めてだと、いろいろわからないことは多いですよね。

 

そこで、最初に挙げた5つのポイントに注目してみましょう。

  1. 残暑見舞いの挨拶
  2. 時候の挨拶、相手の安否
  3. 自分の近況報告
  4. 相手の健康や無事を祈る言葉
  5. 後付(日付、差出人名など)

 

このポイントに注目しながら残暑見舞いの例文・文例を見ていくとわかりやすいので、頭に入れながらザッと見て雰囲気をつかみましょう。

スポンサードリンク

残暑見舞いの例文:友人へ1

残暑お見舞い申し上げます

秋とは名ばかりの厳しい暑さが続いていますが、お変わりございませんか。

こちらはおかげさまで、相変わらず元気に暮らしております。

今年の夏は仕事が忙しくあまり時間が取れませんが、夏が終われば暇も出来るのでまた連絡します。

まだこれから暑い日が続きそうなので、お身体には十分気をつけてくださいね。

平成○○年 立秋

 

残暑見舞いの例文:友人へ2

残暑お見舞い申し上げます

夏も終わりを告げようとしております。皆様お元気ですか。

私と家族はこの夏に、この前お話していた北海道旅行に行ってきました。

夏なのにとても涼しく、まるで春のような気候でしたが、こちらに帰ってきてから現実に戻されたような感じです。

また近いうちに連絡するので、詳しい話はその時に。

過ごしやすい季節もすぐそこです。どうかご健康にはご留意ください。

平成○○年 晩夏

 

残暑見舞いの例文:友人へ3

残暑お見舞い申し上げます

立秋とは名ばかりの暑い日が続いております。

皆様お元気でしょうか。

今年の夏は子供が小学生になったこともあり、夏休みにキャンプへ連れて行こうかと思っています。

確か○○さんはキャンプが得意だったというのを思い出したので、わからないことがあったら色々教えてください。

まだまだ暑い日が続きますが、夏風邪などひかれないようにお過ごしください。

平成○○年 8月

 

残暑見舞いの例文で友人への文面を用意しました。

先ほどの5つのポイントを踏まえ、話しかけるような感じで共通の話題などで文を作れればいいと思います。

 

残暑見舞いのワンポイント!

また、残暑見舞いの挨拶では、一番最初は、

残暑見舞い

となります。

ハガキに書く場合は、この「お」の部分を忘れないように書いて下さいね。

スポンサードリンク

残暑見舞いの例文・文例「親戚宛」

暑中見舞い08

親戚へ宛てる残暑見舞いは、その関係にもよりますが友人に送るよりかは丁寧な言葉遣いになると思います。

それでは、暑中見舞いの例文・文例で親戚への文面を見ていきましょう。

 

残暑見舞いの例文:親戚へ1

残暑お見舞い申し上げます

晩夏の候、皆様お変わりなくお過ごしのことと存じます。

今年のお盆はお邪魔させていただき、ありがとうございました。

子供たちも大変喜んでおり、私ども家族一同、大変貴重な時間を過ごさせていただきました。

残暑なお厳しい折から、皆様のご健康をお祈り申し上げます。

平成○○年 8月

 

残暑見舞いの例文:親戚へ2

残暑お見舞い申し上げます

立秋も過ぎて朝夕の風は少しずつ涼しくなっているようです。

ご無沙汰してますが、お元気でしょうか。

今年もお盆休みが取れそうになく、まとまった休暇は9月あたりになると思います。

お彼岸の頃に帰省できるかとは思いますが、またあらためてご連絡させていただきます。

朝夕はしのぎやすくなりましたが、どうかお体を大切に。

平成○○年 立秋

 

残暑見舞いの例文:親戚へ3

残暑お見舞い申し上げます

晩夏の候、ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。

こちらはおかげさまで暑さに負けず、家族一同元気に過ごしております。

暑い日が続いていますが、くれぐれもお体に気をつけてください。

平成○○年 晩夏

 

残暑見舞いのワンポイント!

残暑見舞いの後付(日付、差出人名など)には、細かな日付は省略して書きます。

ですので、

平成○○年 晩夏
平成○○年 立秋
平成○○年 8月

などといったように最後を締めてもらえればと思います。

スポンサードリンク

残暑見舞いの例文・文例「先生宛」

暑中見舞い09

先生と言っても、学校に通っている子供が出す残暑見舞いと、恩師に宛てるものではちょっと変わってくると思います。

恩師に宛てる残暑見舞いは、やはり上司に送る場合と同じように丁寧な言葉遣いが求められると思います。

でも、学校の先生に宛てる場合は、そこまで堅苦しくなる必要もないかもしれませんね。

関係性も考えないといけないケースもありますが、普段の話をするくらいの文章でも大丈夫ではないでしょうか。

 

それでは、残暑見舞いの例文・文例で先生への文面を見ていきましょう。

 

残暑見舞いの例文:先生へ1

残暑お見舞い申し上げます

残暑なお厳しき折から、お健やかにお過ごしでしょうか。

私は春からの研修が終わりました。

現場での仕事が始まり、いよいよ本番といったところです。

これからもまだ暑い日が続くので、体調を崩さないようお過ごしください。

平成○○年 立秋

 

残暑見舞いの例文:先生へ2

残暑お見舞い申し上げます

残夏のみぎり、お変わりなくご活躍のこととお喜び申し上げます。

夏のこの時期になると、進路相談で親身になってくれた○○先生のことを思い出します。

おかげさまで社会人としての生活にも慣れ、充実した日々を過ごせています。

まだまだ厳しい暑さが続きますので、くれぐれもご自愛ください。

平成○○年 晩夏

 

残暑見舞いの例文:先生へ3

残暑お見舞い申し上げます

猛暑でとても暑い日が続きますが、お元気ですか。

私は夏休みに入ってから、家族で沖縄へと行ってきました。

周りは一面きれいな海で、時間を忘れて泳いでしまいヘトヘトになりました。

肌が白かったのに、ここ数日でもう真っ黒です。

地元に帰ってからも、やっぱり暑さは沖縄と変わりませんね。

先生も体には気を付けて、また二学期に元気に会えることを楽しみにしています。

平成○○年 8月

 

残暑見舞いのワンポイント!

残暑見舞いの例文をザッと見て、あまり否定的・ネガティブな言葉がないのに気づきましたか?

例えば、

今、病気でしんどくてなにもやる気がありません。
もうこの仕事を辞めて、ぶらぶらしようかと思います。
生きてる意味が分かりません。

こういう手紙はもらった方も萎えてしまいますよね。

近況報告を入れて残暑見舞いを作りますが、相手に届けるものなので気分が落ち込んでしまうような文章にはしないほうがいいですね。

スポンサードリンク

残暑見舞いの例文・文例「上司宛」

暑中見舞い10

上司に宛てる残暑見舞いは失礼の無い文面が求められ、結構硬くなってしまうでしょう。

アットホームな会社や、年が近くて家族ぐるみなどのケースもあるとは思いますが、それでもきちんとした文章は求められますね。

きちっとした文章の中にも、何か印象付けれるようなメッセージがあれば良いのではないでしょうか。

 

それでは、残暑見舞いの例文・文例の上司への文面を見ていきましょう。

 

残暑見舞いの例文:上司へ1

残暑お見舞い申し上げます

厳しい暑さが続いておりますが、ご健勝のことと存じます。

夏の休暇でご配慮いただきましてありがとうございました。

おかげさまでお盆は実家に帰省することができました。

今後も一層の努力のもと、精一杯頑張っていく所存ですのでよろしくお願い申し上げます。

まだまだ暑い夏が続くようですので、くれぐれもご自愛のほどお祈り申し上げます。

平成○○年 8月

 

残暑見舞いの例文:上司へ2

残暑お見舞い申し上げます

晩夏の折、○○課長におかれましてはご清祥のことと存じます。

日頃は大変お世話になり、またお心にかけて下さいまして厚く御礼申し上げます

今後も一層、仕事に邁進する所存でございます。

これからもご指導、ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。

残暑厳しき折、くれぐれもご自愛くださいませ。

平成○○年 晩夏

 

残暑見舞いの例文:上司へ3

残暑お見舞い申し上げます

立秋の候、お変わりなくご活躍のこととお喜び申し上げます。

今年の夏は、休暇にBBQのお誘いをいただきましてありがとうございました。

おかげさまで、仕事仲間とも楽しい時間を過ごす事ができ、心身ともにリフレッシュできました。

また仕事に励みたいと思いますので、これからもご指導のほど宜しくお願いいたします。

寝苦しい夜が続きますが、夏風邪などひかれませんようご自愛ください。

平成○○年 立秋

 

残暑見舞いのワンポイント!

上司に宛てる場合、日頃から会ってる人も多いですよね。

普段あっているわけなので、

  • お元気ですか
  • お変わりございませんか

などというのには違和感があります。

そこで、

ますますご清祥のことと存じます
ご健勝のことと存じます
梅雨も明け、夏本番となりました

*清祥:健康や無事を祝う言葉

こういった表現のほうがいいかもしれませんね。

この辺は上司との距離で判断してみてください。

スポンサードリンク

残暑見舞いの例文・文例「ビジネス」

暑中見舞い11

ビジネスで宛てる残暑見舞いは、お客さんや取引先との距離感が大切です。

失礼に当たらないように無難な感じで送るのが一番ですが、ビジネスで送るので、「休暇のお知らせ」などを入れるのも良いと思います。

 

それでは、残暑見舞いの例文・文例でビジネスでの文面を見ていきましょう。

 

残暑見舞いの例文:ビジネス1

残暑お見舞い申し上げます

平素は格別のお引き立てを賜り有難く厚く御礼申し上げます。

貴社におかれましては益々ご隆盛のこと何より存じます。

さて弊社では、以下の期間を夏季休業とさせていただきます。
記 8月13日~8月15日

ご了承の上、今後とも何卒よろしくお願いします。

平成○○年 8月

 

残暑見舞いの例文:ビジネス2

残暑お見舞い申し上げます

日頃は格別の御厚情を賜り、誠にありがとうございます。

当社では以下の期間を夏期休業とさせていただきます。

甚だ勝手ではございますが、何卒ご了承の上、今後とも宜しくお願い申し上げます。

お盆休みのお知らせ:8月13日~15日

平成○○年 8月

 

残暑見舞いの例文:ビジネス3

残暑お見舞い申し上げます

平素は格別のお引き立てを賜り、有難く厚く御礼申し上げます。

当店は夏季も変わらず営業しておりますので、皆様のお越しを心よりお待ちしております。

今後とも、一層ご愛顧のほどよろしくお願い申し上げます。

平成○○年 立秋

 

あとがき

残暑見舞いの例文・文例を友人や親戚、先生や上司、ビジネスといった場面で見てきましたがいかがでしたか。

送る相手によって、言葉遣いや内容も少しずつ変わったりするので、例文を参考にしながら考えて下さい。

 

また、残暑見舞いは一般的にハガキに書くことが多いですが、基本的には縦書きです。

でも、知人や友人などわりと距離の近い人なら、横書きも多いと思います。

残暑見舞いの文章がだいたい決まったら、次は『残暑見舞いの書き方』についても、こちらの記事でご覧になって下さいね。

 

スポンサードリンク

-残暑見舞い
-,

Copyright© かしこさのタネ , 2018 All Rights Reserved.